【2020年版】看護師の平均年収 都道府県別ランキング|給料の地域差どのくらい?

都道府県別の看護師の平均年収アイキャッチ画像

データ出典:令和元年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

 

看護師の給料には、どのくらい地域差があるのでしょうか?

 

看護師の都道府県別の平均年収から、地域ごとの傾向を見てみましょう。

 

 

1)看護師の平均年収 都道府県別ランキング

都道府県ごとの平均年収は次のグラフの通りです。

都道府県別看護師の平均年収の棒グラフ。全国482.9万円、北海道499.2万円、青森418.5万円、岩手475.6万円、宮城442.0万円、秋田466.5万円、山形441.9万円、福島417.4万円、茨城508.9万円、栃木520.9万円、群馬466.4万円、埼玉490.3万円、千葉522.0万円、東京509.8万円、神奈川517.2万円、新潟473.4万円、富山463.8万円、石川468.1万円、福井496.4万円、山梨449.7万円、長野465.6万円、岐阜543.4万円、静岡519.3万円、愛知494.1万円、三重495.4万円、滋賀536.6万円、京都489.2万円、大阪489.6万円、兵庫494.9万円、奈良511.2万円、和歌山514.0万円、鳥取493.4万円、島根447.5万円、岡山462.5万円、広島456.3万円、山口442.6万円、徳島484.0万円、香川475.2万円、愛媛448.6万円、高知437.5万円、福岡460.8万円、佐賀473.3万円、長崎452.4万円、熊本430.4万円、大分416.7万円、宮崎391.5万円、鹿児島417.2万円、沖縄455.7万円

 

平均年収の高い順に並べてみます。

 

順位 都道府県 平均年収
1位 岐阜 543.4万円
2位 滋賀 536.6万円
3位 千葉 522.0万円
4位 栃木 520.9万円
5位 静岡 519.3万円
6位 神奈川 517.2万円
7位 和歌山 514.0万円
8位 奈良 511.2万円
9位 東京 509.8万円
10位 茨城 508.9万円
11位 北海道 499.2万円
12位 福井 496.4万円
13位 三重 495.4万円
14位 兵庫 494.9万円
15位 愛知 494.1万円
16位 鳥取 493.4万円
17位 埼玉 490.3万円
18位 大阪 489.6万円
19位 京都 489.2万円
20位 徳島 484.0万円
21位 岩手 475.6万円
22位 香川 475.2万円
23位 新潟 473.4万円
24位 佐賀 473.4万円
25位 石川 468.1万円
26位 秋田 466.5万円
27位 群馬 466.4万円
28位 長野 465.6万円
29位 富山 463.8万円
30位 岡山 462.5万円
31位 福岡 460.8万円
32位 広島 456.3万円
33位 沖縄 455.7万円
34位 長崎 452.4万円
35位 山梨 449.7万円
36位 愛媛 448.6万円
37位 島根 447.5万円
38位 山口 442.6万円
39位 宮城 442.0万円
40位 山形 441.9万円
41位 高知 437.5万円
42位 熊本 430.4万円
43位 青森 417.4万円
44位 福島 417.4万円
45位 鹿児島 417.2万円
46位 大分 416.7万円
47位 宮崎 391.5万円

※小数点以下第2位を四捨五入(令和元年賃金構造基本統計調査をもとに看護roo!編集部集計)

 

 

平均年収の地域差は最大152万円

20都道府県が、看護師の年収の全国平均(482.9万円)を上回り、特に、首都圏や東海地方関西地方で高い傾向が見られます。

 

一方、東北地方や四国地方、九州・沖縄地方の平均年収は低めの傾向です。

 

平均年収が最も高かった岐阜(543.3万円)と最も低かった宮崎(391.5万円)では、約152万円の開きがありました。

 

2)「地域の平均年収」と比べてみた

都道府県内の給料相場と比べたら、看護師の給料は高い?低い?

