1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 呼吸音と副雑音の分類|聴診スキル講座

2016年04月12日

呼吸音と副雑音の分類|基礎編(5)

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。
構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に分かれています。基礎編は全8回にまとめましたので、初学者はまずはここからスタートしてください。

〈前回の内容〉

呼吸音が聴こえる仕組み|基礎編(4)

第5回目は、「呼吸音と副雑音の分類」についてのお話です。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)

 

気道や肺といった呼吸器系の構造や呼吸音の発生のメカニズムは理解できたと思うので、次は、聴診器で聴こえる呼吸音と副雑音の分類について解説します。

分類ということは、音には色々な種類の音があるんですか?

その通り! 呼吸音だけでなく、副雑音にはラ音と呼ばれる音が数種類あります。

そんなにあるんですか!? なんだか複雑ですね。

どんな音があるかを知っておかないと、聴診器で音を聴いたときに患者さんの異常に気付けなくて危険ですよ!
まずは、正常な呼吸音をしっかりと覚えておきましょう。

 

〈目次〉

 

呼吸音は生理的な音

普段、私たちが聴診器で聴いている肺音は、呼吸音と副雑音に2つに分けられます

呼吸音は、生理的な音で、正常な呼吸音には、気管呼吸音と気管支呼吸音、肺胞呼吸音があります図1)。

図1呼吸音の分類

呼吸音の分類

 

正常な呼吸音が聴こえている場合は問題ありませんが、呼吸音に異常がある場合は注意が必要です。

呼吸音に異常がある場合は、呼吸音が弱くなったり、聴こえなくなる「呼吸音の減弱や消失」といった状態や、ゆっくりとしか息を吐けなくなる「呼気の延長」といった状態の音が聴こえることがあります。このような異常に気づいた場合は、表1のような疾患を疑いましょう。

表1呼吸音の異常と疑うべき疾患の関係

呼吸音の異常 疑うべき疾患
呼吸音の減弱/消失時 気胸胸水無気肺
呼気の延長時 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息

 

副雑音にはラ音と胸膜摩擦音がある

呼吸音ではない音を副雑音と言います。副雑音には、ラ音と胸膜摩擦音があります(図2)。

図2副雑音の分類

副雑音の分類

 

代表的な副雑音であるラ音は、表2のように、さらに細かく分けられます。

表2ラ音の分類

ラ音 名称 音の聴こえ方
断続性ラ音 水泡音
(coarse crackles)
ゴロゴロ、プツプツ
断続性ラ音 捻髪音
(fine crackles)
チリチリ、パリパリ
連続性ラ音 笛音
(wheezes)
ヒューヒュー、キューキュー、ピーピー
連続性ラ音 いびき音
(rhonchi)
グーグー

 

実際、患者さんを聴診をすると、ラ音はよく聴く異常音です。特に、水泡音捻髪音カルテや看護記録に書かれることもよくあるので、表2にある4つの音はしっかりと覚えておいてください。

 

ストライダーとスクウォークは吸気時のみ聴こえる

連続性ラ音の中には、吸気時に聴こえるストライダーと、スクウォークと呼ばれる副雑音もあります(表3)。

表3ストライダーとスクウォークの特徴

名称 音の性質 音の聴こえ方
ストライダー
(stridor)
音域はさまざま ゼーゼー、ヒューヒュー
スクウォーク
(squawk)
一瞬の笛音 キュン、キュッ、ピッ

ストライダーは吸気時に聴こえる長い音なのに対して、スクウォークは一瞬の音のため、聴き分けは簡単です。

 

ストライダーは、咽、喉頭、上部気管など、胸郭外気道の狭窄(腫瘍喀痰、喉頭軟化症、声帯の機能不全、甲状腺腫瘍、喉頭蓋炎、異物など)やアナフィラキシーが原因で発生する音で、吸気時に聴かれます。ストライダーに対して、スクウォークは一瞬の音のため、聴き分けは簡単ですが、笛音との聴き分けは難しいことがあります。

スクウォークは、「スクウィーク(squeak)」とも呼ばれることもありますが、細気管支から発生する音で、捻髪音と一緒に聴こえることもあります。

なお、スクウォークは末梢気道で発生する音のため、胸部では聴こえますが、頸部では聴こえないという大きな特徴があります(1)

 

