1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 今だから言える!新人さんへのアドバイス|教えて先輩ナース!vol.7

2013年03月25日

今だから言える!新人さんへのアドバイス|教えて先輩ナース!vol.7

 

入職前にダウンロードしておこう!

看護師70万人が使ってる

☆ナスカレ☆【シフト管理アプリ】

スケジュール入力とシフトの共有が簡単!

 

この春入職予定のプレナースに向けてお役立ち情報をお届けしてきたこのシリーズ。
いよいよ今回が最終回です!

どんなベテランナースだって最初はみんな新人。先輩たちに入職当時を思い出して【今だから言える。新人さんへのアドバイス】を聞いてみました!

 

今だから言える。新人ナースへのアドバイス

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 教えて先輩ナース!~vol.7「新人さんへのアドバイス」

「分かりません」という勇気をもって!

先輩ナースによると、一番やっかいなのは「わかっているように見えて実はわかってない新人」だそう。

誰だって最初は分からなくて当たり前。完璧な新人さんなんていません。

たとえ嫌な顔をされても、分からないことはしつこく先輩に聞いちゃいましょう!

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 教えて先輩ナース!~vol.7「新人さんへのアドバイス」

・どんな小さなことでも自己判断せずに先輩に一声かける習慣をつけましょう。自分で抱え込もうとする人よりも、いちいち先輩を頼って来る人が結局成長するし、かわいがられます。(精神科・15年目)

・「分かりません」「できません」が許されるのは新人のうちだけ。聞けるうちに堂々と質問しまくりましょう!(外科・4年目)

・何か不安な事があれば、すぐに報告・連絡・相談した方が絶対に良いです!その方が、患者さんに迷惑や不安を与える事もなく、先輩スタッフも接しやすく、指導がしやすいので。(泌尿器科・6年目)

 

興味がもてなくても焦らないこと

リアリティーショック」という言葉、聞いたことのある人も多いのでは?


念願の看護師になったものの、「こんなハズじゃなかった」と自信をなくしたり、早々に仕事に対する興味を失ってしまう新人さんは少ないよう・・・というか、先輩によるとみんな一度は「自分は看護師に向いてないかも」と悩んでいるみたいです。

 

・はっきり言って先輩たちはメチャクチャこわいです。最初の1年はツライことばっかりだけど、絶対楽しくなるから辞めないほうがいいです。(皮膚科・6年目)

 

・新人の頃は自分がテキパキ処理できる日が来るとは到底思えなくて、出勤するのが本当に憂鬱でした。でも先輩に「テキパキするよりも大切なことがあるよ」って言われてから、ちょっと気持ちが楽に。不思議とそれからはダンドリよく動けるようになりました。(外科・4年目)

・私の場合、仕事が面白いと思えるまで8年かかりました。看護師は一生できる仕事。長い道の一歩を踏み出したと思って気楽にどうぞ。(美容クリニック・8年目)

・患者さんとうまくコミュニケーションがとれなかったり、先輩によって言うことが違ったり。体力的にもきつくて、最初の1年は毎日辞めたいって思ってました。でも今思えばどんな経験も無駄じゃなかったです。怒られながらやってるうちに、できることが増えたり、きついことがあっても耐性ができてきたり(笑)。つらいときは「今が一番大変。1ヵ月後はもうちょっとマシになってるはず」と思って、あと1ヶ月頑張れ!!(神経科・5年目)

先輩たちが仕事に行きづまった時、助けてくれたのは家族や同僚、学生時代のつながりだったという声が多く寄せられました。皆さんも今のつながりはもちろん、社会人としてこれから築いていくつながりも大切にしてくださいね。
 

プライベートも大切に!

オンでもオフでもキラキラしてる女性って憧れますよね。

「最初のうちは休みの日もぐったり…」とふり返る先輩が多かったですが、できればちょっとした楽しみを見つけたいもの。
ストレスの多い仕事だからこそ、自分なりのリフレッシュ法を見つけましょ♪

 

オフも充実している人の方が、仕事もうまくいってる気がする。仕事ばっかりでメリハリがないとやっていけないんじゃないかな?患者さんの前で笑顔でいられるように、うまく気分転換しながら頑張ってください。(混合病棟・8年目)

 

休みの日に楽しみがあると1週間頑張れるので、ちょっとしたご褒美(あのカフェ行ってみようとか、ワンピ買っちゃえとか)を用意しておくのがオススメ!(緊急外来・3年目)



先輩たちからの熱いエール、届きましたか?

最後にとても愛のこもったメッセージをご紹介しましょう。

「最初はうまくいかなくて落ち込むことが多いと思います。でも落ち込むのはそれだけ良い看護師になりたいと思っている証拠。先輩ヅラしてる私達だって後悔することも悩むこともいっぱいあります。看護に正解はありません。患者さんの心の声を聞けるような看護師になれるよう、一緒にがんばりましょう。」(血液内科・9年目)


さぁ、もうすぐ4月。今年も全国で5万人の新人さんがナースデビューします。


看護roo!は、皆さんがイキイキと活躍されることを応援し続けます!!
 


【教えて先輩ナース!他の記事】

vol.1 入職までにしておいてよかったこと

vol.2 春休みに勉強しといて良かったこと・無駄になったこと

vol.3 準備しておいたほうがいいナースグッズは?

vol.4 もし新人に戻れたら、何科を希望する?

vol.5 新人が入ってきて1番にチェックするポイントは?

vol.6 入職日の失敗談・思い出は?

vol.7 今だから言える!新人へのアドバイス

 

入職前にダウンロードしておこう!

看護師70万人が使ってる

☆ナスカレ☆【シフト管理アプリ】

スケジュール入力とシフトの共有が簡単!

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(18)

18匿名2014年06月11日 11時43分

新人のころを思い出す。今はあのころがんばって本当によかったって思える。

17匿名2014年05月03日 00時07分

焦って看護師が向いてないなんて思わないこと!

16匿名2014年05月01日 03時38分

最初から何でもできないよ!

15匿名2014年03月06日 20時23分

4月からは正直不安だらけですが、負けずに頑張りたいです

14匿名2013年10月30日 20時10分

参考にします

13のろみ2013年10月03日 19時18分

今日頑張ろう、明日もう一度頑張ろうって思っているうちに1年たちました。

12匿名2013年09月21日 14時25分

テキパキするより大切なことがある。って励まされる。

11匿名2013年08月20日 20時55分

OnOffがうまく切り替えることができなかった。今じゃありえないけど。

10匿名2013年06月09日 09時04分

優しい先輩になりたいなー

9ひろ?2013年05月25日 22時09分

勇気やる気

8匿名2013年05月19日 19時31分

気分転換大事にします。

7のん2013年05月12日 21時45分

毎日緊張でぴりぴりです。

6匿名2013年05月08日 22時27分

優しく教えてくれたら素直にわかりませんといえるけど〓

5匿名2013年04月09日 04時45分

一年目は一番伸びると言うか変化が激しい年です地道に頑張って

4だん2013年04月07日 23時58分

今はついてくのに必死だけど、一つひとつ覚えていきたい

3りん2013年04月06日 21時20分

なんか勇気でた!

2ひな2013年04月05日 21時32分

常識を知っていてください。あと礼儀も。日々の勉強が辛いけど頑張ってください。

1ピンクハナミズキ2013年03月31日 16時39分

最初は本当にしんどいです。看護師にむいてないかもと悩むことも。でも一年二年と続けていけば、きっと楽しくやりがいを感じますよ。

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
830
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
450
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
406
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2218

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!