1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 脊髄の機能(2)|神経系の機能

2016年05月19日

脊髄の機能(2)|神経系の機能

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

脊髄の機能(1)

今回は、脊髄の機能についての解説の2回目です。

 

Summary

  • 反射とは、刺激に対して無意識的に(大脳皮質を介さない)反応することである。
  • 脊髄反射は、末梢からの刺激情報が求心路(知覚神経)によって脊髄の反射中枢に達すると、反射的に遠心路(運動神経)を介して支配筋肉にその情報を伝え収縮させる。
  • 刺激情報伝導路を反射弓という。膝蓋腱反射は最も単純な反射弓の例である。
  • 反射には、体性神経系の反射と自律神経系の反射がある。

 

脊髄反射〔 spinal reflex 〕

脊髄のもう1つの重要な機能は反射である。末梢からの刺激情報が求心路(知覚神経)によって脊髄の反射中枢に達する。

すると意志とは関係なく無意識に(大脳皮質を介することなく)、反射的にただちに遠心路(運動神経)を介してその刺激情報を末梢に伝え、支配筋を収縮させたり、腺分泌を行う。これを脊髄反射という。この刺激情報伝導経路を反射弓 reflex arc という。

膝蓋腱(しつがいけん)反射 patellar reflex (図1)は、最も単純な反射弓の例であり、腰をかけて下腿を垂らせた姿勢または仰臥位で膝を曲げて組んだ姿勢で、膝蓋腱をハンマーで打つ。すると大腿四頭筋が収縮して下腿が跳ね上がる。この反射を膝蓋腱反射という。

 

図1膝蓋腱反射

膝蓋腱反射

 

反射には、体性神経系の反射 somatic reflex と自律神経系の反射 autonomic reflex とがある。体性神経反射には、熱いものに手を触れるととっさに手を引っ込めるなどの骨格筋の反射がある。これは反射的に手を引っ込めるもので、その後、大脳皮質が熱さを感じる。膝蓋腱反射 patellar reflex も脊髄反射の例である。脊髄反射には、脳が関与する場合もある。

例えば多くの異なった刺激情報がやってきたとき、その反射反応には的確さを要する場合がある。このような場合、情報を判断するために脳が関与する。

自律神経反射(または内臓神経反射ともよばれる)は、唾液を分泌する反射(唾液分泌反射)や瞳孔の大きさを変化させる反射(瞳孔反射)、くしゃみなどがある。血圧、発汗、消化、排泄なども自律神経系反射で調節されている。

NursingEye

反射の検査は、神経系の状態を把握するうえで重要である。腱反射の減衰は、末梢神経炎、反射中枢部の脊髄炎など、反射弓のどこか、または上位中枢に障害があるためと考えられる。

一方、腱反射の亢進は、反射中枢における興奮性上昇、または脳内出血など反射中枢に障害が生じたため、反射中枢への抑制が減少または促進的影響が増大したためと考えられる。

 

〈次回〉

末梢神経系

⇒〔ワンポイント生理学一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版図解ワンポイント生理学』(著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 自律神経系|神経系の機能 [05/26up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 末梢神経系 今回は、自律神経系について解説します。   Summary 自律神経系は支配臓器に至るまでの間に... [ 記事を読む ]

  • 末梢神経系|神経系の機能 [05/22up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脊髄の機能(2) 今回は、末梢神経系について解説します。   Summary 末梢神経系は、自律神経系と体性... [ 記事を読む ]

  • 脊髄の機能(2)|神経系の機能 [05/19up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脊髄の機能(1) 今回は、脊髄の機能についての解説の2回目です。   Summary 反射とは、刺激に対して...

  • 脊髄の機能(1)|神経系の機能 [05/15up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脳波 今回は、脊髄の機能についての解説の1回目です。   Summary 脊髄の重要な機能は、①脳からの情報... [ 記事を読む ]

  • 脳波|神経系の機能 [05/12up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脳室と脳脊髄液 今回は、脳波について解説します。   Summary 脳の表面に電極を当てて脳の電気活動を記... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • JCS(ジャパン・コーマ・スケール)|知っておきたい臨床で使う指標[1] [05/26up]

    臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つ。毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方について解説します。 根本 学 埼玉医科大学国際医療センター 救命... [ 記事を読む ]

  • 血糖値・血圧・体液の調節|調節する(4) [09/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) 解剖生理学の面白さを知... [ 記事を読む ]

  • 脳卒中【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【20】 [11/28up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 脳波って何? [11/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳波」に関するQ&Aです。 脳波って何? 大脳皮質からは常に微弱な電気信号が出されており、大脳の働きや精神状態によってその周波数が微妙に変化しています。この電気信号... [ 記事を読む ]

  • 脳神経外科術後の看護ポイント [10/09up]

    脳神経外科看護の専門誌『BRAIN』2013年第1号<脳神経外科手術の合併症と術後ケア>より抜粋。 脳神経外科術後の看護ポイントについて解説します。   Point 正確にフィジカルアセスメントを行い,... [ 記事を読む ]

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1084
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1087
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1139
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1024
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
988
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
801
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
532
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3570

Bさんは独居の80歳代男性です。発熱のため、精査入院となりました。既往歴は糖尿病で、持参薬は3種類でした。担当看護師が、Bさんの持参薬を確認し、持参薬確認報告書を作成して主治医に提出しました。主治医からは、糖尿病治療薬を中止し、インスリンスケール対応とする指示を受けました。担当看護師は、Bさんの認知機能が良好であったことから持参薬の自己管理は可能であると判断しました。そこで、Bさんに糖尿病治療薬の服用中止を口頭で伝え、持参薬を自分で管理してもらうことにしました。その2日後、担当薬剤師がBさんに服薬確認したところ、服用中止のはずの糖尿病治療薬を現在も服用していることが分かりました。今後のBさんの服薬管理について、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.Bさんにもう一度服薬指導をする。
  • 2.自己管理は中止し、看護師管理とする。
  • 3.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は付箋を貼って分かるようにした。
  • 4.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は看護師が預かった。
今日のクイズに挑戦!