酸素療法中に、患者が口渇を訴えたら どうするの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「患者の口渇」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

酸素療法中に、患者が口渇を訴えたら どうするの?

 

酸素の加湿のみで対処しようとせずに、口渇の原因を考えて対応しましょう。

 

〈目次〉

 

口渇の考え方

一回換気量に含まれる酸素量は少ない。そのため、口渇の改善を目的として酸素加湿を行っても、一回換気量のごく一部を加湿したことにしかならず、効果的ではない。

 

口渇時は、酸素流量にかかわらず口渇の原因を考える。

 

原因別・口渇への対応

1脱水による口渇

脱水による口渇ならば、酸素加湿より、含嗽のほうが効果的である。

 

水分出納バランスや尿量尿比重中心静脈圧などから体液量を評価し、脱水の是正を医師と検討する。

 

2口内の不感蒸泄増加による口渇

頻呼吸時の口呼吸など、口内の不感蒸泄増加による口渇であれば、口内の清拭や、保湿剤の塗布などで対応する。

 

頻呼吸時は飲水をさせない。なぜなら、飲水は、1呼吸サイクル中の「休止期」に行うため、休止期がなく息止めができない頻呼吸の状態では、誤嚥リスクが高いからである。

 


[文献]

  • (1)田勢長一郎:酸素療法・酸素療法の適応と中止.丸川征四郎,槇田浩史 編,呼吸管理・専門医にきく最新の臨床,中外医学社,東京,2003:58-60.
  • (2)瀧健治:呼吸管理に活かす呼吸生理 呼吸のメカニズムから人工呼吸器の装着・離脱まで.羊土社,東京,2006:95.
  • (3)Kallstrom TJ. AARC Clinical Practice Guideline:Oxygen thrapy for adults in the acute care facility-2002 revision & update. Respir Care 2002; 47: 717-720.
  • (4)宮本顕二:インスピロンQ&A「より安全にお使い頂くために」 Q10.日本メディカルネクスト株式会社.(2014年11月18日閲覧).

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