蛯原英里さんインタビュー【2】元看護師だからこそできること。

Vol.1から続く―

 

NICUナースを経て、ベビーマッサージを教えるチャイルドボディセラピストとして活躍中の蛯原英里さん。

周産期医療に直接関わったからこそわかることがたくさんあるそうです。

さらに、NICU看護師の経験は、チャイルドボディセラピストとしての強みにもなっているといいます。蛯原さんにとって、『元ナース』ということの意味とは?

 

Vol.2 『元ナースのチャイルドボディセラピスト・蛯原英里』の思い

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

蛯原英里(えびはら・えり)さん チャイルドボディセラピスト・エナ・アミーチェ代表

1979年宮崎県生まれ。千葉県の看護学校を卒業後、NICUに入職し6年間勤務。アパレル会社のプレスに転身後、ベビーマッサージに出会う。現在、チャイルドボディセラピストとして活躍中。双子のお姉さんはモデルの蛯原友里さん。著書に『蛯原英里のベビーマッサージ』(主婦と生活社)がある。

 

 

『元看護師』であることの強みとは

―もっと多くのお母さんに、『幸せな育児生活』を送ってほしい。そのために、お母さんと赤ちゃんに対してできることをもっと増やしたい。

 

ベビーマッサージに関わる中でふつふつと沸きあがった強い思いをかなえるために、さらに上位のチャイルドボディセラピスト資格を取得した蛯原さん。その際にも、生理学や解剖学など、看護師時代の知識や経験がそのまま役立ったそうです。

 

「例えば人体の構造とか筋肉のつき方とか、看護師だったら当たり前に知っていることだったから、入りやすかったですね。

もちろん看護師ほど専門的な知識までは求められないんですが・・・ブランクがあったから結構忘れてて。(笑)

勉強しなおすいい機会になりました」

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

『元看護師』に教えてもらえるというのは、レッスンを受けるお母さんにとってもきっと心強いことですよね。

 

「お母さんにとっては、『病院に行くか行かないか、迷ったときに聞きたい存在』なんだそうです。

 

看護師って、触った感覚とか、おなかの張りとか、顔色とか脈とかで状態を確認できるじゃないですか。

さすがに今脈をみることはないけれど、その知識やノウハウは今でも活きてるし、それがあるからお母さんからの相談にも自信を持ってお答えできます。

看護師の経験がなかったら、今こんなに自信を持ってベビーマッサージを教えられてないですね」

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

今も健在の「アセスメント」癖

例えばアトピーや乳児湿疹などの肌トラブル、赤ちゃんの触り方、抱き方など、レッスンを受けるお母さんからはさまざまな質問を受けるそう。そんなとき、看護師の『クセ』が出るといいます。

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

「アドバイスするときは、必ずいろんな本を調べてからお答えします。アセスメントっていうか。

それが安心に繋がるし、説得力にも繋がると思うんです。

私の答えひとつでお母さんは不安になってしまうから、ヘタなことは答えられない。」

 

答えられることが増えれば、それだけ安心してもらえるし、喜んでもらえる。それが嬉しくて、またどんどん知識を入れたくなる。そんなスパイラルにハマって、常に勉強しているという蛯原さん。

だから今、家の中が本だらけで大変なんですよ!と笑います。

 

「たぶん看護師さんだったらみんな同じだと思いますよ。医療現場ってどんどん新しくなるから、勉強しなくちゃいけない!ってところから始まって、知れば知るほどもっとやりたくなっちゃうんですよね。」

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

今だからわかる。看護師って本当にすごい。

お母さんや赤ちゃんに対して応えられることが増える。

患者さんに対してできることが増える。

どちらも同じ、『直接誰かの力になれる』ということ。それが、蛯原さんが仕事をする上での土台になっているんだそう。

 

「看護師をやめたあとに4年くらい違う仕事をしていたことがあって、そのときに強く思ったんです。

看護師の仕事って、患者さんとは一対一で相手の反応がわかるし、ありがとうって直接言ってもらえる。

直接誰かのお手伝いができるのって、すごいことだと思うんです。

看護師で働いているとそんなの当たり前で気づかないかもしれないけど・・・」

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

「ナースは、いろんなことにつながる可能性をたくさん持ってると思うんです。いろんな場所で『誰かの力になる』ことができる。

だから、いろんなことに挑戦したらいいと思う。

変な言い方ですけど、資格があるからまた戻れるんだし。せっかくの人生、自分がやりたいことをやらないと。

 

