看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アセトアミノフェン

アセトアミノフェンとは・・・

最終更新日 2018/02/01

アセトアミノフェン(あせとあみのふぇん、Acetaminophen)とは、解熱鎮痛薬のひとつである。

【特徴】
鎮痛薬として広く知られている非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)と異なり、抗炎症作用は有していない。NSAIDsと異なり、抗血小板作用や胃粘膜障害、腎機能障害のリスクは低い。また、オピオイド系鎮痛薬とも異なり、眠気や便秘を起こしにくく、依存性も認めない。

【作用する仕組み】
NSAIDsやオピオイド系鎮痛薬と異なり、その作用する仕組みは明らかになってはいない。視床下部の体温調節中枢に作用して体表の毛細血管を拡張させることで解熱効果を得ている。また、視床や大脳の痛覚中枢の閾値(いきち)を上げることで痛みを感じにくくする(鎮痛効果)とされている。

【副作用】
アセトアミノフェンで有名な副作用としては肝障害が挙げられる。特にアルコール常用者においてアセトアミノフェンの肝障害は生じやすいとの報告もあり、そのような患者に対する使用には注意が必要である。

【アセトアミノフェン中毒】
アセトアミノフェンは市販の総合感冒薬などにも含まれており、広く世の中に流通している。市販薬の大量内服などで救急外来を受診される患者では、実は相当量のアセトアミノフェンを摂取している場合がある。容量依存性に重篤な肝障害が発症し、致死的になることもある。初期には意識障害など、目立った症状がなく見逃されるリスクもあるため注意が必要で、解毒薬としてN-アセチルシステインがある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1323
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1199
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1123
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1095
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1002
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
861
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
240
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2608

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!