心不全の薬物療法と非薬物療法

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回は心不全の薬物療法と非薬物療法について解説します。

中嶋ひとみ
集中ケア認定看護師
新東京病院看護部

 

〈目次〉

 

薬物療法と非薬物療法の基本

心不全の悪化を最小限におさえ、予後をよくするために、症状の進行や程度に合わせて、薬物療法だけでなく非薬物療法を組み合わせて治療を行います。

急性期では循環動態の安定、酸素化を促すことが必要とされます。そのため、心不全治療薬のほかに、鎮痛・鎮静薬も使用します。

 

薬物療法

心不全の治療に用いる薬剤は、表1のようなものがあります。

β遮断薬は心臓収縮を抑制しますが、リモデリングを改善し、生命予後を延長するため、近年は主要な心不全治療薬となっています。少量から開始し、患者さんの症状やバイタルサインに合わせて増量します。

鎮痛・鎮静には、麻薬性鎮痛薬、鎮静薬などが使用される場合があります。

表1心不全治療で用いられるおもな薬

心不全治療で用いられるおもな薬

 

非薬物療法

酸素療法・人工呼吸管理(気管挿管、NPPV)

呼吸不全、呼吸困難は呼吸仕事量および心仕事量を増加させるため、酸素療法・人工呼吸管理が必要になります。

酸素療法、人工呼吸管理は図1のように段階的に行います。生命の危機的状況にある場合は、人工呼吸管理を行います。

図1心不全急性期の酸素療法から人工呼吸管理の流れ(例)

心不全急性期の酸素療法から人工呼吸管理の流れ(例)

 

ペーシング(緊急一時ペーシング、CRT)

緊急一時ペーシング:高度徐脈、血行動態の悪化時でアトロピン硫酸塩水和物に無反応のときは、原因疾患の検索中でも一時ペーシングを行います。

心臓再同期療法(CRT):急性期治療後、慢性期に移行してからCRTを検討します。

 

血液浄化治療

心不全急性期では、すみやかに体液過剰状態を改善しなければなりません。しかし、腎機能低下によって利尿が得られない場合は、急性血液浄化治療が適応になります。

急性血液浄化治療の適応は、
①肺水腫の治療
②アシドーシスの改善
電解質異常の補正
④補液スペースの確保
⑤体液性介在物質の除去
です。

急性期では、血行動態への影響が少ない持続的静静脈血液濾過(CVVH)や持続的血液濾過透析(CHDF)を行います。

 

補助循環

大動脈内バルーンパンピング(IABP)

薬物治療に反応しない、または乏しい重症心不全が適応で、心拍出時の後負荷の軽減と冠動脈血流増加の効果があります。連続使用の限界は1~2週間です。あくまでも圧補助手段であり、著しい血圧低下や心肺停止時は無効です。

経皮的心肺補助法(PCPS)

IABPを用いても循環補助が不十分、心原性ショックの緊急心肺蘇生が適応で呼吸と循環療法サポートができますが、短期的な補助デバイスです。

多臓器障害が改善した後、心臓移植、長期的デバイスの検討をします。

 

緩和ケア

心不全は急性増悪を繰り返し、徐々に病態は進行します。多くの場合は、治療によってすみやかに症状が改善するため、患者さん・医療者の病状に対する認識と現実が解離しています。そのため、意思決定能力が低下する前に、患者さんや家族が望む治療と生き方を医療者が共有し、事前に対話するプロセス(アドバンス・ケア・プランニング)を行うことが必要とされています。

 

心不全末期の判断

心不全末期の患者さんは、薬物療法や非薬物療法を行っても治療困難な状態にあります。

心不全はがんとは異なり、急性増悪と改善を繰り返して病状は進行し、最期は急激に病状が進行します。そのため、終末期の判断が難しいといわれます。

 

緩和ケア・治療

終末心不全の主症状(呼吸困難、全身倦怠感、疼痛、食欲不振、抑うつ)に対して薬物治療、非薬物治療を行います。

 


文献

  • 1)Yancy CW, Jessup M, Bozkurt B, et al. 2013 ACCF/AHA guideline for the management of heart failure:a report of the American College of Cardiology Foundation/American Heart Association Task Force on practice guidelines. Circulation 2013;128:e240-e327.
  • 2)Ponikowski P, Voors AA, Anker SD, et al. Authors/Task Force Mem-bers. 2016 ESC Guidelines for the diagnosis and treatment of acute and chronic heart failure:The Task Force for the diagnosis and treat-ment of acute and chronic heart failure of the European Society of Cardiology( ESC). Developed with the special contribution of the Heart Failure Association(HFA) of the ESC. Eur J Heart Fail 2016;18:891-975.
  • 3)日本循環器学会:急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版).(2019.09.01アクセス)
  • 4)日本循環器学会:心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版).(2019.09.01アクセス)
  • 5)日本循環器学会:循環器疾患における末期医療に関する提言(2010年).(2019.09.01アクセス)
  • 6)2013 ACCF/AHA Guideline for the Management of Heart Failure:Executive Summary.(2019.09.01アクセス)
  • 7)加藤真帆人:心不全とはなんだろう?~慢性心不全という新しい概念とその管理~.日大医誌 2015;74(4):153-160.(2019.09.01アクセス)
  • 8)市田聡:ハート先生の心不全講座 改訂第三版.医学同人社,東京,2018.
  • 9)堀正二監修,坂田泰史編:図解 循環器用語ハンドブック 第3版.メディカルレビュー社,大阪,2015.10. 葛谷恒彦,堀正二:主な循環器疾患の診断・管理治療. 標準循環器病学 第4版,小川聡,井上博編,医学書院,東京,2007.
  • 10)葛谷恒彦,堀正二:主な循環器疾患の診断・管理治療. 標準循環器病学 第4版,小川聡,井上博編,医学書院,東京,2007.
  • 11)長谷部直幸,菊池健次郎:本態性高血圧症.小川聡,井上博編,標準循環器病学 第4版.医学書院,東京,2007:335-341.
  • 12)岡田隆夫:循環系の調節.小澤瀞司,福田康一郎監修,本間研一,大森治紀,大橋俊夫 他 編:標準生理学 第8版.医学書院,東京,2014:630-631.
  • 13)厚生労働省:第4回心血管疾患に係るワーキンググループ 資料2 心血管疾患の医療提供体制のイメージ.(2019.09.01アクセス)
  • 14)小田切菜穂子:慢性心不全患者の特徴と療養上の課題.循環器ナーシング 2014;4(10):6-15.
  • 15)宮下光令,柴信行,下川宏明:循環期看護の最前線を知る 第9回 末期心不全の緩和ケアを考える.HEART 2012;2(5):501-511.
  • 16)日本集中治療医学会看護テキスト作成ワーキンググループ編:集中治療看護師のための臨床実践テキスト 疾患・病態編.真興交易医書出版部,東京,2018.
  • 17)JSEPTIC看護部会監修,卯野木健,森安恵実編:ICUナースポケットブック 第3版.学研メディカル秀潤社,東京,2016:29.

本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