看護用語辞典 ナースpedia キーワード:診療所

診療所とは・・・

最終更新日 2017/07/24

診療所(しんりょうじょ/しんりょうしょ)とは、医師あるいは歯科医師が医療行為を行う場所・施設のことである。医院、クリニックとも呼ばれる。医療法では、患者が入院する施設を伴わいないもの(無床診療所)、または19人以下の患者が入院できる施設を伴うもの(有床診療所)を診療所、20人以上の患者を入院できる医療施設を病院と定義されている。

■病院との主な違い
・病院は20人以上の患者を入院させることができる。
・診療所は医師1人でも可能だが、病院の場合、医師、看護師、薬剤師などの最低配置数の規定がある。
・診療所では医師1人が診察する患者数に制限はないが、病院では外来、入院患者数に対する医師の最低配置数の規定がある。

■一般診療所と歯科診療所
診療所は、一般診療所と歯科診療所の2種類に分けられる場合もある。それぞれの定義は以下の通りである。
・一般診療所
医師あるいは歯科医師が、医業または歯科医業を行う場所(※歯科医業のみは除く)であり、患者の入院施設を伴わないものまたは患者19 人以下の入院施設を伴うもの。
・歯科診療所
歯科医師が歯科医業を行う場所であり、患者の入院施設を伴わないものまたは患者19 人以下の入院施設を伴うもの。

■診療所における院長と管理者
「院長」は法律用語ではないが、一般に医療法上の「管理者」を社会的には「院長」と呼んでいる。管理者は臨床研修を修了している医師がなるもので、適正な医療を提供できるよう管理する責任があるため、医療の安全確保のための体制確保や医療従事者の監督などの義務がある。
診療所の開設者が管理者(臨床研修を修了している医師)と別の場合がある。いわゆる「雇われ院長」がこれにあたる。開設者が管理者に管理業務を代行させているので、診療所に関する最終責任は開設者が負う。

■診療所が果たす役割
診療所は主にプライマリケア(※)の役割を担い、風邪や腹痛などの日常的に起こりやすい病気の外来診療を中心に行っている。また、気軽に受診することができるよう、かかりつけ医の役割を持っている。

※プライマリケア…普段から何でも診て、相談にも乗ってくれる身近な医師(主に開業医)による、総合的な医療。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1419
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1295
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1175
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1076
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
920
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
710
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5877

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!