新型コロナワクチン、医療者への接種はいつ?開発状況はどうなってる?|看護roo!ニュース

タイトルイラスト

接種に向けた準備が少しずつ始まっている新型コロナウイルス感染症のワクチン

 

優先接種はどんな人から?

接種はいつから?

ワクチンの効果や安全性は?

 

など、新型コロナワクチンに関する現時点のポイントをまとめました。

 

優先接種は医療者と高齢者から

国は、

 

  • 2021年前半までに国民全員が接種できる量のワクチンを確保する
  • 接種費用は無料とする

 

という方針を決めています。

 

ですが、すぐに全員分のワクチンを確保できるわけではないので、当面は「医療従事者」と「高齢者、基礎疾患のある人」に優先的に接種されます。

新型コロナワクチン接種順位の図表。優先的に接種するのは「新型コロナ患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者」と「高齢者、基礎疾患のある人」。医療従事者には新型コロナ患者の搬送に携わる救急隊員や積極的な疫学調査に携わる保健師などを含む。ワクチンの特性などを踏まえて検討される予定なのは「介護施設等の職員」と「妊婦」

政府「新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種について(中間とりまとめ)」をもとに作成

 

一方で、高齢者が集団で生活する介護施設のスタッフも優先接種の対象になるかは、まだはっきりしません。

 

今後、ワクチンの特性や流通状況などを踏まえて判断されていく見込みです。

 

新型コロナワクチン接種はいつから?開発状況は?

新型コロナワクチンの接種はいつごろから始まるのでしょうか?

 

現在はまだ複数の製薬会社によって、ワクチン開発が急ピッチで進められている段階。ワクチン接種の開始が具体的にいつになるかは、開発の進み方次第となっています。

 

ただ、下の図のように、先行している海外メーカーから「開発が成功したら、日本にもワクチンが供給される」ことは決まっています。

新型コロナワクチンが開発された場合に日本に供給されるワクチン量の図。ファイザー社は「2021年6月末までに6000万人分」、アストラゼネカ社は「2021年初頭から1億2000万回分」、モデルナ社は「2021年上半期から4000万回分以上」

 

新型コロナワクチンの効果・安全性は?

開発が先行している海外ワクチンの臨床試験では、「ワクチン接種で新型コロナウイルスへの抗体がつく」など一定の効果を確認できたという報告が出ています

ワクチンの有効性・安全性と副反応のとらえ方について:厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会(2020年10月2日)

 

「発症予防に効果があるかどうか」の試験結果もこの秋から冬にかけてわかってくるのでは、と見込まれているようです。

 

が、いずれにしても開発中の段階で、ワクチンの効果についてはさらに今後の評価を待つ必要があります。

 

安全性については、注射部位の痛みや発赤、倦怠感などの出る頻度が高いとする報告がありますが、まだデータが少なく、こちらも不明な点も多い状況です。

 

また、今回の新型コロナワクチンは、新しい技術を活用した開発が進んでいる点にも注目です。

新型コロナワクチンの開発技術に関する説明図。これまでのワクチンは「ウイルスの病原性をなくして接種する(不活化ワクチンなど)」のに対し、開発が先行する新型コロナワクチンは「ウイルスの遺伝情報の一部を接種する(mRNAワクチン、ウイルスベクターワクチンなど)」

 

臨床試験などで実際に接種した症例数が限られること、これまで日本で承認されてきたワクチンとは性質が異なることなどを踏まえて、国は、効果と安全性を慎重に検討していく考えです。

 

 

冷静な評価で接種体制を

早い時期に優先接種を受けることになる看護師のみなさんにとっては、新型コロナワクチンに対する期待の一方で、心配な気持ちもあるかもしれません。

 

新型コロナウイルスの終息が見えない中、ワクチンへの関心も高まっていますが、冷静な評価のもとでスピーディーに接種体制が整っていくことを期待したいですね。

 

 

看護roo!編集部 烏美紀子(@karasumikiko

 

 

(参考)

新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種について(中間とりまとめ)(新型コロナウイルス感染症対策分科会)

新型コロナウイルス感染症対策分科会での議論と政府としての中間とりまとめ(同)

新型コロナワクチン実用化に向けた取り組みについて(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種事業について(同)

ワクチンの有効性・安全性と副反応のとらえ方について(同)

 

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆感染看護の問題◆MRSAによる敗血症に処方される抗MRSA薬で、内服が可能な薬はどれでしょうか?

  1. バンコマイシン
  2. テイコプラニン
  3. アルベカシン
  4. リネゾリド

5354人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8202人の年収・手当公開中!

給料明細を検索