1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ?

2018年06月09日

赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は赤血球沈降速度(赤沈)に関するQ&Aです。

赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ?

血液を凝固させると赤血球沈降速度(赤沈)は測定できないので、抗凝固剤として用いているためです。

 

〈目次〉

 

赤沈測定時、抗凝固剤を用いるのは

赤沈は赤血球の凝集(連銭形成)に大きな関係があり、凝集が早く、かつ大きくなるほど、赤沈は促進されます。

よってこの反応は血液を凝固させては測定ができず、そのために抗凝固剤として、クエン酸ナトリウムを用います。

また、クエン酸ナトリウムの濃度が3.8%なのは、赤血球とほぼ等張であり、溶血などによる凝集への影響が少ないとされています。3.2%濃度を用いる場合もあります。

 

赤沈が促進するのは

赤血球の凝集は、血漿タンパクの荷電状態の変化と密接な関係があります。

陽性荷電のグロブリン、フィブリノーゲンが増加すると、赤血球の陰性荷電を放電させて血球の凝集は早く起こり、赤沈は促進します。逆に、アリブミンは陰性に荷電して、凝集阻止の作用をします。

また、この反応は赤血球の状態にも関係があり、高度の赤血球減少またはヘモグロビン減少によって促進をきたしますが、軽度の貧血では影響はありません。

赤沈は、生体内の代謝障害や組織の破壊吸収の異常を反映して促進する非特異反応です(表1表2表3)。

表1赤沈が促進または遅延する疾患または病態

赤沈が促進または遅延する疾患または病態

 

表2赤沈に影響する因子

赤沈に影響する因子

 

表3赤沈に影響する病態

赤沈に影響する病態

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 包帯を巻くとき、末梢から中枢に向かって巻くのはなぜ? [06/23up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は包帯の巻き方に関するQ&Aです。 包帯を巻くとき、末梢から中枢に向かって巻くのはなぜ? 中間部位あるいは中枢側から巻き始めると、末梢側に血液の循環障害が生じるた... [ 記事を読む ]

  • 赤沈測定時は、3.8%のクエン酸ナトリウムが0.4mLで血液1.6mLとするのはなぜ? [06/16up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は赤血球沈降速度測定に関するQ&Aです。 赤血球沈降速度測定時は、3.8%のクエン酸ナトリウムが0.4mLで血液1.6mLとするのはなぜ? 抗凝固剤として血液の割... [ 記事を読む ]

  • 赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ? [06/09up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は赤血球沈降速度(赤沈)に関するQ&Aです。 赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ? 血液を凝固させると赤血球沈降速度(赤沈)は測定...

  • 採血した血液が時間とともに分離するのはなぜ? [06/02up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血液凝固に関するQ&Aです。 採血した血液が時間とともに分離するのはなぜ? 血液は採血されて、血管から外へ出ると凝固し、血餅と血清に分離するためです。 ... [ 記事を読む ]

  • 血管迷走神経反射はなぜ起こるの? [05/26up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血管迷走神経反射に関するQ&Aです。 血管迷走神経反射はなぜ起こるの? 痛みに対して急性の自律神経失調が起こり、脳循環障害を発症するためです。 血管迷... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1234
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1149
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1043
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1082
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
798
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
385
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者96

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!