1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ?

2018年06月09日

赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は赤血球沈降速度(赤沈)に関するQ&Aです。

赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ?

血液を凝固させると赤血球沈降速度(赤沈)は測定できないので、抗凝固剤として用いているためです。

 

〈目次〉

 

赤沈測定時、抗凝固剤を用いるのは

赤沈は赤血球の凝集(連銭形成)に大きな関係があり、凝集が早く、かつ大きくなるほど、赤沈は促進されます。

よってこの反応は血液を凝固させては測定ができず、そのために抗凝固剤として、クエン酸ナトリウムを用います。

また、クエン酸ナトリウムの濃度が3.8%なのは、赤血球とほぼ等張であり、溶血などによる凝集への影響が少ないとされています。3.2%濃度を用いる場合もあります。

 

赤沈が促進するのは

赤血球の凝集は、血漿タンパクの荷電状態の変化と密接な関係があります。

陽性荷電のグロブリン、フィブリノーゲンが増加すると、赤血球の陰性荷電を放電させて血球の凝集は早く起こり、赤沈は促進します。逆に、アリブミンは陰性に荷電して、凝集阻止の作用をします。

また、この反応は赤血球の状態にも関係があり、高度の赤血球減少またはヘモグロビン減少によって促進をきたしますが、軽度の貧血では影響はありません。

赤沈は、生体内の代謝障害や組織の破壊吸収の異常を反映して促進する非特異反応です(表1表2表3)。

表1赤沈が促進または遅延する疾患または病態

赤沈が促進または遅延する疾患または病態

 

表2赤沈に影響する因子

赤沈に影響する因子

 

表3赤沈に影響する病態

赤沈に影響する病態

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 体温測定の意義と注意点は? [04/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温測定時の意義と注意点について解説します。 〈目次〉 体温測定の意義 体温計の種類 腋窩検温 直腸検温 耳式検温 口腔検温   ... [ 記事を読む ]

  • 赤沈測定時は、3.8%のクエン酸ナトリウムが0.4mLで血液1.6mLとするのはなぜ? [06/16up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は赤血球沈降速度測定に関するQ&Aです。 赤血球沈降速度測定時は、3.8%のクエン酸ナトリウムが0.4mLで血液1.6mLとするのはなぜ? 抗凝固剤として血液の割... [ 記事を読む ]

  • 赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ? [06/09up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は赤血球沈降速度(赤沈)に関するQ&Aです。 赤血球沈降速度測定時、3.8%のクエン酸ナトリウムを用いるのはなぜ? 血液を凝固させると赤血球沈降速度(赤沈)は測定...

  • 採血した血液が時間とともに分離するのはなぜ? [06/02up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血液凝固に関するQ&Aです。 採血した血液が時間とともに分離するのはなぜ? 血液は採血されて、血管から外へ出ると凝固し、血餅と血清に分離するためです。 ... [ 記事を読む ]

  • 血管迷走神経反射はなぜ起こるの? [05/26up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血管迷走神経反射に関するQ&Aです。 血管迷走神経反射はなぜ起こるの? 痛みに対して急性の自律神経失調が起こり、脳循環障害を発症するためです。 血管迷... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

点滴ルート固定「どうしても落ちないとき」の工夫

「どうしても落ちないときのちょっとしたコツ」を伝授します! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

勤務中によくなくすものは?

投票数:
1001
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
880
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
544
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
379
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
598
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者436

87歳女性のAさんは、5年前からアルツハイマー型認知症があり、現在FAST stage6です。食欲不振にて入院となりました。時々、昼夜問わず病室の前をうろうろしており、トイレの場所が分からないのかと思い、トイレに誘導しましたが、便器の前で立ったままそわそわしています。「ズボンを下ろしましょう」と次の動作を伝えると排泄動作を行うことができました。 下線の状況から最も考えられる認知症の中核症状は、以下の選択肢のうちどれでしょうか?

  • 1.記憶障害
  • 2.失行
  • 3.実行機能障害
  • 4.失認
今日のクイズに挑戦!