1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 心臓の神経支配と心臓反射|循環

2016年08月02日

心臓の神経支配と心臓反射|循環

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

心筋の収縮

今回は、心臓の神経支配と心臓反射について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

Summary

  • 心臓は自動的に拍動能力をもつが、心臓神経(交感神経と副交感神経)によって調節されている。心臓神経の中枢(心臓中枢)は延髄にある。
  • 心臓中枢は、身体各部からの情報を感知するとその情報に応じてただちに心臓を調節する。これを心臓反射という。
  • 心臓反射には、ベーンブリッジ反射、大動脈神経反射、頚動脈小体反射、眼心反射などがある。
  • 心臓中枢は高位中枢からの影響も受けている。

 

〈目次〉

 

心臓神経支配

心臓は自動能をもつので自発的に拍動することができるが、その拍動は自律神経によって調節されている。心臓に分布している神経を心臓神経といい、心臓交感神経(以下交感神経)と心臓副交感神経(以下副交感神経)がある。心臓神経の中枢は延髄にある。

交感神経活動の亢進は、心拍数増加、心筋収縮力増強、刺激伝導系の伝導速度の促進をもたらし、副交感神経の亢進は、心拍数減少、心筋収縮力低下、刺激伝導系の伝導速度の遅延といった抑制作用をもたらす。運動や興奮したとき心拍数が増加するのは交感神経活動亢進による。

 

心臓反射

心臓中枢は、身体の各部分から送られて来る情報を受け取り体内の状況を感知する。すると状況に応じてただちに(反射的に)それに対応するように心臓神経を介して心臓調節を行う。それを心臓反射という。

主な心臓反射には次のようなものがある。

図1心臓の神経支配と心臓反射

心臓の神経支配と心臓反射

①頚動脈洞神経反射、頚動脈小体反射
②ベーンブリッジ反射
③大動脈神経反射

(山本敏行、鈴木泰三:新しい解剖生理学.改訂第11版、南江堂、2005より改変)

 

頚動脈小体反射(化学受容器反射)(図1-①)

頚動脈洞のすぐ近くにある頚動脈小体と大動脈弓壁にある大動脈小体には、血液の化学組成を感知する化学受容器( chemoreceptor )がある。化学受容器は血液中のCO2濃度が増加するとそれを感知して心臓中枢にその情報を送り、反射的に心拍数を増加させることによりCO2を排出させるように働く。

 

ベーンブリッジ反射 〔 Bainbridge's reflex 〕(図1-②)

この反射装置は右心房壁にある。心房に入る血液量が増え心房壁が伸ばされると、それを感知して反射的に心拍数を増加して、心房内の血液を早く動脈内に押し込もうとする。この反射機構をベーンブリッジ反射という。

 

大動脈神経反射、頚動脈洞神経反射(圧受容器反射)(図1-③)

大動脈弓や頚動脈洞には(内頚動脈の起始部にある)血圧を感知する圧受容器 baroreceptor がある。血圧が上昇すると圧受容器はそれを感知して心臓中枢に伝える。すると副交感神経を介して反射的に心拍数を減少させ、血圧を下げるように働く反射機構である。

 

眼心反射(眼球心臓反射またはアシュネル反射)

眼球を強く圧迫すると心拍数が減少する。これを眼心反射眼球心臓反射またはアシュネル反射 Aschner's reflex )という。これは三叉神経第1枝(眼神経)から三叉神経、迷走神経中枢を介して心臓を抑制することによると考えられている。

 

呼吸からの反射

呼吸によっても心拍数は変化し、吸息のときは心拍数増加、呼息のときは減少する。このような呼吸による変化を呼吸性不整脈という。

これは呼吸中枢からの情報を心臓中枢が受けて、心臓神経を介して反射的に心拍数を変化させる。

 

高位中枢からの影響

怒りや精神的興奮は、心拍数を増す。これは、高位中枢から心臓中枢、心臓神経を介した反応である。

 

〈次回〉

血管の構造と機能

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 血液の分配と微小循環|循環 [08/07up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血管の構造と機能 今回は、血液の分配と微小循環について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 血管の構造と機能|循環 [08/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心臓の神経支配と心臓反射 今回は、血管の構造と機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立... [ 記事を読む ]

  • 心臓の神経支配と心臓反射|循環 [08/02up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心筋の収縮 今回は、心臓の神経支配と心臓反射について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医...

  • 心筋の収縮|循環 [07/31up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心電図 今回は、心筋の収縮について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • 心電図|循環 [07/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 刺激伝導系と心拍動の自動性 今回は、心電図について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 大動脈弁狭窄症(AS)とは? [01/21up]

    『循環器ナーシング』2014年12月号<今,増えている高齢者大動脈弁狭窄症を識る!>より抜粋。 大動脈弁狭窄症(AS)について解説します。 Point 大動脈弁狭窄症は,何らかの原因で大動脈弁口が狭くなり,左... [ 記事を読む ]

  • WPW症候群 [12/07up]

    『循環器ナーシング』2011年9月号<基礎から学び看護に活かす心電図・不整脈の3ステップ >より抜粋。 WPW症候群について解説します。   Point WPW症候群の心電図の洞調律時,発作性上室頻拍(... [ 記事を読む ]

  • 心臓の構造 [04/26up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「心臓の構造」について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.心臓 2.冠動脈   ... [ 記事を読む ]

  • ペースメーカーの心電図 [01/14up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、ペースメーカーの心電図について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈前回の内容〉 ペースメーカーの種類と適応 ... [ 記事を読む ]

  • カテーテル前の看護ケアのポイントは? [07/24up]

    『循環器ナーシング』2014年7月号<ギモン解決!!カテーテル検査・治療Q&A>より抜粋。 カテーテル検査・治療前の看護ケアのポイントについて解説します。   Point 情報収集は,検査・治療に対する... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1249
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1197
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1044
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1025
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
901
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
750
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3315

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!