看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アセトアミノフェン

アセトアミノフェンとは・・・

最終更新日 2018/02/01

アセトアミノフェン(あせとあみのふぇん、Acetaminophen)とは、解熱鎮痛薬のひとつである。

【特徴】
鎮痛薬として広く知られている非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)と異なり、抗炎症作用は有していない。NSAIDsと異なり、抗血小板作用や胃粘膜障害、腎機能障害のリスクは低い。また、オピオイド系鎮痛薬とも異なり、眠気や便秘を起こしにくく、依存性も認めない。

【作用する仕組み】
NSAIDsやオピオイド系鎮痛薬と異なり、その作用する仕組みは明らかになってはいない。視床下部の体温調節中枢に作用して体表の毛細血管を拡張させることで解熱効果を得ている。また、視床や大脳の痛覚中枢の閾値(いきち)を上げることで痛みを感じにくくする(鎮痛効果)とされている。

【副作用】
アセトアミノフェンで有名な副作用としては肝障害が挙げられる。特にアルコール常用者においてアセトアミノフェンの肝障害は生じやすいとの報告もあり、そのような患者に対する使用には注意が必要である。

【アセトアミノフェン中毒】
アセトアミノフェンは市販の総合感冒薬などにも含まれており、広く世の中に流通している。市販薬の大量内服などで救急外来を受診される患者では、実は相当量のアセトアミノフェンを摂取している場合がある。容量依存性に重篤な肝障害が発症し、致死的になることもある。初期には意識障害など、目立った症状がなく見逃されるリスクもあるため注意が必要で、解毒薬としてN-アセチルシステインがある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1341
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1188
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1168
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1059
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
937
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
656
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6478

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!