看護用語辞典 ナースpedia キーワード:尿路結石

尿路結石とは・・・

最終更新日 2018/12/25

尿路結石(にょうろけっせき、ureteral calculus)とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道からなる尿路のいずれかの部位に形成された結石により、尿路が閉塞する疾患である。しばしば、激痛などの症状を引き起こす。

尿路が閉塞すると、閉塞部位より上流の尿管や腎盂の内圧が上昇し、腰背部や下腹部に激烈な痛みが生じる。結石ができる要因には、尿中に含まれるカルシウムやシュウ酸などの結晶成分量や尿の停滞が挙げられる。尿中で飽和状態になった結晶成分が尿路で析出を始めることで結石が形成され、尿の停滞はそれを助長する。

尿中の結晶成分が多くなるような代謝障害やカルシウムやシュウ酸を多く含む食品の過剰摂取などがリスクといわれている。

【症状】
腰部~下腹部の痛み、血尿、排尿困難感、頻尿排尿痛、嘔気、嘔吐など症状は多岐にわたる。その疼痛は激烈であることが多く、時に失神する人もいるほどであるが、無症状の場合もある。

【診断】
尿路結石の確定診断はCTで行われることが多い。X線検査も行われることはあるが、X線では結石がはっきりと写らないことも多い(X線陰性結石)。

また、水腎症(尿路の閉塞所見)を確認するために超音波検査もしばしば行われる。しかし、水腎症があっても、それが尿路結石によるものとは限らないため、水腎症の存在をもって尿路結石の確定診断とはいえない。

尿検査で血尿を確認することも行われる。しかし、尿路結石でも血尿を認めないことと、尿路結石以外の疾患でも血尿を認めることもあるため、血尿の有無をもって尿路結石の有無を判断することはできない。1)

【治療】
尿路結石は、大きさや存在部位にもよるが、自然排石することがあり、排石するまで鎮痛薬を使用しながら経過を見る方法をとることがある。また、鎮痛薬とともに排石促進薬の併用を行うこともある。
これらを行っても、排石せず、疼痛コントロールが困難になるのであれば、体外衝撃波結石破砕術(extracorporeal shock wave lithotripsy;ESWL)や経尿道的尿管結石砕石術(transurethral ureterolithotripsy;TUL)や経皮的腎結石砕石術(percutaneous nephrolithotripsy;PNL)などで結石を破砕する方法がとられる。

尿路結石は、大きさや存在部位にもよるが、自然排石することがあり、排石するまで鎮痛薬を使用しながら経過を見る方法をとることがある。また、鎮痛薬とともに排石促進薬の併用を行うこともある。1)

 

引用参考文献
1)Graham A.et al.Urolithiasis in the Emergency Department. Emerg Med Clin N Am 29,2011, 519-538

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 尿路結石は腎盂拡張の原因[09/28up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「尿路結石は腎盂拡張の原因」につい... [ 記事を読む ]

  • 尿路結石症に関するQ&A[07/13up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「尿路結石」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 尿路結石ってどんな病気? なぜ尿路結石がで... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1372
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1194
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1209
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
967
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
758
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1154

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!