都道府県ごとに「全職種の平均年収」と「看護師の平均年収」を比べてみました。

 

北海道・東北

都道府県 看護師の平均年収 全職種の平均年収 全職種(女性)の平均年収
北海道 499.2万円 446.9万円 362.7万円
青森 418.5万円 371.1万円 305.1万円
岩手 475.6万円 391.3万円 317.9万円
宮城 442.0万円 464.0万円 355.9万円
秋田 466.5万円 379.5万円 315.8万円
山形 441.9万円 388.0万円 309.3万円
福島 417.4万円 415.8万円 326.6万円

 

東北地方は、看護師の年収が全国平均(482.9万円)を下回りますが、それぞれの県内で見れば、看護師は比較的、高収入な職業と言えるでしょう。

 

北海道を含め、各道県の全職種(女性)の平均年収と比べて、看護師の平均年収は91万~158万円ほど高くなっています。また、宮城をのぞき、全職種の平均年収と比べても、17万~87万円ほど上回っています。

 

 

関東

都道府県 看護師の平均年収 全職種の平均年収 全職種(女性)の平均年収
茨城 508.9万円 494.2万円 364.1万円
栃木 520.9万円 480.0万円 367.5万円
群馬 466.4万円 470.8万円 359.7万円
埼玉 490.3万円 478.5万円 376.5万円
千葉 522.0万円 478.4万円 384.2万円
東京 509.8万円 620.4万円 483.9万円
神奈川 517.2万円 560.2万円 434.0万円

 

首都圏を抱える関東地方は、看護師の給与水準が高い地域です。看護師の平均年収が全国3位の千葉をはじめ、茨城、栃木、東京、神奈川で500万円を超えています。

 

ただし、全職種の平均年収も高いため、それぞれの地域の中で見ると、看護師の年収が必ずしも高いわけではありません。特に東京の場合、全職種の平均年収を110万円ほど下回っており、全職種の女性平均と比べても看護師が際立って高い額ではないのが特徴的です。

 

 

北陸・甲信越

都道府県 看護師の平均年収 全職種の平均年収 全職種(女性)の平均年収
新潟 473.4万円 418.8万円 334.2万円
富山 463.8万円 439.8万円 352.5万円
石川 468.1万円 458.3万円 365.7万円
福井 496.4万円 445.8万円 359.4万円
山梨 449.7万円 462.9万円 347.9万円
長野 465.6万円 459.9万円 351.6万円

 

福井をのぞく5県は、看護師の平均年収が全国平均(482.9万円)を下回りますが、それぞれの県内の女性平均と比べると、102万~140万円ほど高い年収となっています。

 

また、山梨以外は、県内の全職種の平均年収と比べても10万~55万円ほど上回っています。「各県内では、看護師は給料が高い職業」と言えそうです。

 

 

東海

都道府県 看護師の平均年収 全職種の平均年収 全職種(女性)の平均年収
岐阜 543.4万円 460.4万円 365.3万円
静岡 519.3万円 469.1万円 354.9万円
愛知 494.1万円 544.8万円 400.3万円
三重 495.4万円 498.1万円 371.6万円

 

看護師の平均年収が全国トップの岐阜をはじめ、東海地方は看護師の給与水準が高い地域です。

 

各県内の全職種の平均年収と比べると、愛知と三重はやや下回りますが、女性の平均年収との比較では94万~180万円ほど高くなっています。

 

 

関西

都道府県 看護師の平均年収 全職種の平均年収 全職種(女性)の平均年収
滋賀 536.6万円 504.1万円 383.3万円
京都 489.2万円 489.7万円 400.5万円
大阪 489.6万円 541.4万円 419.5万円
兵庫 494.9万円 501.1万円 391.6万円
奈良 511.2万円 479.2万円 396.5万円
和歌山 514.0万円 451.5万円 351.0万円


関西地方は首都圏と同じく、地域全体の給与水準が高いエリアです。看護師の平均年収は、いずれの府県も全国平均を上回っています。

 

ただ、京都、大阪、兵庫では、地域の全職種平均よりも看護師の平均年収のほうが低く、「給料が高い実感」は薄いかもしれません。とはいえ、女性の平均年収と比べれば、70万~160万円ほど高い水準となっています。

 

 

中国

都道府県 看護師の平均年収 全職種の平均年収 全職種(女性)の平均年収
鳥取 493.4万円 387.7万円 321.8万円
島根 447.5万円 413.0万円 336.3万円
岡山 462.5万円 462.2万円 360.2万円
広島 456.3万円 486.9万円 379.4万円
山口 442.6万円 458.1万円 356.0万円


