看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ニトログリセリン

ニトログリセリンとは・・・

最終更新日 2018/03/07

ニトログリセリン(にとろぐりせりん、nitroglycerin)とは、硝酸薬であり、血管拡張薬の一種である。内服すると肝臓代謝され失活してしまうため、舌下錠や舌下スプレー、貼付剤、注射薬といった形で使用される。

【作用する仕組み】

体内で代謝されて一酸化窒素を生成し、細胞内のカルシウムイオン濃度を低下させ、血管平滑筋を弛緩させることで血管を拡張させる。部位や神経支配に関係なく全ての血管平滑筋を弛緩させる。静脈を拡張することで前負荷を減らすため、うっ血性心不全に効果がある。また、動脈を拡張することで後負荷を減らすとともに、冠動脈の狭窄を改善する。狭心症の発作時に使用されるのもこのためである。

【注意すべきこと】

脳血管も拡張するため、頭蓋内圧亢進のある患者では注意が必要である。また、全身の血管拡張作用により血圧低下が起こる。長期的に使用していると耐性ができ、効果が減弱するといわれている。また、大量投与や長期投与でメトヘモグロビン血症を起こすことがある。

【歴史】

元々はダイナマイトなどの爆薬の原料として開発されたが、ダイナマイト製造工場の従業員の症状から血管拡張作用があることがわかり、後に冠動脈拡張作用があることが証明された。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1445
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1327
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1203
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1129
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
407
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
922
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3174

筋肉注射についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.急速に薬効を期待する場合には静脈注射や皮内注射ではなく、筋肉注射を選択する。
  • 2.繰り返し筋肉注射で薬剤を投与する場合、もっとも筋層が厚い大腿部を用いることが推奨される。
  • 3.注射部位に三角筋を選択する場合は、45~90度の刺入角度で注射する。
  • 4.薬液は1秒/mLで速やかに注入し、刺入部は1~2分程度マッサージを行う。
今日のクイズに挑戦!