ヤンデル書房~看護師だけのヒミツの本屋【全記事まとめ】

文:ヤンデル(病理医)

Twitterフォロワー数11万人の医師・ヤンデル先生が『看護roo!』に開店したヒミツの本屋さん「ヤンデル書房」。本の虫のヤンデル店主が、看護師のみんなにおすすめの本を紹介してくれます。

 

(1)看護師だけのヒミツの本屋、オープンです
BOOK:『よくわかる がんの話② がんの治療と生活は?』(保育社)

 

(2)看護師のあなたをアップデートする本、ですよ
BOOK:『今はこうする!看護ケア』(照林社)

 

(3)「良い看護書」の見分け方、改訂のワケを深読みしてみた
BOOK:『ナース・研修医・コメディカルのための なぜ? がなるほど! 病態生理絵解きゼミナール 改訂2版』(メディカ出版)

 

(4)急変対応が不安なら、この本いいですよ。だってね…
BOOK:『看護の学びなおし 急変対応』(照林社)

 

(5)小児科Nsも他科Nsも、すべての医療者に勧めたい
BOOK:『マンガでわかる! 子どもの病気・おうちケア はじめてBOOK』(KADOKAWA)

 

6話アイコン

(6)「何がわからないかわからない」ナースに贈る春の本
BOOK:『先輩ナースが書いた看護のトリセツ』(照林社)

 

ヤンデル書房 店主

病理医ヤンデル(市原真/いちはら・しん

1978年生まれ。2003年北海道大学医学部卒、国立がんセンター中央病院(現国立がん研究センター中央病院)、札幌厚生病院病理診断科。現在、同科主任部長。医学博士。病理専門医。著書に『症状を知り、病気を探る』(照林社)、『いち病理医の「リアル」』(丸善出版)、『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと』(大和書房)など。Twitterブログnoteなどで発信中。良い本を人におすすめするのが大好き。

 

編集/烏美紀子(看護roo!編集部)

 

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

1215人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索