2016年08月29日

術直前の飲水は本当にだめ?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「術直前の飲水」に関するQ&Aです。

術直前の飲水は本当にだめ?

従来の一律な飲水禁止は、現在では疑問視されてきています。

〈目次〉

 

絶食によるストレスも有害となる

従来、気管挿管を伴う全身麻酔、あるいはその可能性のある処置の前には、朝から一切絶飲食とされてきました。胃内容物を気管挿管の際に嘔吐し、気管内に誤嚥してしまうことを回避するためです。

酸度の強い胃液を気道内に誤嚥することによって生じる誤嚥性肺炎は、Mendelson(メンデルソン)症候群と呼ばれ、致死率が30~50%という非常に重篤な合併症であるため、これを忌避する外科系医師は、とりあえず術前に胃内をからっぽにすることを望んでいました。

しかし近年、ERASの普及によって、この術前の絶飲絶食の功罪とその時期的適応が見なおされるようになってきました。絶飲絶食による飢餓ストレスが手術ストレスに上乗せされることで、生体に引き起こされるストレス反応は手術のみの場合よりも大きくなります。その結果、ストレスホルモン放出によるインスリン抵抗性が増す結果となることが指摘されたのです(図1)。

図1術前の絶飲食のデメリット

術前の絶飲食のデメリット

 

インスリン抵抗性が増すと、術後の血糖上昇を助長し、浸透圧利尿による脱水を引き起こしたり、感染症・合併症の誘因となり得ます。このことから絶食ストレスを軽減すべく、糖質を含んだ飲料を麻酔開始2時間前までに飲ませることが推奨されるようになってきました。

 

推奨されるのは“糖質を含む清澄水”の飲用

ヨーロッパでは、手術直前に12.5%の糖質を多く含んだ透明な液体を内服させることで上乗せとなる絶食ストレスを軽減させ、術後のインスリン抵抗性を改善させることが示されており(文献1)、「ERASプロトコール」としても推奨されています。わが国でこの用途に見合った製品がないのですが、他飲料がこの用途で流用され、まずはその安全性に関して検証されています。

気管挿管時の嘔吐回避に関しては麻酔科医の判断が注目されますが、2012年に策定された日本麻酔科学会の『術前絶飲食ガイドライン』(文献2)でも、2時間前までの清澄水の飲用は無害である旨が示されました(図2)。

図2『術前絶飲食ガイドライン』(文献2)での推奨度

『術前絶飲食ガイドライン』(文献2)での推奨度

公益社団法人日本麻酔科学会 術前絶飲食ガイドライン.(アクセス2014.4.10.)より一部改変して引用

 

また、日本の特徴として、インスリン抵抗性改善の観点だけでなく、経口補水による脱水改善効果と、静脈的補液回避という利点も強調されています。さらに点滴回避による医療事故減少、看護業務軽減などとともに、患者の満足度向上という点も示されるような方向へと発展しています(文献3)。

 

気管挿管の場合、飲用は麻酔開始の2時間前まで

気管挿管を伴う場合も、麻酔開始2時間前までは、むしろ糖質を含む清澄水の飲用が勧められます。ERASプロトコールでは、手術前日夜に糖濃度12.5%の清澄水(PreOpR)を800mL、手術当日の術前2時間前までに400mLを飲用させることが推奨されています。

ただし、嚥下障害や消化管通過障害等の問題のある場合は、麻酔担当医の指示を得る必要があります。日本には同じ飲料は存在しないため、他の製品で代用することになると思います。このとき、胃からの排出の遅い、タンパクや脂肪を含んだ飲料は避けたほうがよいでしょう。

 

 



[Profile]
宮田 剛
東北大学大学院先進外科学分野准教授


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

  • 術前の剃毛は禁止?除毛をする場合、いつ、どこまで行う? [09/12up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「剃毛」に関するQ&Aです。 剃毛は禁止? 除毛をする場合、いつ、どこまで行う? 剃毛は有害となるため行いません。除毛も手術の邪魔になる... [ 記事を読む ]

  • 術前の入浴・シャワー浴はSSI (手術部位感染)を減らす? [09/05up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術前の入浴・シャワー浴とSSIの関係」に関するQ&Aです。 術前の入浴・シャワー浴はSSI(手術部位感染)に関連する? 術前の入浴・シ... [ 記事を読む ]

  • 術直前の飲水は本当にだめ? [08/29up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術直前の飲水」に関するQ&Aです。 術直前の飲水は本当にだめ? 従来の一律な飲水禁止は、現在では疑問視されてきています。 〈...

  • 大腸の手術前に、 腸管洗浄剤は本当に必要? [08/22up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「大腸の手術前の腸管洗浄剤」に関するQ&Aです。 大腸の手術前に、腸管洗浄剤は本当に必要? いわゆる経口腸管洗浄剤は“回避すべき”といわ... [ 記事を読む ]

  • 術前の呼吸訓練は必死に行わないとだめ? [08/15up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術前の呼吸訓練」に関するQ&Aです。 術前の呼吸訓練は必死に行わないとだめ? 術前呼吸訓練は必要ですが、やりすぎはかえって逆効果です。... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • ブルドッグ鉗子|鉗子(7) [02/19up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ブルドッグ鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

  • 大動脈バルーンパンピング: IABP | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [10/08up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は大動脈バルーンパンピング(IABP)について説明します。   《大動脈バルーンパンピング(IABP)について》 主な適... [ 記事を読む ]

  • スパーテル|鈎(3) [09/30up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『スパーテル』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)|脳神経外科手術器械(1) [06/29up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『マイクロ吸引管(福島式マイクロ吸引管)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆... [ 記事を読む ]

  • 気管切開の際に準備するものは? [05/16up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管切開の準備」に関するQ&Aです。 気管切開の際に準備するものは? 気管切開チューブ、気管切開セット、電気メスなどを使用します。施設によって準備す... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1299
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1293
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1222
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1106
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
959
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
901
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
139
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者655

経腸栄養投与についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.経腸栄養を行っている気管挿管患者さんでは、経腸栄養投与中の体位はどのような体位でもよい。
  • 2.重症患者の経腸栄養は、1日の投与量が同じであれば、間欠投与でも持続投与でも構わない。
  • 3.経腸栄養で使用する栄養チューブの口径は、細い方がよい。
  • 4.胃管を留置後は、X線撮影による確認を行う。
今日のクイズに挑戦!