1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 呼吸測定時、患者に気づかれないようにして測定するのはなぜ?|呼吸のメカニズム

2016年06月07日

呼吸測定時、患者に気づかれないようにして測定するのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は呼吸のメカニズムに関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

呼吸測定時、患者に気づかれないようにして測定するのはなぜ?

呼吸の周期は意識的に変えることができるためです。

 

〈目次〉

 

呼吸のメカニズムは

呼吸とは、代謝に必要な酸素を各器官の細胞に供給し、代謝によって生じた二酸化炭素を排出することをいい、外呼吸内呼吸がある。外呼吸とは肺胞内の空気と血液との間でのガス交換のことで、内呼吸とは血液と組織細胞との間での酸素と二酸化炭素の交換をいいます。

安静時の正常呼吸は、成人の場合、1分間に12~20回/分の頻度です。450mLくらいの空気の吸息(1回換気量)と、呼息を無意識のうちに周期的にくり返しています。その意味では、心臓の収縮運動に似ていますが、心臓と異なり、肺の組織自身には肺胞を拡げたり縮めたりする筋肉はありません。

実際には、横隔膜の収縮や外肋間筋の収縮によって、胸腔が拡げられたときに肺は膨らみ、これらの筋肉が弛緩したときに縮みます(図1)。

図1呼吸運動にかかわる筋と呼吸運動

呼吸運動にかかわる筋と呼吸運動

 

横隔膜や外肋間筋は自動能をもたない骨格筋であるので、これらの筋肉を支配する運動ニューロンからインパルス(活動電位)がこなければ収縮しません。呼吸の周期性形成に関与する中枢は延髄にあります。そこからインパルスが周期的に出ていて、それにより吸息と呼息が周期的にくり返されているわけです(図2)。

図2延髄の呼吸中枢から呼吸筋への神経経路

延髄の呼吸中枢から呼吸筋への神経経路

 

この呼吸中枢には、吸息筋を支配する運動ニューロンに興奮性のインパルスを送る吸息ニューロンと、呼息筋を支配する運動ニューロンにインパルスを送る呼息ニューロンとがあります。吸息ニューロンは、心臓と同じように周期的な興奮をくり返す性質があります。

 

意識的に呼吸の周期を変えることができるのは

基本的には、呼吸の自動性周期性は、この吸息ニューロンの働きによります。

この活動はさらに上位の中枢や末梢の受容器からの信号に多くの影響を受けるため、意識的に呼吸の周期を変えることが可能となります。

正確に呼吸測定をするには、患者に呼吸に対して意識させないことが重要です。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 激しい運動後などは、呼吸が速く、深くなるのはなぜ? [06/14up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸運動の調節に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   激しい運動後などは、呼吸が速く、深くなるのはなぜ? 筋運動によって、筋お... [ 記事を読む ]

  • 年齢により呼吸数が異なるのはなぜ? [06/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は年齢による呼吸数の変化に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   年齢により呼吸数が異なるのはなぜ? 新生児から学童期までは肺の発... [ 記事を読む ]

  • 呼吸測定時、患者に気づかれないようにして測定するのはなぜ? [06/07up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸のメカニズムに関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   呼吸測定時、患者に気づかれないようにして測定するのはなぜ? 呼吸の周期...

  • 運動、食事、入浴、精神感動などにより、 脈拍数が違うのはなぜ? [05/31up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は運動などによる脈拍数の変化に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   運動、食事、入浴、精神感動などにより、脈拍数が違うのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

  • 年齢により脈拍数が違うのはなぜ? [05/27up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は年齢と脈拍数の関係についてのQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   年齢により脈拍数が違うのはなぜ? 新生児から小・中学生までは基礎代... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 慢性過敏性肺炎患者さんの聴診音 [08/01up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • NO吸入療法の開始及び中止基準は?回路の構造は? [09/12up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「NO吸入療法」に関するQ&Aです。   三浦規雅 東京都立小児総合医療センターPICU主任   NO吸入療法の開始および中止基準は? 回路の構... [ 記事を読む ]

  • 呼吸リハビリテーションは、どんな人に対して行うの? [11/27up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「呼吸リハビリテーション」に関するQ&Aです。   小松由佳 杏林大学医学部付属病院看護部   呼吸リハビリテーションは、どんな人に対して行うの... [ 記事を読む ]

  • 声を聴診する特殊な口腔聴診 [08/23up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第3話は... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸器装着患者に対する過度の安静は、なぜ悪いの? [12/18up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸器装着患者に対する過度の安静」に関するQ&Aです。   下地大輔 東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科   人工呼吸器装着患者に... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1380
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1360
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1179
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1101
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
941
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
848
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者566

◆看護技術・救急の問題◆気管挿管の介助で正しいのはどれでしょうか?

  • 1.標準的な成人男性に使用する挿管チューブの内径の太さは8.0~8.5mmである。
  • 2.成人の場合は、肩の下に枕を入れて声門が確認しやすい体位にする。
  • 3.挿管チューブは、パイロットバルーン内をカフ圧系で35cmH2Oに調整した。
  • 4.挿管後の聴診は、まず左右の呼吸音を聴いてから心窩部を聴く。
今日のクイズに挑戦!