【2023年版】看護師のボーナスはいくら?手取り額や1年目のボーナス事情などを解説

2023年版看護師のボーナスのタイトルイラスト。平均支給額は年額で約86万円

 

看護師のボーナスって、平均いくら?

 

気になる看護師のボーナスについて、平均額や手取り額、年代別の違いなど、最新データをまとめました。

 

1年目の看護師がもらえるボーナスについても解説します。

 

データ出典:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」、日本看護協会「2022年病院看護・助産実態調査

※令和4年賃金構造基本統計調査は「2022年6月分の給与と2021年支給分のボーナス」を調査対象としています。

 

 

1)看護師のボーナス、平均額は?

まずは看護師全体の平均ボーナス額を見てみましょう。

 

看護師のボーナス平均は約86万円

2023年版看護師の平均ボーナス額の図表

 

厚生労働省の最新データによると、看護師全体の平均ボーナス額は86万2100円となっています。

 

ただし、これは夏と冬を合わせた年間の額です。単純に1/2として計算すると、看護師の夏ボーナス・冬ボーナス1回あたりの平均額は約43.1万円となります。

 

これらから考えると、看護師のボーナスは、基本給の1.4~1.5カ月分(年間では計2.8~3カ月分)の支給が平均的と言えるでしょう。

 

※新卒看護師の基本給は平均20万~21万円(2022年病院看護・助産実態調査)。1年で4000~5000円ずつ昇給するものと想定。

 

 

看護師のボーナスの手取り額は?

看護師のボーナス手取り額はいくら?イメージイラスト

ボーナスは、毎月の給料と同じように所得税や社会保険料が引かれます(ただし住民税は引かれません)。

 

これらを引いたボーナスの手取り額は、支給額のおよそ8割が一般的な目安です。

 

看護師の平均ボーナス額(年間86万円)で計算した場合、手取り額は69万円前後(夏冬1回あたりでは34万円前後)となります。

 

 

【規模別】看護師の平均ボーナス額は?

看護師のボーナスは、病院・施設の規模によってどのくらい変わるのでしょうか?

 

病院・施設の職員数別の平均ボーナス額をまとめてみました。

 

病院・施設の職員数別、看護師の平均ボーナス額

職員数 ボーナス額(年間)
10人~99人 64.8万円
100人~999人 79.4万円
1000人以上 103.1万円
全体平均 86.2万円

出典:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」

 

病院・施設の規模が大きくなるほどボーナス額も増える傾向にあります。

 

特に1000人以上の従業員がいる大規模な病院・施設のボーナス額は平均を大きく上回っています。10人~99人の病院に比べると年間で約38万円の差があります。

 

 

【年代別】看護師の平均ボーナス額は?

年齢が上がるにつれて、看護師のボーナスはどのくらいアップするのでしょうか?

 

年代別の平均ボーナス額をまとめてみました。

 

年代別看護師の平均ボーナス表。20~24歳46.2万円、25~29歳76.7万円、30~34歳78.3万円、35~39歳90.6万円、40~44歳96.5万円、45~49歳103.6万円、50~54歳105.8万円、55~59歳109万円、60~64歳70.3万円

 

ボーナスの少ない1年目が含まれる20代前半は低めの額ですが、徐々にアップし、40代後半には年間約100万円となっています。

 

 

看護師のボーナスは高い?低い?

「看護師はボーナスをたくさんもらっている」というイメージを持たれがちですが、本当にそうなのでしょうか?

 

そこで、看護師と全職種の平均ボーナス額を比べてみました。

 

看護師と全職種の平均ボーナス額の比較表。看護師は86.2万円、全職種平均は88.5万円。女性同士での比較は看護師85.7万円、全職種62.8万円

 

このデータからわかるように、看護師のボーナス額は、全職種の平均(88.5万円)を下回っており、特別高いわけではありません

 

ただし、女性の平均ボーナス額(62.8万円)からみると23万円ほど上回っており、看護師は「女性の職業の中ではボーナスが高い」と言えるでしょう。

 

 

2)新人看護師(1年目)のボーナス額は?

