新型コロナワクチン、接種する?副反応は? 心配なこと、ぜんぶ専門家に聞いてみた

新型コロナワクチンQ&Aのタイトルイラスト

 

新型コロナワクチンの接種が、いよいよ2月下旬から医療従事者を対象に始まります

 

いち早く接種することになる看護師のみなさんは、「本当に大丈夫なのかな」「なんとなく不安だな…」とためらう気持ちもあるかもしれません。

 

そこで、副反応をはじめ、新型コロナワクチンの気になるあれこれ、専門家に聞いてみました

 

新型コロナワクチンについて解説してくれる専門家・木下医師の画像

COV-Navi(こびナビ):

新型コロナワクチンに関する正確な情報を届ける、有志の専門家によるプロジェクトチーム。副代表でTwitter等でも医療情報を発信している木下喬弘先生(@mph_for_doctors)にお聞きします。

 

※2021年2月12日現在の情報です。

※この記事では、開発が先行しているファイザー社のワクチンと、モデルナ社のワクチンについて主に解説しています。2月下旬から医療者が接種するのはファイザー社のワクチンが予定されています。

 

 

新型コロナワクチンの安全性は?

 

新型コロナワクチン、こんなに早く承認されて本当に安全なのでしょうか?

 

木下先生

安全性や有効性を確かめる審査は、従来のワクチン以上に厳しく行われています。

 

新型コロナウイルスの感染が拡大した当初、「1年以内のワクチン開発は難しい」と言われていました。それがこんなに早く実用化されて「きちんと手順を踏んだのか」と心配になるかもしれません。

 

ですが、新型コロナワクチンは、従来のワクチン以上に厳しい審査が行われています

 

それでも、これほどのスピードで実用化できたのは、次のような理由があるからです。

 

新型コロナワクチン開発が早かったのは…

 

  • 動物実験など初期のプロセスを同時進行させるなどして、大規模な臨床試験(ランダム化比較試験)に早く着手できた
  • 国際的に関心が高く、臨床試験の参加者の登録がかなり速かった
  • 臨床試験の途中で大量生産に乗り出せた(もし中止になっても損失を米国政府が補償する仕組みがあった)
  • 「臨床試験の方法を先行して審査、追って結果を審査」など、承認までの体制もスピード化させた

 

 

一般的には数千人規模で行われることの多い臨床試験(ランダム化比較試験)も、ファイザー社が4.3万人、モデルナ社が3万人規模と、かなりの人数で行っています。その中にはアジア人も多く含まれています。

 

目次に戻る

 

 

 

新型コロナワクチンの副反応が心配……大丈夫なんですか?

 

木下先生

新型コロナワクチンは、接種部位の痛みや頭痛などが出やすいとされています。ほとんどは2~3日で良くなります。

 

今回の新型コロナワクチン(ファイザー社、モデルナ社)は、接種後に次のような症状が出ることがあります。

 

  • 接種部位の痛みや腫れ(約8~9割)
  • 倦怠感(約6~7割)
  • 頭痛(約5~6割)
  • 筋肉痛(約4~6割)
  • 寒気(約4割)
  • 発熱(約16~17%)

 

※( )は2社の臨床試験でワクチンを接種(2回目)した人のうち症状が出た人の割合

 

ほかのワクチンでも見られる反応ですが、今回の新型コロナワクチンはこうした症状が出やすいことがわかっています。

 

特に1回目より2回目のほうが強く出やすく、頻度も高いことが報告されています。

 

いわゆる免疫反応の一種で、いずれも2~3日で良くなります

 

症状が出ても慌てず、つらいときは解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン、NSAIDs)を服用しても大丈夫です。

 

可能であれば、接種はお休みの前日にする体調不良の方が出てもカバーし合える体制を検討するなどができるといいと思います。発熱があった場合、職場によっては念のためPCR検査などを実施するところもあるかもしれません。接種前に「もし体調不良になった場合の対応」を職場で確認してみてください。

 

目次に戻る

 

 

 

新型コロナワクチン、重い副反応はありますか?

