浮腫はなぜ起きるの?

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

心機能が低下するとどうなるの?

 

今回は「浮腫」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

浮腫(ふしゅ)はなぜ起きるの?

浮腫(memo1)は体液の循環に異常が起きると生じます。その原因は大きく4つあります。

 

  1. 心機能障害
  2. 肝機能障害
  3. 腎機能障害
  4. リンパ管閉塞

これらの原因は密接に関連しています。

 

まず、正常の状態を考えてみましょう。

 

体内の毛細血管においては、動脈側では35mmHgの血圧があり、静脈側では15mmHgの血圧があります。そして、血漿タンパク質による膠質(こうしつ)浸透圧が通常の状態で25mmHgあります。

 

膠質浸透圧というのは、血漿中のタンパク質によって生じる浸透圧のことです。タンパク質には水をひきつける力があり、毛細血管のような半透膜を隔てて濃い液と薄い液があると、水は濃い液のほうにひき寄せられ、同じ濃度になるように働きます。

 

通常、動脈側では35mmHgの血圧に相当する水が、毛細血管の外に移動しようとしていますが、膠質浸透圧25mmHgが水をひき寄せるため、血管から組織(memo2)に浸出する水は35−25=10mmHgになります。

 

一方、静脈側では15mmHgしか血圧がかかっていないので、水を外に移動させる力(15mmHg)よりひき寄せる力(膠質浸透圧=25mmHg)が大きくなり、その差10mmHg分の水が組織から血管内へ浸入します。その結果、動脈側と静脈側で差し引きゼロになり、浮腫は生じません。

 

ここで、さきほど挙げた4つの浮腫の原因との関係をみてみましょう。

 

  1. 心機能障害によって心臓の右心系(静脈側)が機能低下を起こすと、静脈血が肺に送り出されにくくなり、静脈側にうっ滞を生じ、毛細血管の静脈側の血圧が高くなります。組織に浸出した水分の回収量が減少し、組織に水分が滞留します。
  2. 肝機能障害によってタンパク質(アルブミン)の合成能が低下すると、血液の膠質浸透圧が低下し、組織に水分が滞留します。
  3. 腎機能障害によって水分の排泄量が低下すると、体血液循環量が増し、毛細血管の動脈側の血圧が高くなり、組織に余計な水分が浸出してしまいます。
  4. リンパ管は組織の水分を回収して静脈に運ぶ働きがあり、正常な状態では、ちょっとした水分の滞留はすべてリンパ管の働きで解消されています。これが閉塞すると、末梢の組織から水分が回収できなくなり、滞留を起こします。

 

COLUMN浮腫が生じた時のケアのポイント

組織に水分が滞留すると浮腫を生じ、血行障害を起こして蒼白になり、冷たく感じるようになります。浮腫によって皮膚や粘膜は薄く伸展し、傷つきやすくなります。また、組織の酸素不足で免疫力が低下するため、感染を起こしやすくなります。

 

このような状態の時に注意することは、皮膚を清潔に保ち、感染予防のために皮膚を保護することです。清拭(せいしき)を行う際には、強い力で拭きすぎないように注意しましょう。

 

MEMO1浮腫

浮腫とは、血液の水成分が組織間隙(組織)に滞留した状態をいいます。

 

MEMO2組織〔組織間隙(かんげき)〕

血管内、リンパ管内、細胞内を除いたスペースが組織間隙で通常組織といいます。組織にたまった水分を組織液(組織間液、細胞間液、間質液)といいます。

 

毛細血管から組織に酸素や栄養を含んだ水分が染み出し、一部が細胞内に入り込みます。この段階で細胞に入った水は細胞内液になり、逆に細胞から二酸化炭素や老廃物を含んだ水が組織に染み出し、再び毛細血管に入り込んで心臓に戻ります。

 

[次回]

ショックとはどのような状態のこと?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