ラ音が聴こえた場合に疑うべき病変

聴こえたラ音から、患者さんにどのような病変があるかがわかります。ラ音と疑うべき代表的な病変の関係は、表4の通りです。

表4ラ音と疑うべき病変の関係

ラ音 疑うべき病変
水泡音・捻髪音 気道病変
間質領域の病変
笛音・いびき音 気道病変

 

しかし、このような病変があっても、なぜラ音が聴こえるのかという理由については、まだわかってはいません。大切なことは、ラ音と疑うべき病変の関係性を覚えておいてください。

 

memo音は狭い部位ほど高くなる

狭い部位で高い音が出るという事象は、私たちの身近な例でもあります。

例えば、口笛を吹く際、口のすぼめ方をきつくした方が高い音が出ます。

この原理を覚えておくと、高い副雑音が聴こえた場合は、音が発生している場所が気管の奥の方(末梢部)だと予想できるようになると思います。

ただし、例外として、笛音は頸部でもしばしば聴こえることがあります。

 

目指せ! エキスパートナース肺炎の患者さんと健康な患者さんで聴こえる音が変わる理由

肺炎の患者さんの肺ではどのような現象が起きているかを、コップとストロー、そして水で再現してみました(図3)。コップは肺を、ストローは気管支を現しています。また、左側のコップは肺胞腔内に水が溜まった肺炎の患者さんの肺を、右側のコップは通常のヒトの肺をイメージしています。

図3コップを使った肺のイメージ

コップを使った肺のイメージ

 

左側のコップには水が入っているため、ストローから空気を吹き込むと、音が「プツプツ」と聴こえることがわかります。これは、肺胞腔内に水が溜まっている肺炎の患者さんの肺では、普段、聴こえる低い音(肺胞呼吸音)に加えて、プツプツという水泡音が聴こえるということを現しています。

一方、右側のコップには水もないため、ストローから空気を吹き込んでも、「プツプツ」という音はなりません。これが健康なヒトの呼吸音です。

 

Check Point

  • 正常な呼吸音には、気管呼吸音と気管支呼吸音、肺胞呼吸音の3種類がある。
  • 副雑音には、水泡音や捻髪音・笛音・いびき音と呼ばれる4つのラ音と、胸膜摩擦音がある。また、吸気時にのみ聴こえるストライダーとスクウォークというラ音もある。
  • スクウォークは、胸部では聴こえるが、頸部では聴こえない。
  • 副雑音(ラ音など)が聴こえた場合、それぞれの副雑音で疑うべき病変がある。

 

〈次回〉

正常な呼吸音の特徴|基礎編(6)

 

 



[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • 聴診器を当てるべき場所(疾患別)|基礎編(8) [05/10up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 正常な呼吸音の特徴|基礎編(6) [04/19up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 呼吸音と副雑音の分類|基礎編(5) [04/12up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に...

  • 呼吸音が聴こえる仕組み|基礎編(4) [04/05up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 気道と肺の構造|基礎編(3) [03/29up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン [09/14up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン」につ... [ 記事を読む ]

  • 酸素療法の害ってあるの? [01/06up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「酸素療法の害」に関するQ&Aです。 酸素療法の害ってあるの? 酸素中毒、気道浄化の障害、吸収性無気肺、CO2ナルコーシスなどがあります。酸素による害... [ 記事を読む ]

  • 気管挿管の方法と介助方法は? [04/18up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「気管挿管の方法と介助方法」に関するQ&Aです。 気管挿管の方法と介助方法は? 鎮静をかけ、スニッフィングポジションをとり、十分な酸素化と口腔吸引を行... [ 記事を読む ]

  • SpO2が90%以下のときに、早急な対応が必要なのはなぜ? [06/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はSpO2に関するQ&Aです。 SpO2が90%以下のときに、早急な対応が必要なのはなぜ? SpO2が90%ときは呼吸不全の状態で、SpO2が75%のときは心虚血... [ 記事を読む ]

  • 低流量システムと高流量システムは、 どう違うの? [01/13up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「低流量システムと高流量システム」に関するQ&Aです。 低流量システムと高流量システムは、どう違うの? 酸素ガスの供給量が、患者の一回換気量より多いか... [ 記事を読む ]

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
830
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
450
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
406
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
521
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2210

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!