 

木下先生

非常にまれですが、アナフィラキシーの報告があります。起こる割合は100万人に2.8~5人で、インフルエンザワクチンによるアナフィラキシーより高く、抗生剤によるアナフィラキシーよりも低い確率です。

 

今回の新型コロナワクチンは、接種部位の痛みや倦怠感などが多く出る一方、重篤な副反応の報告は少ないのが特徴的です。

 

ただ、ごくまれにアナフィラキシーが起こることが確認されています。その頻度は100万人に2.8~5人の割合です。インフルエンザワクチンで起こるアナフィラキシーより多く、抗生剤で起こるよりはだいぶ少ないレベルです。

 

アナフィラキシーが出る頻度の比較図。高い順にハチ0.36%、抗生剤0.01~0.04%、全身麻酔0.005~0.02%、新型コロナワクチン(mRNAワクチン)0.00028~0.0005%、インフルエンザワクチン0.00013%

木下医師の資料を基に看護roo!編集部作成、新型コロナワクチン(mRNAワクチン)は上市後のデータ

 

過去にワクチン接種でアナフィラキシー症状を起こした方以外は、過度に心配する必要はないでしょう。万が一、アナフィラキシーが起こった場合は、速やかなアドレナリン(エピネフリン)投与が有効です。

 

目次に戻る

 

 

 

今回は「mRNAワクチン」という新しいタイプのワクチンって聞いたけど、どういうこと?

 

木下先生

mRNAワクチンは「ウイルスの設計図」を体内に送り込み、抗体を作る仕組みです。ワクチンの成分でヒトの遺伝子が変化したり、体内に長く残って影響したりすることはありません。

 

今回の新型コロナワクチンはmRNAワクチンという種類です。新しいタイプのワクチンですが、その技術自体は20年以上前からさまざまな病気のワクチンとして開発が進められてきました

※ファイザー社、モデルナ社のワクチン

 

従来のワクチンは、弱毒化したウイルスや不活化ウイルスを体内に入れ、抗体を作ります。

 

一方、今回の新型コロナワクチンは「mRNA(メッセンジャーRNA)」という、「新型コロナウイルスのトゲの設計図(スパイクタンパク質の遺伝情報)」を体内に送り込むワクチンですmRNAを取り込んだヒトの細胞がトゲを作り、これに免疫が反応して抗体を作ります。

 

従来のワクチンとmRNAワクチンの仕組みについて比較した解説イラスト

 

注射されたmRNAワクチンは数日~1週間で分解されます。体内に長く残ったり増殖したりして、健康に影響するような心配はありません

 

また、ヒトの遺伝子に直接作用する遺伝子組み換え技術とは異なるメカニズムです。このワクチンで、ヒトの遺伝子が変化を起こすこともなく、安全性は高いと考えられています

 

「不妊になる」「ワクチンの成分が母乳に影響する」といったこともないと考えられます。

 

目次に戻る

 

 

 

新型コロナワクチンの効果は?

 

新型コロナワクチン、接種したらどのくらい効果がありますか?

 

木下先生

発症を防ぐ効果、重症化を防ぐ効果は、高いレベルで認められています。また、感染そのものを防ぐ効果もあると期待されています。

 

一般的にワクチンには、次のような効果が期待されます。

 

  • 発症予防効果(感染しても症状が出ない)
  • 重症化予防効果(感染して症状が出ても重症化しない)
  • 感染予防効果(感染しない)

 

今回の新型コロナワクチンは、発症予防と重症化予防で高い効果があることが確認されています

 

 

一方、感染予防の効果については、まだ十分な量のデータがありません。ただ、モデルナ社、アストラゼネカ社のワクチンで無症状の感染を抑える効果も報告され始めており、感染予防も期待できるとされています。

 

目次に戻る

 

 

 

コロナ病棟で働く看護師です。ワクチンを接種したら、感染対策は緩めてもいいんですか?

