1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ?

2018年02月17日

血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は血液製剤に関するQ&Aです。

血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ?

保存する血液の成分によって、生体内における寿命や保存による劣化があり、機能を維持するための最適な温度が異なるためです。

 

〈目次〉

 

現在の血液製剤は

輸血は以前、新鮮血輸血を行っていましたが、現在では自己血輸血の新鮮血以外は成分輸血が大部分です。

 

赤血球製剤の保存方法は

赤血球製剤は温度が上昇することによって、赤血球の代謝が活発となり、酵素活性の上昇に伴ってATPの消費が増加し、赤血球の変形を来たします。

反対に低温(2~6℃)下では赤血球の代謝率の低下やブドウ糖やATPの消費減少などがみられ長期保存が可能となります。さらに保存液中にマンニトール、ブドウ糖、アデニンなどが入った赤血球濃厚液-LR製剤では、ATPや2,3-DPGの低下を最小限に押さえ、赤血球機能をより長く維持する効果があります。ただし2~6℃より低く凍結状態にすると使用時に溶血してしまうため、凍結しない程度の低温保存が最適となっています。

また、血小板製剤では反対に低温保存すると活性化が進み、(生体内寿命)が短くなり、さらに止血効果の低下を示すため、室温(20~24℃)で振とうを加えて保存します。

血漿は凍結(-20℃以下)で長期間(1年)の保存が可能となっています。

 

血小板製剤の保存期間

血小板は赤血球に比べ生体内における寿命が短く(約10日間)、また保存によって劣化が早いため、血小板製剤の保存期間は採血後4日以内と短くなっています。

保存温度や保存方法も前述したように他の血液製剤と異なり、20~24℃振とうした状態で保存しますが、低温保存では血小板の活性化が進み形態的変化を起こし、生体内での生存能力(生体内寿命)の短縮がみられ、さらに低温下長時間保存では止血効果の低下が認められます。

また、振とうを加えず、静止状態での保存ではpHの低下に伴って凝集能の低下がみられます(静置状態での保存でも6時間程度までは変化は少ないと考えられています)。

このため血小板製剤は供給後速やかな使用が推奨され、さらに使用における適応も厳格となっています。

 

memo
  • 新鮮血:採血後72時間以内のものを新鮮血といいます。血小板や各凝固因子は補給可能ですが、感染症不規則抗体に対する検査が不十分と危険性があります。
  • 保存血:採血後2~6℃で保存され、4日以降21日が使用期限と決められています。梅毒、肝炎、マラリアなどの感染症の検査は行われていますが、血小板は消失し、凝固因子などは減少します。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1283
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1271
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1162
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1152
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1061
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
877
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
259
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2222

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!