最終更新日 2018/12/25

作業療法士

作業療法士とは・・・

作業療法士(さぎょうりょうほうし、occupational therapist;OT)病気やけがなどによる身体機能の低下、または精神に障害のある患者に対して、医師の指示の下に作業療法(下記参照)を行う専門職である。作業療法士は患者に排泄、食事、入浴、家事、移動など日常生活をスムーズに送るために必要な複合的な動きなどの訓練を行うことで、患者が社会に復帰していくことを目指す。この職に就くには、国家資格が必要である。

【作業療法とは】
作業療法とは、「身体又は精神に障害のある者に対し、主として その応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作 業を行なわせること」をいう(理学療法士及び作業療法士法より)。1)

【理学療法士との違い】
理学療法士は、基本動作の回復、維持、悪化予防を目的とし、起き上がり、筋力強化、歩行などを行う。一方、作業療法士は、応用動作と社会適応のための能力回復を目的とし、食事、料理、スポーツなどを通じて、心と身体の両面から回復をサポートする。

 

引用参考文献
1)  “理学療法士及び作業療法士法( 昭和40年06月29日法律第137号)” .厚生労働省.

執筆: 野浪 豪

神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