 

木下先生

感染対策はこれまで通り、お願いします。

 

どんなワクチンでも「100%」はありません。今回の新型コロナワクチンは、発症予防や重症化予防に高い効果がありますが、ワクチンを打ったから絶対に発症しない・重症化しないわけではありません。

 

また、感染予防効果は期待できますが、まだ十分な量のデータがそろっていない状況です。看護師さんが感染して症状がないまま、患者さんやほかのスタッフに感染を広げるリスクは、ワクチン接種後も考えられます

 

日ごろからとても神経を遣って患者さんのケアに当たっている看護師さんのご苦労は、本当に大変だと思いますが、ワクチンが行き渡って感染が収まるまでは、引き続き、これまでと同じ感染対策をお願いします。

 

目次に戻る

 

 

 

変異ウイルス(変異株)にはどのくらい効きますか?

 

木下先生

変異したウイルスに対しても、一定の効果が期待されると考えられています。

 

新型コロナワクチンの変異ウイルス(変異株)の報告が続いて、心配だと思います。ですが、mRNAワクチンの場合、効果はある程度期待されると考えられています

 

ウイルスの変異を防ぐためにも、できるだけ早期に多くの人がワクチンを接種することが大切です

 

ちなみに、mRNAワクチンはウイルスに合わせてカスタムしやすいという長所があります。もし仮に、今のワクチンが効かないような変異が起きても、新しいワクチンをスピーディーに開発できるのではと予想されています。

 

目次に戻る

 

 

新型コロナワクチン、ここも気になる!

 

新型コロナウイルスに感染したことがあれば、ワクチンは打たなくていいでしょうか?

 

木下先生

すでに感染した経験のある方も、ワクチンを接種するメリットがあります。

 

新型コロナウイルスは「一度罹患したら、もうかからない」というものではなく、再感染の可能性があります。

 

さらに、罹患して獲得した「自然免疫」よりも、ワクチン接種で得た免疫のほうが効果が高いこともわかっています

 

このため、もし感染したことのある方でも、ワクチン接種は推奨されます。

 

目次に戻る

 

 

 

看護師の私だって新しいワクチンは様子見したい気持ちです…。

 

木下先生

今回の優先接種は「医療従事者を守るため」です。

 

ワクチン接種と不安な気持ちは、どうしたって切り離せないものですよね。

 

けれども、なぜ看護師をはじめとする医療従事者に先行して新型コロナワクチンが接種されるのか。

 

その理由は明確で、「医療従事者を守るため」です。これは世界中どこの国も同じです。

 

決して医療従事者で安全性を確かめるといったことはありません。この1年、これだけハイリスクな状況で戦ってきた医療従事者を一番に守るためです

 

優先接種の対象であることは、ぜひポジティブにとらえていただきたいな、と私は思います。

 

新型コロナワクチンはすでに世界で1億5000万本以上が接種されています。アジア人もたくさん接種しています。その中で、現在まで特別に重い副反応は見つかっていません。

 

知らないことは不安が大きくなります。優先接種を受けるかどうかきちんと判断するためにも、ぜひ正しい情報を知っていただきたいと思います。

 

看護roo!編集部 烏美紀子(@karasumikiko

 

 

(参考)
COV-Navi ワクチンQ&A
Ensuring the Safety of COVID-19 Vaccines in the United States(CDC)
What to Expect after Getting a COVID-19 Vaccine(CDC)
COVID-19 Vaccines and Allergic Reactions(CDC)
Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee Meeting December 10, 2020(FDA)
Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee Meeting December 17, 2020(FDA)
COVID-19ワクチンに関する提言(第1版)(日本感染症学会ワクチン委員会)
Flu Vaccine and People with Egg Allergies(CDC)
・アレルギー.1984;33:344-56
・アレルギー.2016;65:1171-6.

 

 

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆腎・泌尿器の問題◆以下の中で、尿細管の部位にはないものはどれでしょうか?

  1. 近位尿細管
  2. 遠位尿細管
  3. ヘンレループ
  4. ボウマン嚢

7932人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8286人の年収・手当公開中!

給料明細を検索