看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ニトログリセリン

ニトログリセリンとは・・・

最終更新日 2018/03/07

ニトログリセリン(にとろぐりせりん、nitroglycerin)とは、硝酸薬であり、血管拡張薬の一種である。内服すると肝臓代謝され失活してしまうため、舌下錠や舌下スプレー、貼付剤、注射薬といった形で使用される。

【作用する仕組み】

体内で代謝されて一酸化窒素を生成し、細胞内のカルシウムイオン濃度を低下させ、血管平滑筋を弛緩させることで血管を拡張させる。部位や神経支配に関係なく全ての血管平滑筋を弛緩させる。静脈を拡張することで前負荷を減らすため、うっ血性心不全に効果がある。また、動脈を拡張することで後負荷を減らすとともに、冠動脈の狭窄を改善する。狭心症の発作時に使用されるのもこのためである。

【注意すべきこと】

脳血管も拡張するため、頭蓋内圧亢進のある患者では注意が必要である。また、全身の血管拡張作用により血圧低下が起こる。長期的に使用していると耐性ができ、効果が減弱するといわれている。また、大量投与や長期投与でメトヘモグロビン血症を起こすことがある。

【歴史】

元々はダイナマイトなどの爆薬の原料として開発されたが、ダイナマイト製造工場の従業員の症状から血管拡張作用があることがわかり、後に冠動脈拡張作用があることが証明された。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ここを褒めて!あなたの褒めてほしいポイントは?

投票数:
1284
実施期間:
2019年05月28日 2019年06月18日

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1266
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1106
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1079
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
998
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
865
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
954
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1702

COPDの動向について、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.日本においてCOPDの原因は、大気汚染によるものが主因である。
  • 2.2015年のWHO調査では、COPDは世界の死因の10位以内には入っていない。
  • 3.喫煙率が低下しているため、世界的に今後10年間でCOPDの患者さんは減少する。
  • 4.日本ではCOPD死亡者の半数以上を80歳代が占めている。
今日のクイズに挑戦!