看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アセトアミノフェン

アセトアミノフェンとは・・・

最終更新日 2018/02/01

アセトアミノフェン(あせとあみのふぇん、Acetaminophen)とは、解熱鎮痛薬のひとつである。

【特徴】
鎮痛薬として広く知られている非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)と異なり、抗炎症作用は有していない。NSAIDsと異なり、抗血小板作用や胃粘膜障害、腎機能障害のリスクは低い。また、オピオイド系鎮痛薬とも異なり、眠気や便秘を起こしにくく、依存性も認めない。

【作用する仕組み】
NSAIDsやオピオイド系鎮痛薬と異なり、その作用する仕組みは明らかになってはいない。視床下部の体温調節中枢に作用して体表の毛細血管を拡張させることで解熱効果を得ている。また、視床や大脳の痛覚中枢の閾値(いきち)を上げることで痛みを感じにくくする(鎮痛効果)とされている。

【副作用】
アセトアミノフェンで有名な副作用としては肝障害が挙げられる。特にアルコール常用者においてアセトアミノフェンの肝障害は生じやすいとの報告もあり、そのような患者に対する使用には注意が必要である。

【アセトアミノフェン中毒】
アセトアミノフェンは市販の総合感冒薬などにも含まれており、広く世の中に流通している。市販薬の大量内服などで救急外来を受診される患者では、実は相当量のアセトアミノフェンを摂取している場合がある。容量依存性に重篤な肝障害が発症し、致死的になることもある。初期には意識障害など、目立った症状がなく見逃されるリスクもあるため注意が必要で、解毒薬としてN-アセチルシステインがある。

執筆

野浪豪

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1314
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1246
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1128
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
952
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
468
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者164

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!