【2020年版】看護師の初任給いくら?専門卒と大卒の違いは?

看護師の初任給のキャッチ画像

 

看護師になって初めて手にした初任給、皆さんはいくらでしたか?

2020年春採用の新卒看護師の初任給についてまとめました。

 

データ出典:2019年病院看護実態調査(日本看護協会)、令和元年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

 

 

 

【専門卒】給与総額は26.4万円

2020年春採用の初任給(予定)について、専門卒と大卒に分けて見ていきます。

 

専門卒(高校+3年課程の看護学校卒)の新卒看護師基本給は平均で20万1263円、各種手当を合わせた給与総額は平均26万4307円でした。

 

専門卒の看護師初任給のグラフ。基本給は2016年度198,777円、2017年度198,668円、2018年度200,114円、2019年度199,894円、2020年度201,265円。給与総額は2016年度262,013円、2017年度263,131円、2018年度266,041円、2019年度263,551円、2020年度264,307円

※給与総額には通勤手当・住宅手当・家族手当・夜勤手当・当直手当を含み、時間外勤務手当は除く。

※住宅手当は「単身で民間アパートに居住」を想定。

※夜勤手当は「3交代で8回/2交代で4回」を想定。

 

専門卒ナースの2020年度の初任給は、基本給が前年から1369円アップで「基本給20万円の壁」を2年ぶりに超えました。給与総額は756円アップです。

 

この5年間で基本給が2486円、給与総額が2294円それぞれアップしています。

 

 

【大卒】給与総額は27.2万円

一方、大卒の新卒看護師基本給が平均20万7856円(前年比1248円アップ)でした。

各種手当を合わせた給与総額は平均27万2018円(同637円アップ)となりました。

 

大卒の看護師初任給のグラフ。基本給は2016年度205,859円、2017年度205,686円、2018年度207,013円、2019年度206,608円、2020年度207,856円。給与総額は2016年度269,788円、2017年度271,694円、2018年度273,854円、2019年度271,381円、2020年度272,018円

 

大卒看護師の初任給は、この5年間で基本給が1997円、給与総額が2230円それぞれアップしています。

 

 

大卒と専門卒、初任給の差は約7700円

専門卒と大卒で初任給を比べると、大卒の新人ナースの方がやや高くなります。

 

2020年の差は基本給ベースで6593円、給与総額ベースでは7711円となりました。

 

ボーナス額によりますが、単純に計算すると、大卒と専門卒の1年目では9万~14万円ほどの年収差になりそうです。

 

 

新卒ナースの手取り額20万円前後が相場

ただし、これらはいずれも税金や社会保険料などが控除される前の、いわゆる「額面」の給与額です。

 

手元に残る「手取り」の相場は20万円前後といったところでしょう。

 

また、この調査の給与総額は夜勤手当を含んだ想定で算出されていますが、新卒ナースは入職から数か月は夜勤がない=夜勤手当がつかない場合がほとんどです。

 

さらに、1年目の4月に出る給料は、締め日によって基本給も満額にならないことがあるため、実際に受け取った金額とは開きがあるかもしれません。
 

 

 

病床規模別の看護師の初任給は?

病床規模別に新卒ナースの平均初任給を見てみます。

 

99床以下

  基本給 給与総額
専門卒 19万7883円 26万  434円
大卒 20万4144円 26万8687円

 

100~199床

  基本給 給与総額
専門卒 19万9805円 26万3777円
大卒 20万5866円 27万  809円

 

200~299床

  基本給 給与総額
専門卒 20万1702円 26万2108円
大卒 20万8298円 27万  189円

 

300~399床

  基本給 給与総額
専門卒 20万4167円 26万8988円
大卒 21万  926円 27万6099円

 

400~499床

  基本給 給与総額
専門卒 20万5129円 26万6289円
大卒 21万1880円 27万3551円

 

500床以上

  基本給 給与総額
専門卒 20万8001円 27万1845円
大卒 21万5193円 27万9936円

 

 

10年目で給料はどのくらいアップする?

さて、働き始めて10年が経ったら、看護師の給料はどのくらい上がるのでしょうか?

 

中堅ナース(勤続10年の31~32歳、非管理職)の給料を見てみましょう。

 

勤続10年の中堅看護師の給与グラフ。基本給は2015年度245,426円、2016年度244,024円、2017年度244,446円、2018年度244,446円、2019年度245,459円。給与総額は2015年度319,256円、2016年度319,685円、2017年度320,457円、2018年度322,111円、2019年度320,773円

 

2019年の中堅ナースは基本給が平均24万5459円給与総額は平均32万773円でした。

 

この数年で多少の増減はありますが、大きく見えれば、ほぼ横ばいが続いています。

 

1年目の給料と比べると、勤続10年で基本給が4万円前後給与総額が5万円前後アップするイメージですね。

 

看護師の年収・給料は「20代前半の年収は高いが、その後は伸び悩む」のが特徴。女性は、結婚や出産・育児などでキャリアが中断しやすいことが影響しています。
 

 

看護師と全職種の年代別平均年収の比較グラフ。20代では看護師の平均年収が全職種平均を上回る一方、その後は長く横ばいとなり、30代後半で全職種平均と逆転する

 

 

看護師の夜勤手当、金額は横ばい…

入職から数カ月がたち、新人ナースも夜勤をこなすようになると給料もぐっと増えます。


「看護師は夜勤で稼ぐ」とよく言われるように、夜勤手当は看護師の収入で大きなウエイトを占めます。

 

1回あたりの夜勤手当は次の通りです。
 

夜勤手当額の推移グラフ。2交代夜勤は2015年度10,711円、2016年度10,772円、2017年度10,999円、2018年度11,019円、2019年度11,026円。3交代準夜勤は2015年度3,983円、2016年度4,076円、2017年度4,149円、2018年度4,090円、2019年度4,141円。3交代深夜勤は2015年度4,953円、2016年度5,023円、2017年度5,066円、2018年度5,053円、2019年度5,033円

 

2019年の夜勤手当額は、

 

  • 2交代 → 1万1026円
  • 3交代の準夜勤 → 4141円
  • 3交代の深夜勤 → 5033円

 

でした。

 

子どもが小さいうちは夜勤が免除されるなど、それぞれの医療機関で子育て支援が充実してきた一方で、「夜勤ができる看護師」は全国的に不足しています。心身への負担も大きい看護師の夜勤。その大変さに見合った手当アップを期待したいです。
 

【看護roo!編集部】

 

【注】

・この記事は2020年4月24日、最新データに基づき更新しました(前回更新:2019年5月23日、初出:2018年5月9日)。

 

 

(参考)

2019年病院看護実態調査日本看護協会

2018年病院看護実態調査(日本看護協会)

2017年病院看護実態調査(日本看護協会)

2016年病院看護実態調査(日本看護協会)

賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆腹膜炎について、正しい説明はどれでしょうか?

  1. 腹膜炎を起こしているかどうかの判断には、聴診が最も有用である。
  2. 腹部を触ったときに手で腹部を守ろうとする、筋性防御という動きが見られる。
  3. 腹膜刺激症状の特徴として、腹部を圧迫した時よりも、手を離した瞬間の方が強い痛みが生じるという反跳痛というものがある。
  4. 腹膜炎は、特に高齢者で痛みの症状が強く出やすい。

7788人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8107人の年収・手当公開中!

給料明細を検索