1年目の看護師の場合、入職したばかりの夏のボーナスはもらえないか、もらえても5万~10万円ほどが一般的な支給額でしょう。

 

ボーナスは基本的に「一定期間の実績に対する評価(査定)」として支給されるもの。そのため、ほぼ実績のない新人看護師の夏のボーナスは寸志程度で、残念ながらあまり期待できません。

 

一方、1年目でも冬のボーナスからは満額支給になることが多いでしょう。

 

新人看護師の基本給は平均20万円前後です。仮に1.5カ月分とした場合、看護師1年目の冬のボーナスはおよそ30万円(手取りで約24万円前後)になると見込まれます。

 

 

 

3)看護師のボーナスが高い都道府県は?

看護師のボーナス額には、給料と同じく、多少の地域差があります。

 

厚労省の最新の調査では、ボーナスの平均額が高い都道府県は次の通りでした。

 

看護師のボーナス平均額トップ5

都道府県 看護師のボーナス額
富山 106.2万円
岐阜 105.6万円
福井 103.3万円
山口 102.1万円
新潟 97.3万円

出典:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」

 

都道府県ごとのボーナスの平均額は、調査年によって違いも大きいものの、例年、「九州・沖縄地方のボーナス額は低め」という傾向がみられます。

 

 

 

4)看護師のボーナスはいつ支給されるの?

看護師にボーナスが支給される時期は、一般的には夏(6月~7月)と冬(12月)の2回です。年2回の支給の場合、冬のボーナスの方が高めに支給される傾向にあります。

 

ただ、病院の決算時期・方法の違いにより、別の月に支給されることや、年に1回しか支給されない場合などがあります。

 

 

5)看護師のボーナスの仕組み

看護師に支給されるボーナスの額は、基本給の額をベースに決められる場合が一般的です。例えば、「基本給の◯カ月分」という形で支給額が決定されます。

 

これに、査定期間の勤怠日数や年次、役職などが考慮され、金額が増減することになります。

 

ボーナスは毎月の給料と異なり、病院の経営状態などによってもらえない場合や額が大きく増減する場合もあります

 

 

休職中でもボーナスはもらえる?

病気やケガで休職している看護師はボーナスをもらえるのでしょうか?

 

一般的には、休職中のボーナスは支給されないことが多いようです。

 

ただし、これも上で見た「休職中」の扱いと同じく、病院の就業規則や労使協定によってボーナスの支給対象を定めていることが多く、産休・育休中の場合も、査定期間内に勤務実績があれば、それに応じた額が支給されるケースがあります。

 

 

産休中・育休中でもボーナスはもらえる?

妊娠中で産休中の女性看護師と、育休中の女性看護師のイラスト

 

看護師が産休・育休で仕事をお休みしていると、ボーナスはもらえないか減額される場合が多いようです。

 

ただし、これも上で見た「休職中」の扱いと同じく、病院の就業規則や労使協定によってボーナスの支給対象を定めていることが多く、産休・育休中の場合も査定期間内に勤務実績があれば、それに応じた額が支給されるケースがあります。

 

6)助産師・保健師・准看護師のボーナス額は?

最後に、看護師と同じ看護職である「助産師」「保健師」「准看護師」のボーナス額も見てみましょう。

 

看護関連職種の年間平均ボーナス額の図版。助産師105.8万円、保健師80.7万円、准看護師62.7万円

 

 

7)まとめ

今回は、厚労省による2022年調査のデータをもとに、看護師のボーナスについてまとめました。

 

あくまでも看護師全体の平均額ではありますが、看護師のボーナスは全職種で比べるとほぼ変わらない水準で、女性に限定すると高いことがわかりました。

 

新型コロナや人手不足の影響などで、業務の負担感が増している看護師も多いはず。ボーナスもその大変さに見合った額であってほしいですね。

 

 

【看護roo!編集部】

 

【注】

・平均ボーナス額は令和4年賃金構造基本統計調査より算出、引用しました。他統計の数値とは必ずしも一致しません。

 

・この記事は2023年12月5日に更新しました(前回更新:2023年5月19日/初出:2020年8月20日)

 

 

(参考)

賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

2022年病院看護・助産実態調査(日本看護協会)

 

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆CRTでは爪を5秒間圧迫して離した後、何秒以内に元の爪の色に戻れば正常とされているでしょうか?

  1. 2秒
  2. 4秒
  3. 6秒
  4. 8秒

3518人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8897人の年収・手当公開中!

給料明細を検索