1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子>
  4. 医療スタッフにも音楽療法を―良いケアを実践するためのセルフケア

2016年10月07日

医療スタッフにも音楽療法を―良いケアを実践するためのセルフケア

音楽のあるホスピスから

Vol.6 働く側をケアすることの大切さ

【佐藤由美子】

ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。15年からは青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。

 

アメリカのホスピスで働いてた際、患者さんやご家族だけではなく、スタッフと音楽療法をする機会がありました。

 

ホスピスで働く看護師、看護助士、ソーシャルワーカー、チャプレン(聖職者)とグループセッションをしたのです。

 

その目的は「セルフケア」。セルフケアとは、セルフ(自分)のケア(思いやる)という意味で、自分の心身の健康を保つために行うものです。

 

 

 

音楽療法は健康な人にも効果がある

ホスピスや緩和ケアなど、死と頻繁に関わる現場での仕事はストレスや疲労がたまりやすく、長年続けるのは難しいです。

 

アメリカのホスピスでも、数年で辞めてしまう人が多いのが現状。

 

ですから、スタッフのストレスを軽減し、セルフケアを促すのは医療機関にとって大きな課題なのです。

 

近年、音楽療法が人々の不安やストレスを軽減するということが、多くの研究結果からわかってきました。

 

つまり、音楽療法は病気や障がいをもった人たちばかりではなく、健康な大人のセルフケアにも有効なのです。

 

また、音楽療法はグループの調和を高めます。アメリカのホスピスで行われた研究結果では、音楽療法がホスピスチームの育成を向上することがわかりました。

 

仕事におけるストレスは人間関係が原因である場合が多いですが、それは医療現場でも同じです。

 

スタッフ同士が良い関係であることが、個人の健康にもつながります。

 

 

誰でも簡単に音楽が奏でられる「ドラムサークル」

私がアメリカで働いていたホスピスでは、定期的にスタッフへの音楽療法を行っていました。

 

内容は、音楽を使ったリラクセーションや、歌を通じてのディスカッションなど。

 

中でもスタッフに人気があったのが「ドラムサークル」でした。簡単に言えば、太鼓や打楽器を用いた即興です。

 

日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、アメリカではさまざまな場所でドラムサークルが行われています。

 

毎週日曜日の夕方ビーチに人々が集まり、一緒にドラミングをしている地域もあれば、学校や高齢者施設で取り入れている所もあります。

 

また、ドラミングがストレス反応を軽減するということが研究結果からわかってきたため、会社や医療機関でも行われはじめているのです。

 

その場で一緒に音楽を奏でる。

 

難しいことに聞こえるかもしれませんが、実際には誰にでもできます。楽器を弾いたことのない人でも参加することができるのです。

 

音楽の能力の有無に関わらず、ひとりひとりがユニークなものを提供する。

 

それが、ドラムサークルの魅力です。

 

 

 

「音」の変化とリンクする「気持ち」の変化

ドラムサークルにおいて失敗はありません。

 

「このように弾かなければいけない」というルールもありません。

 

ただひとつ重要なことは、お互いの音に耳を傾けることです。そうしないと、一緒にひとつのサウンドを作り上げることは不可能なのです。

 

はじめに簡単な楽器の説明をし、ウォーミングアップをした後にドラミングをします。

 

一般的なドラムサークルでは主に楽しむことを目的としますが、音楽療法の一環で活用する場合の目的は、もっと具体的です。

 

スタッフとのドラムサークルでは、ドラミングによってストレスを軽減することと、グループの調和を図ることに焦点を置きます。

 

一方、患者さんと行う音楽療法は基本的に個人セッションで、その目的も「疼痛ケア」「リラクセーション」「心のケア」といったもの。

 

同じ音楽療法でもクライアント(対象者)のニーズによって、介入方法は大きく異なるのです。

 

ドラムサークルのはじめに参加者が奏でる音は激しく、ハーモニーやリズムが合わなかったりしますが、その音が次第に変化してゆきます。

 

音楽を奏でることによって気持ちに変化が起こるからです。

 

また、音楽を通じで普段とは全く違う空間の中で関わりをもつことは、スタッフの関係性にも影響を与えます。

 

参加したスタッフからは、「ストレス発散になった」というコメントが多かったです。

 

 

 

自分へのケアが、患者への良いケアにつながる

イライラしているとき、その気持ちを何かにぶつけたいと思うことがありませんか?

 

それをそのままにしておくと、気持ちが他人や自分に向かってしまい、ストレスや疲労の原因となります。ですから、代わりに楽器で表現するのです。

 

医療現場で働く私たちは、患者さんやご家族によいケアを提供するために働いています。

 

そのためにはまず、自分自身のケアをして心身を整えなければいけません。

 

今後、音楽療法を取り入れる医療機関が増えることで、患者さんやご家族だけではなく、スタッフの心のケアにもつながることを願っています。

 

 

【佐藤由美子】

ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州シンシナティのホスピスで10年間音楽療法を実践。2013年に帰国。帰国後は青森県在住。15年からは青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。著書に『ラスト・ソング』(ポプラ社)がある。ハフィントンポスト(日本版)でBlog「佐藤由美子の音楽療法日記」を掲載中。

この連載

  • Vol.8 乳がんにも効果が? 注目される“音楽療法”とサウンドヒーリングの違い [05/12up]

      音楽のあるホスピスから Vol.8 音楽療法の研究が進む   2017年3月半ば、乳がんで闘病中の小林麻央さんがブログを更新しました。その記事で紹介された「528Hzの音楽を流す」という治療法が話題になっ... [ 記事を読む ]

  • Vol.7 音楽回想法で安らかな最期を―死に逝く人に起こる「回想」とは? [02/07up]

    ホスピス緩和ケアを専門とする音楽療法士・佐藤由美子さんのコラム第7回。今回は、音楽を用いて回想をサポートする「音楽回想法」についてお届けします。   音楽のあるホスピスから Vol.7 死と向き合う患者を音楽でサポ... [ 記事を読む ]

  • Vol.6 医療スタッフにも音楽療法を―良いケアを実践するためのセルフケア [10/07up]

    音楽のあるホスピスから Vol.6 働く側をケアすることの大切さ 【佐藤由美子】 ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。15年からは青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。 ...

  • Vol.5 音楽療法は誰をサポートするものなのか [06/03up]

    音楽のあるホスピスから Vol.5 音楽療法の対象となるのは誰? 音楽療法というと、老人ホームやデイサービスで、高齢者を対象にしたものを思い浮かべる人が多いと思います。   しかし実際には、音楽療法はあらゆる... [ 記事を読む ]

  • Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 [04/27up]

    音楽のあるホスピスから Vol.4 「ケア」の意味を考える 私は2002年からアメリカのホスピスで音楽療法士として活動し、2013年に帰国して以来、国内の緩和ケア病棟や在宅で患者さんを看ています。   講演な... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
195
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者278

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!