最終更新日 2018/10/17

カルテ

カルテとは・・・

カルテ(かるて、medical record)とは、患者を診察する際、症状や行った処置、病状の経過などを記録しておく診療録である。ドイツ語のKarteに由来。
カルテの保管義務は医師法により5年と定められているが、5年以上経った後に訴訟が起こる可能性もあるため、特に問題があった場合等は5年以上保管している医療機関が多い。

明治時代、日本がドイツから西洋医学を取り入れた関係で、かつてカルテはドイツ語で書かれていた。昭和・平成と時代が進むにつれ、英語や日本語で書かれることが主流となっている。また、電子カルテが導入され、紙の削減や保管場所の確保、事務処理の効率化も進んでいる。

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

1777単語公開中!

用語辞典トップへ