鳥取をのぞく4県では、看護師の平均年収が全国平均(482.9万円)を下回りました。また、広島と山口は、県内の全職種の平均年収よりもやや低くなっています。

 

一方で、各県内の女性の平均年収と比べれば、77万~170万円ほど上回ります。「それぞれの県の、女性の中では稼げる職業」という感覚を持つ方は多いかもしれません。

 

 

四国

都道府県 看護師の平均年収 全職種の平均年収 全職種(女性)の年収
徳島 484.0万円 437.1万円 351.0万円
香川 475.2万円 438.2万円 351.6万円
愛媛 448.6万円 414.2万円 326.3万円
高知 437.5万円 406.5万円 340.7万円


四国の4県は、県内の全職種の平均年収を31万~47万円ほど、県内の女性の平均年収を97万~133万円ほど、それぞれ上回っています。

 

全国の看護師の平均年収(482.9万円)に比べて必ずしも高くない4県ですが、「それぞれの県内では、看護師は給料が高い職業」という実感を持ちやすいでしょう。

 

 

九州・沖縄

都道府県 看護師の年収 全職種の年収 全職種(女性)の年収
福岡 460.8万円 466.0万円 363.0万円
佐賀 473.3万円 391.9万円 304.4万円
長崎 452.4万円 398.6万円 321.4万円
熊本 430.4万円 407.0万円 332.8万円
大分 416.7万円 414.0万円 338.2万円
宮崎 391.5万円 379.1万円 307.6万円
鹿児島 417.2万円 405.0万円 322.8万円
沖縄 455.7万円 377.4万円 324.9万円

 

九州・沖縄地方の8県は、いずれも全国の看護師の平均年収(482.9万円)を下回りました

特に宮崎は例年、47都道府県の中で最も低く、今回も最下位となっています。

 

一方で、福岡をのぞけば、県内の全職種の平均年収より12万~81万円ほど高くなっています。それぞれの県内の女性平均と比べると、78万~168万円ほど上回り、「県内で見れば、看護師の給料は高め」と感じられるかもしれません。

 

3)人口あたり看護師数が多いと給料は低い?

最後にこんなデータも見てみましょう。

下のグラフは、人口10万人あたりの看護師の数看護師の平均年収を都道府県ごとに並べたものです。

 

※グラフ内の都道府県名は省略、1)の表と同順

 

西日本で特に顕著ですが、「人口あたりの看護師の数が多い地域のほうが、看護師の平均年収は低くなる傾向」がうかがえます。

 

看護師数が少ない地域ほど、看護師の採用や定着のために給料を高く設定する必要が生じるためと推測されます。

 

もちろん、ほかにもベッド数やそれぞれの地域の年収相場などが影響するため、「看護師の数」だけで決まるわけではありませんが、一定の相関は読み取れそうです。

 

4)まとめ

「医療・介護の価格」は、診療報酬や介護報酬などによって全国ほぼ同じ基準で決められていますが、看護師の給料には、かなりの地域差があることがわかります。

 

調査年によっても多少の違いはありますが、これからのキャリアプランやライフプランを考えるとき、看護師の給料の地域差についても一つの参考としてみるのもいいかもしれません。

 

(看護roo!編集部)

 

【注】

・平均年収は令和元年賃金構造基本統計調査より引用、算出しました。

 

・平均年収=「きまって支給する現金給与額」×12+「賞与その他特別給与額」

 

・平均年収等は手取りではなく、所得税や社会保険料などを控除する前の額です。超過労働給与(時間外勤務手当、深夜勤務手当など)、通勤手当、家族手当など各種手当を含みます。

 

・この記事は2020年7月9日、最新データに基づき更新しました(初出:2018年7月20日、前回更新:2019年5月16日)。

 

 

(参考)

賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

 

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆ドレーンの中に溜まった血液や排液を専用のローラーや手でもむなどで流すことを何と言うでしょうか?

  1. インフォームド・コンセント
  2. プレパレーション
  3. アウトリーチ
  4. ミルキング

9461人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8124人の年収・手当公開中!

給料明細を検索