心機能が低下するとどうなるの?

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

心電図の波形から何が分かるの?

 

今回は「心機能の低下」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

心機能が低下するとどうなるの?

心機能が低下すると、心臓から送り出される血液の量が減少します。

 

すると、身体には次の①〜③の変化が起こります。 

 

  1. 身体の末梢では酸素不足が起こり、二酸化炭素や乳酸などの老廃物が排泄されない状態になります。 
  2. 腎臓の糸球体に行く血液も減少するので、尿の出が悪くなります。 
  3. に行く血液も減少するので、脳では酸素不足が進行し、虚血(きょけつ)状態になります。

 

MEMOうっ血

静脈の血流が妨げられ、臓器や組織に血液が滞っている状態をうっ血といいます。心臓の障害が原因の場合は全身にうっ血が起こり、血栓が血管に詰まった場合には局所にうっ血が起こります。

 

[次回]

浮腫はなぜ起きるの?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