1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. “攻撃性のある”認知症者にどう対応する?

2018年02月07日

“攻撃性のある”認知症者にどう対応する?

『エキスパートナース』2016年7月号より転載。
“攻撃性のある”認知症者への対応について解説します。

 

桑原良子
聖路加国際大学大学院看護学研究科老年看護学助教

 

〈目次〉

 

① なぜ“攻撃的”になっているのかを考える

認知症は時間とともに病状が進行していきます。脳の機能が低下することにより、今まで経験した記憶を思い起こすことに時間がかかります。このような状況は、日々の暮らしのなかにある小さな判断にも迷うことになります。

認知症の人の「攻撃性」はなぜ起きるのかを図1に示します。

図1認知症者の「攻撃性」はなぜ起きるのか

認知症者の「攻撃性」はなぜ起きるのか

 

認知症の人は、周囲の人に行動を焦らされると判断に迷い、不安になりやすく混乱します。BPSD(認知症による行動・心理症状)は、認知症の人によく起きます。BPSDのなかには、対応が困難と言われる「攻撃性」があります。

認知症の人は、自身のつらく感じる症状を的確な言葉で表現することが難しく、感情的な反応を示すこともあります。まず医療者は、身体のどこかに「感染症」「脱水」、あるいは「便秘」等の異変がないか確認します。

ほかには、看護師がおむつ交換、あるいは口腔ケア等をするときに、大声で怒鳴ったり、蹴ったり、つねったりといった暴力行為を示すこともあります。

認知症の人に不安や混乱をきたす環境は、看護師のアセスメント力によって左右されます。医療者を含めた周囲の方の配慮や対応によって、認知症の人の攻撃性がなくなることもあります。

 

[事例]“攻撃性”のある認知症者への対応を考える

下記に事例を示します。

“攻撃性”のある認知症者への対応を考える

  • Aさん・80代、男性
  • 誤嚥性肺炎のため呼吸不全になったアルツハイマー型認知症、FAST分類5(中等度認知症)
  • 看護師は、誤嚥性肺炎予防のため口腔ケアは大切なケアと認識しており、Aさんには「肺炎にならないために、口をきれいにしましょう」と説明していた。しかしAさんは、看護師に手を上げていた

 

1Aさんはなぜ“攻撃的”になっている?

  • 看護師はAさんにケアの説明をしているが、Aさんにとっては、「これから歯磨きをする」と認識する前に、突然、何か(歯ブラシ)を口の中に入れられた状況だった
  • Aさんは、何をされるのかわからない恐怖があり、手を上げることにより、「不快」であることを表出していた

 

2“攻撃性”のあるAさんへの対応

  • Aさんが混乱を招くような表現(“自分は肺炎なのか!?”など)は控える
  • ブラシやコップがAさんに見えるようにし、視覚からの情報により、歯磨き行動の準備につながるようにはたらきかける

“攻撃性”のある認知症者への対応を考える

 

  • 歯磨きの方法を理解することができるように、歯を磨く導入部分について、看護師が部分介助する。

“攻撃性”のある認知症者への対応を考える

  • このように“何をするのか”行動の導入部分を示し、認知症の人の行動を待つと、自然に何をどのようにするのか方法がわかり、自分で歯を磨くことができるときもある。

 

②“攻撃性”のある認知症者への対応をチームで考える

攻撃性のある言葉や行動は、認知症の人の家族介護者の精神的な負担につながります。

看護職の限られた情報だけではなく、多職種チームの持っている多面的な情報を共有し、認知症の人はどのような要因により攻撃的になっているのか、その原因をチームで検討します。

いつもの慣れ親しんだ自宅(施設等)と入院環境は異なるため、認知症の人は、入院環境に慣れることに時間がかかります。そのため、入院直後から数日は特に混乱しやすく、夜間せん妄になりやすいと言われています。夜間せん妄の1つには「攻撃性」があります。

認知症の人へのケアマネジメントは、認知症の人とその家族、多職種チームにおいて医学的判断と特性を踏まえ、認知症の人の治療・ケアのエンドポイントを何にするのか検討することが肝要です。

 


[参考文献]

  • 1.山下功一,天野直二:BPSDとその対応.日本認知症学会 編,認知症テキストブック,中外医学社,東京,2008:70-80.
  • 2.高橋智:認知症のBPSD.日本老年医学会雑誌 2011;48(3):195-204.
  • 3.坂一幸:負の心理反応・感情・状態への治療介入.深津亮,斎藤正彦 編,くすりに頼らない認知症治療Ⅰ─ 非薬物療法のすべて─,ワールドプランニング,東京,2009:59-62.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

P.50~51「“攻撃性のある”認知症者にどう対応する?」

[出典] 『エキスパートナース』 2016年7月号/ 照林社

著作権について

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1371
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1291
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1208
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
965
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
753
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者572

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!