1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 抗がん剤 A・B・C>
  4. FP療法(化学療法のポイント)|抗がん剤 A・B・C

2017年06月16日

FP療法(化学療法のポイント)/食道がん

この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。
今回は、食道がん(食道癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FP療法(フルオロウラシル+シスプラチン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。

第2話:『FP療法(看護・ケアのポイント)/食道がん

FP療法(フルオロウラシル+シスプラチン療法)

神崎洋光
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器・肝臓内科学)

 

FP療法のポイントA・B・C

  • ポイントA:フルオロウラシルは5日間の持続投与のため、患者さんは継続して点滴された状態になります。治療前に説明しておきましょう。
  • ポイントB:シスプラチンによる腎機能障害に注意して、尿量を測定しよう!
  • ポイントC:吃逆(きつぎゃく:しゃっくり)に注意! 患者さんに事前に説明しておくことで不安を和らげましょう。

 

〈目次〉

 

FP療法は食道がんの患者さんに行う抗がん剤治療

FP療法(フルオロウラシル+シスプラチン療法)は、切除不能な食道がんや切除可能な食道がん(ステージ2、3)の術前化学療法として投与される抗がん剤治療です。ステージ2や3の切除可能な食道がんの術前化学療法としては、2コースの投与が標準的です。放射線と併用して行う場合も2コースの投与を行います。

一方で、切除不能な食道がんに対して行う場合は、効果がなくなるまで継続します。放射線治療と併用する場合は投与期間、用量が少し異なるため注意しましょう。

 

FP療法で使用する薬剤

FP療法で使用する薬剤は、表1のとおりです。

表1FP療法で使用する薬剤

FP療法で使用する薬剤

(写真提供:協和発酵キリン株式会社、日本化薬株式会社)

 

FP療法のレジメン

フルオロウラシル(5-FU)は、1~5日目(Day1~5)に持続投与し、6~28日目は休薬します。シスプラチン(ランダ)は、1日目のみ投与します。(表2)。

表2FP療法のレジメン

FP療法のレジメン

 

なお、放射線と併用する場合は、フルオロウラシル(5-FU)の投与は、1~4日目になります。

 

FP療法のポイントA

  • フルオロウラシルは5日間の持続投与のため、患者さんは継続して点滴された状態になります。治療前に説明しておきましょう。

 

FP療法で使用する薬剤の投与方法(表3

表3FP療法の投与方法

FP療法の投与方法

(総輸液量:1日目は3,500~4,500mL/日、2~4日目は1,500~2,500mL/日、5日目は1,500~2,500mL/日)
生食:生理食塩水

*本投与方法は、岡山大学病院で行われているものです(2017年5月現在)。

 

なお、本投与方法は、抗がん剤のみの投与の場合です。放射線と併用する場合は、シスプラチン(ランダ)を80mg/m2から70mg/m2に減量し、フルオロウラシル(5-FU)の投与を4日間にするため、5日目の投与はなくなります。

 

FP療法の代表的な副作用

FP療法の代表的な副作用は、腎機能障害、嘔気や嘔吐、骨髄抑制、発熱性好中球減少症(FN)、便秘、末梢神経障害、脱毛、口内炎、吃逆などがあります。

シスプラチン(ランダ)は、腎機能障害を起こす代表的な抗がん剤のため、尿量が減ると腎臓が障害されてしまいます。しっかりとした輸液、水分摂取、必要に応じた利尿剤の使用が大切です。また、シスプラチン(ランダ)によって吃逆が出る患者さんが多く、止めるのに難渋することもあります。

急に起こる副作用は、腎機能障害、嘔気や嘔吐、便秘、吃逆などがあります。

遅れて出てくる副作用は、骨髄抑制、末梢神経障害、脱毛、口内炎などがあります。

 

FP療法のポイントB

  • シスプラチンによる腎機能障害に注意して、尿量を測定しよう!

 

FP療法のポイントC

  • 吃逆に注意! 患者さんに事前に説明しておくことで不安を和らげましょう。

 

FP療法の治療成績

術前化学療法として行う場合は、術後の再発リスクを下げます

切除不能な食道がんの緩和的治療に用いる場合は、腫瘍を小さくする可能性が30~40%です。投与した全員に効果があるわけではありません。

 

[関連記事]

  • 第2話:『FP療法(看護・ケアのポイント)/食道がん』
  • ⇒『抗がん剤 A・B・C』の【総目次】を見る

 


[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

[編 集]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

[執 筆]
神崎洋光
岡山大学大学院医薬学総合研究科消化器・肝臓内科学


*本連載では、薬剤の厳密な指示・副作用・投与スケジュールなどについて記載されていますが、これらは2017年5月時点のもので、変更される可能性がございます。薬剤の使用にあたっては、製品に添付されている最新の情報を十分にご参照ください。

*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。

著作権について

この連載

  • SP療法(化学療法のポイント)/胃がん [06/21up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、胃がん(胃癌)の患者さんに使用する抗がん剤「SP療法(S-1+シスプラチン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『SP... [ 記事を読む ]

  • FP療法(看護・ケアのポイント)/食道がん [06/19up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、食道がん(食道癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FP療法(フルオロウラシル+シスプラチン療法)」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話... [ 記事を読む ]

  • FP療法(化学療法のポイント)/食道がん [06/16up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、食道がん(食道癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FP療法(フルオロウラシル+シスプラチン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 ...

  • ニボルマブ療法(看護・ケアのポイント)/肺がん [06/09up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、肺がん(肺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ニボルマブ療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『ニボルマブ療法(化学療法のポイン... [ 記事を読む ]

  • ニボルマブ療法(化学療法のポイント)/肺がん [06/07up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、肺がん(肺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「ニボルマブ療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『ニボルマブ療法(看護・ケア... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1332
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1256
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1153
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1167
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
894
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
624
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1057

◆せん妄の問題◆以下の症例の中でせん妄を発症していると推察できるものはどれでしょうか?

  • 1.88歳女性、頭部外傷にて入院中の患者さん。入院時、CTにて器質的変化を認め、手術不適応とされた。意識レベルは昏睡であり、刺激すると除脳硬直が起こります。
  • 2.35歳男性、15歳より統合失調症にて外来治療中の患者さん。薬の自己休薬により幻覚・妄想が強くなったため入院。幻覚や妄想はあるが、他者との日常的なあいさつや、感謝を示すなど対人面の問題はない。
  • 3.77歳女性。財布をしまった場所や通院日を間違えたりなど、物忘れがひどくなっているため、来院した。
  • 4.88歳女性、肺がんにて外来治療中の患者さん。3日前より発熱を認め、肺炎にて入院した。夜間不眠の訴えあり、睡眠薬を内服した。その後より「家に帰らなきゃ」と、落ち着かない様子で荷物の整理を始めた。
今日のクイズに挑戦!