1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 脊髄の機能(2)|神経系の機能

2016年05月19日

脊髄の機能(2)|神経系の機能

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

脊髄の機能(1)

今回は、脊髄の機能についての解説の2回目です。

 

Summary

  • 反射とは、刺激に対して無意識的に(大脳皮質を介さない)反応することである。
  • 脊髄反射は、末梢からの刺激情報が求心路(知覚神経)によって脊髄の反射中枢に達すると、反射的に遠心路(運動神経)を介して支配筋肉にその情報を伝え収縮させる。
  • 刺激情報伝導路を反射弓という。膝蓋腱反射は最も単純な反射弓の例である。
  • 反射には、体性神経系の反射と自律神経系の反射がある。

 

脊髄反射〔 spinal reflex 〕

脊髄のもう1つの重要な機能は反射である。末梢からの刺激情報が求心路(知覚神経)によって脊髄の反射中枢に達する。

すると意志とは関係なく無意識に(大脳皮質を介することなく)、反射的にただちに遠心路(運動神経)を介してその刺激情報を末梢に伝え、支配筋を収縮させたり、腺分泌を行う。これを脊髄反射という。この刺激情報伝導経路を反射弓 reflex arc という。

膝蓋腱(しつがいけん)反射 patellar reflex (図1)は、最も単純な反射弓の例であり、腰をかけて下腿を垂らせた姿勢または仰臥位で膝を曲げて組んだ姿勢で、膝蓋腱をハンマーで打つ。すると大腿四頭筋が収縮して下腿が跳ね上がる。この反射を膝蓋腱反射という。

 

図1膝蓋腱反射

膝蓋腱反射

 

反射には、体性神経系の反射 somatic reflex と自律神経系の反射 autonomic reflex とがある。体性神経反射には、熱いものに手を触れるととっさに手を引っ込めるなどの骨格筋の反射がある。これは反射的に手を引っ込めるもので、その後、大脳皮質が熱さを感じる。膝蓋腱反射 patellar reflex も脊髄反射の例である。脊髄反射には、脳が関与する場合もある。

例えば多くの異なった刺激情報がやってきたとき、その反射反応には的確さを要する場合がある。このような場合、情報を判断するために脳が関与する。

自律神経反射(または内臓神経反射ともよばれる)は、唾液を分泌する反射(唾液分泌反射)や瞳孔の大きさを変化させる反射(瞳孔反射)、くしゃみなどがある。血圧、発汗、消化、排泄なども自律神経系反射で調節されている。

NursingEye

反射の検査は、神経系の状態を把握するうえで重要である。腱反射の減衰は、末梢神経炎、反射中枢部の脊髄炎など、反射弓のどこか、または上位中枢に障害があるためと考えられる。

一方、腱反射の亢進は、反射中枢における興奮性上昇、または脳内出血など反射中枢に障害が生じたため、反射中枢への抑制が減少または促進的影響が増大したためと考えられる。

 

〈次回〉

末梢神経系

⇒〔ワンポイント生理学一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版図解ワンポイント生理学』(著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 自律神経系|神経系の機能 [05/26up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 末梢神経系 今回は、自律神経系について解説します。   Summary 自律神経系は支配臓器に至るまでの間に... [ 記事を読む ]

  • 末梢神経系|神経系の機能 [05/22up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脊髄の機能(2) 今回は、末梢神経系について解説します。   Summary 末梢神経系は、自律神経系と体性... [ 記事を読む ]

  • 脊髄の機能(2)|神経系の機能 [05/19up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脊髄の機能(1) 今回は、脊髄の機能についての解説の2回目です。   Summary 反射とは、刺激に対して...

  • 脊髄の機能(1)|神経系の機能 [05/15up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脳波 今回は、脊髄の機能についての解説の1回目です。   Summary 脊髄の重要な機能は、①脳からの情報... [ 記事を読む ]

  • 脳波|神経系の機能 [05/12up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脳室と脳脊髄液 今回は、脳波について解説します。   Summary 脳の表面に電極を当てて脳の電気活動を記... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) [08/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 情報を伝える神経伝達物質|調節する(2) 解剖生理学の面白さを知る... [ 記事を読む ]

  • 髄膜刺激症状の診察 [06/09up]

    『BRAIN』2012年第6号<“なんとなく”はもう卒業! 今日からわかる神経所見のとり方>より抜粋。 髄膜刺激症状の診察について解説します。 Point 髄膜は,①硬膜,②くも膜,③軟膜の3層により形成され... [ 記事を読む ]

  • 脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血の治療・看護 [02/11up]

    『BRAIN』2011年11月号<基礎力を高める! 脳血管障害看護のトピックス(後編)>より抜粋。 脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血の治療・看護 について解説します。   Point 脳動脈瘤破裂による神... [ 記事を読む ]

  • 脳梗塞患者に対するtPA療法 ナースでも初期評価は可能? [12/06up]

    脳梗塞は、脳の動脈内に血栓が生じ、動脈を詰まらせてしまう疾患。脳細胞の壊死発生を抑えるもしくは壊死の範囲を最小限にするためには、できるだけ早い段階で血栓を溶かし、血流を再開させる必要があるのはご存じの通りです。   一刻... [ 記事を読む ]

  • 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? [11/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? 脳は覚醒時でも睡眠時でも、常に一定の代謝活動を行っているので、血液を大量に必要とする臓... [ 記事を読む ]

いちおし記事

知らないでは済まされない「LGBT」のこと

「目の前の患者さんはLGBTかもしれない」看護師が知っておくべきこと [ 記事を読む ]

院内感染対策

感染対策のキホンをおさらい。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
942
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
918
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
875
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
667
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日

つばを吐きかけた患者に平手し減給処分。同じ看護師としてどう思う?

投票数:
662
実施期間:
2018年10月17日 2018年11月07日

看護実習、ブラックだった?

投票数:
669
実施期間:
2018年10月18日 2018年11月08日

ナース服を洗濯する頻度は?

投票数:
623
実施期間:
2018年10月19日 2018年11月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者144

「スポルディングの分類」についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.軟性内視鏡はクリティカル器材のため、滅菌を行う。
  • 2.手術用器械はセミクリティカル器材のため、高水準消毒を行う。
  • 3.便器はノンクリティカル器材のため、低水準消毒を行う。
  • 4.ネブライザーはノンクリティカル器材のため、高水準消毒を行う。
今日のクイズに挑戦!