1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 便の成分・排便のメカニズム

2016年10月20日

便の成分・排便のメカニズム

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「消化と吸収」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈前回〉

大腸の中で内容物はどう変化するの?

 

 

便の成分はどんなもの?

便には水分量が多く含まれ(60〜70%)ています。固形成分は、胃や小腸、大腸などで消化・吸収された残りカス、腸内細菌、胆汁の中に含まれていたビリルビンの一部、一定の周期で新陳代謝した胃腸の上皮細胞、体内で不要になった鉄やマグネシウム、カルシウム、リンなどです。 通常、食事をしてから便として排泄されるまでには24〜72時間ほどかかります(図1)。

図1大腸の区分と内容物の症状

大腸の区分と内容物の症状

 

1日の排便量は100〜200gですが、この量は食事の摂取量や内容によって変化します。例えば、食物繊維の多い食事をとると、消化されない残りカスが増えて排便量も多くなります。腸管への刺激が強くなるため、排便回数も増える傾向にあります。

なお、便の色はステルコビリン(黄褐色)やウロビリノーゲン(黒褐色)によります。また、便のにおいはインドール、スカトールなどによります。

 

便はどうやって直腸に移動するの?

結腸で水分を吸収されて固形になった便は、すぐに排泄されるわけではなく、結腸の最後尾に位置するS状結腸でしばらく待機します。排便のための刺激になるのは、食事、便量の増加などです。

特に食事は大きな刺激になり、横行結腸からS状結腸にかけて胃、結腸反射による強い蠕動運動が生じます。これを総蠕動といい、1日に1〜2回起きます。この蠕動に便の重さによる刺激が加わり、便は直腸に向けて押し込まれます。

 

なぜ便意を我慢できるの?

肛門周辺には内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)と外肛門括約筋(がいこうもんかつやくきん)があります。内肛門括約筋は平滑筋で不随意筋です。対して外肛門括約筋は、横紋筋で随意筋です。排便中枢を通じて副交感神経が刺激されると、内肛門括約筋は反射的に弛緩しますが、外肛門括約筋は排便動作をとらない限り弛緩しません。

つまり、意識的に外肛門括約筋を緊張させれば、便意を一時的に我慢できるのです。

 

排便のメカニズム

便の移動によって直腸内圧が40~50mmHg以上になると、刺激が直腸壁の骨盤神経から仙髄の排便中枢に伝わり、視床下部を経て大脳皮質に伝達され、便意を意識することになります。こうした刺激は、直腸内の内容物より上方の緊張や運動を高め、それより下方の緊張や運動を低下させます。この絞り出すような運動により、便は次第に肛門に向けて送り出されていきます。 

一方、排便中枢に刺激が達すると副交感神経が刺激され、反射的に直腸筋が収縮して内肛門括約筋が弛緩します。ここでも、内容物を絞り出すような運動が起こります。 また、随意筋からなる外肛門括約筋は意識的に排便を調節できます。

ですから意識的に排便をしようとして、排便動作をとって努責することにより、腹腔内圧と直腸内圧の上昇、直腸筋の収縮、横隔膜の押し上げなどの運動が協調して起こり、便が肛門から排泄されます。 

いきむ時は大きく息を吸い、口を閉じて息を止めます。努責時にかかる直腸内圧は100~200mmHgです。努責を開始すると血圧が急上昇し、体循環、脳循環に影響を及ぼします。

図2排便のメカニズム

排便のメカニズム

 

 

大腸内の細菌はどんな働きをしているの?

体内の粘膜にはたくさんの微生物が生息しています。これらの微生物の集合体を細菌叢〔さいきんそう〕(フローラ)といいます。腸内にも細菌叢があり、消化を補助する役割を果たしています。細菌叢はビタミンK、B12、葉酸などのビタミンを合成したり、外から侵入した有害な細菌から体を防御する役目があります。 

新生児期にはビフィズス菌乳酸桿菌など、体にとって有益な細菌が優勢ですが、年齢を重ねるにつれ、有害物質を生成するウェルシュ菌が増えてきます。便の10〜30%にはこうした腸内細菌が含まれており、最も多いのは大腸菌です。大腸菌は便中の食事カスを分解する働きを持っています。

 

〈次回〉

下痢はなぜ起きるの?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 大腸が体内で移動しないのはなぜ? [10/31up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 便秘はなぜ起きるの? 今回は「大腸」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   大腸が体内で移動しないのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

  • 便秘はなぜ起きるの? [10/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 下痢はなぜ起こるの? 今回は「便秘」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   便秘はなぜ起きるの? 便秘は... [ 記事を読む ]

  • 便の成分・排便のメカニズム [10/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「消化と吸収」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈前回〉 大腸の中で内容物はどう変化するの?   1...

  • 腸の内容物はどのように大腸に送られるの? [10/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 大腸はどのような働きをしているの? 今回は「小腸から大腸への内容物の移送」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 大腸はどのような働きをしているの? [10/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 小腸はどのようにして内容物を運ぶの? 今回は「大腸の働き」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   大腸はどのよ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 大腸と肛門のはたらき|食物の流れから理解する(7) [11/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 栄養素の代謝|食物の流れから理解する(6) 前回は、栄... [ 記事を読む ]

  • 肝臓の仕組み|食べる(4) [08/16up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み|食べる(3) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • 栄養と代謝|食べる(1) [08/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 呼吸する(4)呼吸のメカニズム 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒険中のナス... [ 記事を読む ]

  • 食物の旅―食道、胃|食物の流れから理解する(3) [11/03up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 栄養素の特徴|食物の流れから理解する(2) 前回は、そ... [ 記事を読む ]

  • 下痢に関するQ&A [11/06up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「下痢」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   下痢の患者からの訴え 「下痢をしています」 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1832
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1370
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1258
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1131
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1039
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
717
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者991

以下のうち、抗がん剤と放射線治療とを併用する化学放射線療法で期待される効果はどれでしょうか?

  • 1.放射線が当たらない部位にある病巣の制御
  • 2.制吐作用
  • 3.抗がん剤の血中濃度の上昇
  • 4.抗腫瘍性サイトカインの増加
今日のクイズに挑戦!