最終更新日 2019/09/30

看護協会

看護協会とは・・・

日本看護協会
看護協会とは、保健師・助産師・看護師・准看護師が自主的に加入し運営する、日本最大の看護職員の団体。正式名称は公益社団法人日本看護協会。
47都道府県の看護協会と連携しながら、看護職の労働環境整備(給与水準や労働時間の改善)と、それによる質の高い看護の提供を目指した活動を行っている。
設立は1946年で、現在74万人以上の保健師・助産師・看護師が加盟している。
また、日本看護協会の政治団体として日本看護連盟がある。
 
【各都道府県の看護協会】
保健師、助産師、看護師、准看護師の免許を持っている看護職員によって構成される看護職能団体。47都道府県ごとに組織され、全国組織である日本看護協会と連携しながら、看護職員の資質向上や看護の充実・発展を目指している。
各都道府県の看護協会は、各種研修事業や広報啓蒙活動のほか、看護職員の就業促進を目指したナースセンター事業も行っている。ナースバンク事業は、このナースセンター事業が行っている施策の1つである。

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

1777単語公開中!

用語辞典トップへ