1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 発熱物質|体温とその調節

2016年11月18日

発熱物質|体温とその調節

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

平均皮膚温と平均体温

今回は、発熱物質について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 外因性発熱物質は、グラム陰性菌の細胞膜成分のLPSである。
  • 外因性発熱物質は、単球やマクロファージを刺激して内因性発熱物質を産生する。
  • 内因性発熱物質は、BBBにCOX-2を誘導して脳内にプロスタグランジンを産生する。
  • プロスタグランジンは、体温調節中枢の視床下部に作用してセットポイントを上昇させて発熱を起こさせる。
  • 解熱薬は発熱物質の産生を阻害して発熱を抑える。
  • 発熱は免疫機能を賦活するので解熱薬の使用には注意が必要である。
  • 内毒素の実体は、グラム陰性菌の細胞膜の構成成分であるLPSである。
  • 外毒素の実体は、タンパク質系の毒素である。
  • 内毒素は、発熱作用が強いが、毒作用は弱い。
  • 外毒素は、発熱作用は弱いが、毒作用が強い。

 

外因性発熱物質と内因性発熱物質

生体内に侵入した外因性発熱物質 exogenous pyrogen は、単球 monocyte、マクロファージ macrophage などの食細胞 phagocytes に取り込まれると、インターロイキン 1interleukin-1 (IL-1)、腫瘍壊死因子 tumor necrosis factor(TNF)、インターフェロン interferon (INF)、コロニー刺激因子 colony-stimulating factor(CSF)、マクロファージ炎症ペプチド macrophage inflammatory peptide-1 (MIP-1)などの内因性発熱物質 endogenous pyrogen を分泌する。

内因性発熱物質は血液-脳関門 blood-brain barrier (BBB)を通過し、脳内でアラキドン酸カスケード arachidonic acid cascadeを経てプロスタグランジン prostagrandin を産生する。これが、体温調節の中枢である視床下部 hypothalamus に働いて体温調節の基準値(セットポイント)を移動させ、熱産生を起こさせる。

アラキドン酸カスケードでプロスタグランジン類を産生する反応はシクロオキシゲナーゼ cyclooxygenase (COX;コックスとよばれる)によって進行する。アスピリン aspirin やインドメタシンなどの非ステロイド系抗炎症薬nonsteroidal antiinflammatory drug (NSAID;エヌセイドとよばれる)はCOXを阻害するので解熱薬として使われる(消化性潰瘍参照)。

非ステロイド系抗炎症薬のなかで酸性を示さないものは、塩基性抗炎症薬 basicnonsteroidal antiinflammatory drug とよばれ、COX阻害作用は弱い。IL-1、TNF、INF、MIP-1などの内因性発熱物質が免疫賦活物質であることから分かるように、発熱は免疫作用を活性化させる。したがって、発熱に対する解熱薬の使用は慎重でなければならない。

代表的な外因性発熱物質は、グラム陰性細菌 gram-negative bacterium 表層のペプチドグリカンとリン脂質層を取り囲む外膜の重要な構成成分で、これをリポ多糖 lipopolysaccharide (LPS)という。LPSは、内毒素 endotoxin ともよばれる。内毒素に対してグラム陽性菌 grampositive bacterium が産生するタンパク質を外毒素 exotoxin という。内毒素と外毒素を比較すると表1のようになる。

表1内毒素と外毒素

内毒素と外毒素

 

ライ症候群〔 Reye syndrome 〕

幼児期に発症する急性脳症の1つ。インフルエンザ水痘などのウイルス感染やその解熱薬としてのアスピリン投与が誘因であると考えられている。(Reye RD, Morgan G, Baral J :Encephalopathy and fatty degeneration of the viscera.A disease entity in childhood. Lancet. 1963 ; 282 : 749-752.

 

NursingEye

アスピリンが引き金となり乳幼児にライ症候群が発症する危険性があるので、小児用の解熱薬にはアスピリンを含まないものを使用する。アセトアミノフェン acetaminophen が主成分の非アスピリン製剤として小児用バファリン®などがある。

 

〈次回〉

発熱

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 肺気量|基本量と基本容量|呼吸 [09/02up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 ガス交換の力学的解析-換気力学の三要素 今回は、肺気量について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形... [ 記事を読む ]

  • ガス交換の力学的解析|換気力学の三要素|呼吸 [08/30up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 肺サーファクタントとRDS 今回は、ガス交換について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医... [ 記事を読む ]

  • 発熱物質|体温とその調節 [11/18up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 平均皮膚温と平均体温 今回は、発熱物質について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学...

  • 平均皮膚温と平均体温|体温とその調節 [11/13up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 発汗|体温とその調節 今回は、平均皮膚温と平均体温について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立... [ 記事を読む ]

  • 発汗|体温とその調節 [11/11up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 熱放散|体温とその調節 今回は、発汗について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1365
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1266
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1114
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1089
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
954
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
770
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6705

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!