1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 働くナースが知るべき病気>
  4. そろそろ私も?と思ったら…更年期障害と上手に付き合うコツ

2015年06月30日

そろそろ私も?と思ったら…更年期障害と上手に付き合うコツ

婦人科医の清水なほみが、看護師のみなさんに知っておいてほしい病気についてお知らせします。

 

働くナースが知るべき病気【3】

そろそろ私も? と思ったら…更年期障害と上手に付き合うコツ

 

更年期とは、閉経をはさんで前後10年の時期のことを指します。閉経の平均年齢は約50歳なので、標準的には大体45歳~55歳が「更年期」ということになりますが、閉経年齢には個人差があり、早い人は40代前半でも更年期に差し掛かることもあります。

 

更年期という時期は心身の状態が変化しやすいだけでなく、夫の定年や子どもの受験や親の介護など、ライフイベントが起きやすい時期です。ある意味「今は色々重なっているだけ」と割り切るくらいの気持ちでよいのです。

 

「更年期」は、その年齢を迎えれば女性なら誰にでも訪れるものですが、その時期に出現する心身のさまざまな不調は「更年期症状」と言って、症状の現れ方は人それぞれです。この「更年期症状」が極端にひどく、日常生活にまで支障をきたしてしまう場合は「更年期障害」と言って治療の対象になります。

 

体調不良や心の不調が続くと、緊張感の多い看護師の仕事を続けることが不安になってしまう人もいると聞きます。うまく付き合って乗り切りたいですね。

 

【目次】

更年期障害のさまざまな症状

自分を甘やかす!

日常生活をペースダウンしよう

治療で症状は改善できる

 

 

 

更年期障害のさまざまな症状

更年期障害の症状としてよく言われているのがのぼせ・ほてりといった「ホットフラッシュ」ですが、この時期に出現する症状は非常に多岐に渡ります。

 

体の症状:のぼせ・ほてり・発汗・めまい・頭痛・息苦しさ・胸の痛み・膝やかかとの痛み・喉のつかえ感・疲れやすさ・皮膚の乾燥感など

心の症状:イライラ・不眠・気分の落ち込み・やる気が出ない・集中力の低下・性欲の低下など

 

ずっと続くめまいが更年期のせいだと気付かず、内科や耳鼻科を何箇所も回ったり、脳神経外科で脳の精密検査まで受けたりされる方もいらっしゃいます。月経がまだきちんと来ていても、更年期症状が出る方もいらっしゃいますので、40歳を過ぎて「何だかよくわからない体調不良」が続いた時は、念のため婦人科で相談してみることをお勧めします。


もちろん、胸の痛みが心臓の病気のせいだったり、めまいや耳鳴りが脳腫瘍のせいだったりすることもありますから、どの症状も「きっと更年期」と放置せず、各科での精密検査は受けた方が安心です。

 

 

付き合い方1:自分を甘やかす!

更年期障害が出やすい方に共通しているのが、まじめで人に頼るのが苦手で、頑張りすぎる傾向にあるというキャラクターです。カウンセリングによって「頑張らなくてもいいんだ」ということに気付き、自分を甘やかす事を許せるようになるだけでも症状が軽くなることがあります。

 

 

付き合い方2:日常生活をペースダウンしよう

更年期は誰もが経験するものなので、多少の体調不良があっても日常生活に支障がないのであれば、絶対に治療しなければいけないというものではありません。この時期は、心身のいろいろな不調が出やすいのと同時に、今まで多少無理ができていた人でも体力や抵抗力が落ちる年齢です。その事を自覚した上で、日常生活を見直していくといいでしょう。


更年期の過ごし方は、全てにおいて今までの8割くらいにペースダウンすることがポイントです。

 

 

付き合い方3:治療で症状は改善できる

逆に、更年期症状がひどすぎて日常生活もままならない時は、早めに治療を開始することをお勧めします。中には、うつ状態がひどくて家事が何もできなくなったり、一歩も外に出られなくなったりする方もいらっしゃいます。

 

2~3ヶ月ホルモン補充療法をするだけで症状の大部分は改善します。辛い症状は我慢せず、適切な治療を受けて快適に過ごしましょう。

 

更年期障害の治療は、ホルモン補充療法・漢方治療・安定剤や自律神経調節薬による対症療法・アロマやサプリメントによる治療・カウンセリング、などいろいろありますが、どれを選択するかは、症状の程度によります。もちろん、複数の治療を組み合わせることもよくあります。


症状が落ち着くまで毎日の生活を少しペースダウンして、自分のことにかまけてみて下さいね。

 


【清水なほみ】

日本産婦人科学会専門医で、ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。産婦人科・女性医療統合医療を専門に、患者に最適な医療を提供。クリニックのほかに、NPO法人やAll aboutガイドなどでも情報提供や啓発活動を行っている。

この連載

  • 【5】子宮頸がん [08/25up]

    婦人科医の清水なほみが、看護師のみなさんに知っておいてほしい病気についてお知らせします。   働くナースが知るべき病気【5】 20~30代に増加中!「子宮頸がん」を知ろう   「子宮がん」は、発生する場... [ 記事を読む ]

  • 【4】夏の冷え性 [07/28up]

    婦人科医の清水なほみが、看護師のみなさんに知っておいてほしい病気についてお知らせします。   働くナースが知るべき病気【4】 夏なのに手足が冷たい…冷え性   冷え性というと、暑い季節は関係ないと思われ... [ 記事を読む ]

  • 【3】更年期障害 [06/30up]

    婦人科医の清水なほみが、看護師のみなさんに知っておいてほしい病気についてお知らせします。   働くナースが知るべき病気【3】 そろそろ私も? と思ったら…更年期障害と上手に付き合うコツ   更年期とは、...

  • 【2】子宮内膜症 [05/29up]

    婦人科医の清水なほみが、看護師のみなさんに知っておいてほしい病気についてお知らせします。   働くナースが知るべき病気【2】 20代女性に急増中「子宮内膜症」   子宮内膜症は、20代の女性を中心に増え... [ 記事を読む ]

  • 【1】子宮筋腫 [04/28up]

    はじめまして、婦人科医の清水なほみです! 「すべての女性に美と健康を」をコンセプトに、横浜で女性の診療を行っています。 看護師さん自身が元気でなければ、患者さんのケアもできません。いきいきとした看護師生活のため、みなさんに... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2015年06月30日 17時36分

甘やかしたい

1匿名2015年06月30日 06時35分

母が更年期で苦しんでいました。

関連記事

いちおし記事

“米”ガーゼ?! 医療用語のカン違いあるある|看護師の本音アンケート

思わず赤面!間違って覚えてたコトバ…あなたにもある? [ 記事を読む ]

【新情報追加】新型コロナウイルス・看護師のためのQ&A

後日、感染者とわかった患者をケアをしていた看護師は「濃厚接触者」になる?なったらどうすればいい? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

東京オリンピック、観に行く?

投票数:
1628
実施期間:
2020年02月04日 2020年02月25日

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1483
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1395
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1269
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1091
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
750
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2966

◆救急看護の問題◆以下のショックの分類と原因疾患・病態の組み合わせで間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.血液分布異常性ショック-アナフィラキシー
  • 2.心原性ショック-心タンポナーデ
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック-緊張性気胸
  • 4.循環血液量減少性ショック-脱水
今日のクイズに挑戦!