1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 心臓の神経支配と心臓反射|循環

2016年08月02日

心臓の神経支配と心臓反射|循環

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

心筋の収縮

今回は、心臓の神経支配と心臓反射について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

Summary

  • 心臓は自動的に拍動能力をもつが、心臓神経(交感神経と副交感神経)によって調節されている。心臓神経の中枢(心臓中枢)は延髄にある。
  • 心臓中枢は、身体各部からの情報を感知するとその情報に応じてただちに心臓を調節する。これを心臓反射という。
  • 心臓反射には、ベーンブリッジ反射、大動脈神経反射、頚動脈小体反射、眼心反射などがある。
  • 心臓中枢は高位中枢からの影響も受けている。

 

〈目次〉

 

心臓神経支配

心臓は自動能をもつので自発的に拍動することができるが、その拍動は自律神経によって調節されている。心臓に分布している神経を心臓神経といい、心臓交感神経(以下交感神経)と心臓副交感神経(以下副交感神経)がある。心臓神経の中枢は延髄にある。

交感神経活動の亢進は、心拍数増加、心筋収縮力増強、刺激伝導系の伝導速度の促進をもたらし、副交感神経の亢進は、心拍数減少、心筋収縮力低下、刺激伝導系の伝導速度の遅延といった抑制作用をもたらす。運動や興奮したとき心拍数が増加するのは交感神経活動亢進による。

 

心臓反射

心臓中枢は、身体の各部分から送られて来る情報を受け取り体内の状況を感知する。すると状況に応じてただちに(反射的に)それに対応するように心臓神経を介して心臓調節を行う。それを心臓反射という。

主な心臓反射には次のようなものがある。

図1心臓の神経支配と心臓反射

心臓の神経支配と心臓反射

①頚動脈洞神経反射、頚動脈小体反射
②ベーンブリッジ反射
③大動脈神経反射

(山本敏行、鈴木泰三:新しい解剖生理学.改訂第11版、南江堂、2005より改変)

 

頚動脈小体反射(化学受容器反射)(図1-①)

頚動脈洞のすぐ近くにある頚動脈小体と大動脈弓壁にある大動脈小体には、血液の化学組成を感知する化学受容器( chemoreceptor )がある。化学受容器は血液中のCO2濃度が増加するとそれを感知して心臓中枢にその情報を送り、反射的に心拍数を増加させることによりCO2を排出させるように働く。

 

ベーンブリッジ反射 〔 Bainbridge's reflex 〕(図1-②)

この反射装置は右心房壁にある。心房に入る血液量が増え心房壁が伸ばされると、それを感知して反射的に心拍数を増加して、心房内の血液を早く動脈内に押し込もうとする。この反射機構をベーンブリッジ反射という。

 

大動脈神経反射、頚動脈洞神経反射(圧受容器反射)(図1-③)

大動脈弓や頚動脈洞には(内頚動脈の起始部にある)血圧を感知する圧受容器 baroreceptor がある。血圧が上昇すると圧受容器はそれを感知して心臓中枢に伝える。すると副交感神経を介して反射的に心拍数を減少させ、血圧を下げるように働く反射機構である。

 

眼心反射(眼球心臓反射またはアシュネル反射)

眼球を強く圧迫すると心拍数が減少する。これを眼心反射眼球心臓反射またはアシュネル反射 Aschner's reflex )という。これは三叉神経第1枝(眼神経)から三叉神経、迷走神経中枢を介して心臓を抑制することによると考えられている。

 

呼吸からの反射

呼吸によっても心拍数は変化し、吸息のときは心拍数増加、呼息のときは減少する。このような呼吸による変化を呼吸性不整脈という。

これは呼吸中枢からの情報を心臓中枢が受けて、心臓神経を介して反射的に心拍数を変化させる。

 

高位中枢からの影響

怒りや精神的興奮は、心拍数を増す。これは、高位中枢から心臓中枢、心臓神経を介した反応である。

 

〈次回〉

血管の構造と機能

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 血液の分配と微小循環|循環 [08/07up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血管の構造と機能 今回は、血液の分配と微小循環について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 血管の構造と機能|循環 [08/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心臓の神経支配と心臓反射 今回は、血管の構造と機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立... [ 記事を読む ]

  • 心臓の神経支配と心臓反射|循環 [08/02up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心筋の収縮 今回は、心臓の神経支配と心臓反射について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医...

  • 心筋の収縮|循環 [07/31up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心電図 今回は、心筋の収縮について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • 心電図|循環 [07/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 刺激伝導系と心拍動の自動性 今回は、心電図について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心不全-病態生理・検査・治療 [12/15up]

    『循環器ナーシング』2015年3月号<「おさらい」で看護力UP!3大疾患 総復習>より抜粋。 心不全-病態生理・検査・治療-について解説します。 Point 心機能異常は大きく分けて3つ,「収縮障害」「拡張障... [ 記事を読む ]

  • 運動や体位によって血圧はどう変化するの? [07/14up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 高血圧はなぜ起きるの? 今回は「血圧の変化」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 経皮的心肺補助装置:PCPS | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [10/22up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は経皮的心肺補助装置(PCPS)について説明します。   景山倫也 獨協医科大学医学部心臓・血管内科学助教 井上晃男 獨協医科大学医学部心臓・血... [ 記事を読む ]

  • 肺循環と体循環の違いは? [05/13up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 循環とはなんだろう? 今回は「肺循環と体循環」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ... [ 記事を読む ]

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

人気ドラマ「ドクターX」を題材に、医療知識をたのしく学ぶ! [ 記事を読む ]

摘便のコツは?体位や禁忌など注意点は?

摘便のコツや注意点をイラストでわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1384
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1266
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1170
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
1064
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
951
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
556
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6264

◆周術期の問題◆あなたは明日、腹腔鏡下胃全摘術の手術を受ける67歳男性の術前訪問に来ています。以下のうち、術前訪問について誤った行動はどれでしょうか?

  • 1.過度の不安は麻酔に影響するため、術式、手術体位などは患者さんから聞かれない場合は説明しない。
  • 2.手術を受けるに当たって不安はないか確認する。
  • 3.自己紹介を行い、手術を担当する受け持ち看護師であることを伝える。
  • 4.術前訪問では、アレルギーや既往歴などのAMPLE聴取を行う。
今日のクイズに挑戦!