私は、人生にムダは絶対ないと思ってるので。自分がやりたいことなら集中できるし、絶対何かにつながっていくって信じています」

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

やりたいことに素直でいればいい

あくまで自分のやりたいことをやり、楽しいと思う気持ちに素直に従ってきただけ、という蛯原さん。

好きなことを楽しんでやれば自然に集中でき、できることが増える。

できることが増えればもっと楽しくなって、さらにやりたいことが見つかる。

その『やりたいこと』の先には、お母さんや赤ちゃんの健康や笑顔がある・・・素敵な循環です。

 

「私自身、自分のやりたいこととか楽しいこととかに素直なんだと思います。

だから、今、いやなことって何もないです。お母さんや赤ちゃんのためになると思うと、もっと勉強したいし、もっといろいろやりたい!」

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

もっとたくさんのお母さんに、『幸せな育児生活』を

ゆくゆくは、プレママから大きなお子さんを持つお母さんまで幅広く関わっていきたいという蛯原さん。

マタニティヨガやキッズヨガ、食育などにも興味があり、勉強を始めているそうです。

 

とはいえその第一歩として、今はまず、ベビーマッサージをもっと多くの人に知ってもらう活動をしたい、と言います。

「ベビーマッサージを知ることで、もっと幸せな育児生活を送ってほしい。

ありがたいことにテレビにも出させていただいたおかげで、お母さんや看護師さんからメールをたくさんいただくんですが、『テレビではじめて知りました』という声がとても多い。

こんなに赤ちゃんにもお母さんにもいいことだらけなのに、まだまだ知られていないんだなあって。」

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

そんな蛯原さんの『ベビマ広報活動』は、徐々に功を奏しているようです。

「この間ベビーマッサージの看護師向けセミナーに行ったとき、他の看護師さんが声かけてくれたんです。『蛯原さんのテレビを見て、ベビーマッサージに興味を持って勉強しにきました』って。

お母さんや赤ちゃんのケアという意味では、ベビーマッサージは医療現場でも役に立つんじゃないかと思っています。

だから、看護師さんが興味を持ってくれるのはとてもうれしいですね」

 

自分自身のスキルアップだけでなく、ベビーマッサージを広める先駆者として、たくさんの人を巻き込んでいく・・・それは、『元看護師・蛯原英里』だからこそできること。

それをプレッシャーに感じるのではなく、どこまでもポジティブに仕事に取り組んでいる蛯原さんだから、彼女の笑顔はいつも輝いているのではないでしょうか。

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナースとして・チャイルドボディセラピストとして。蛯原英里だからこそできること

 

最後に座右の銘を聞いてみると、蛯原さんらしい答えが返ってきました。

 

「うーん・・・笑顔でいること、楽しむこと、後悔しない、とか・・・たくさんありすぎますね!(笑)

その全部の根っこ、って考えると、感謝を忘れないこと、かな。

私が今できていることは、出会った人のご縁のおかげばかりですし。

赤ちゃんやお母さんが元気になるお手伝いをしたいと思ってるのに、私のほうがいつも元気をもらってますから。」

 

元看護師・チャイルドボディセラピストとして、前向きに走り続ける蛯原さん。

彼女の笑顔に、取材スタッフも元気をもらったのは言うまでもありません。

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナースとして・チャイルドボディセラピストとして。蛯原英里だからこそできること

 

<おまけQ&A>

Q.持ち物のこだわりってある?

好きな色のものを持つことかな。ピンクと黄色が大好き。スケジュールもペンで色分けして書いています。

ちなみに、enaAMICEのショップカードの裏は七色のデザインなんですが、これは『一人ひとりみんなちがうお母さんと赤ちゃん』を表現したんです。きれいな色で気に入ってます。

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | 元ナース・チャイルドボディセラピスト蛯原英里さんインタビューVol.2

 

 


<プロフィール>

蛯原英里(えびはら・えり) チャイルドボディセラピスト。エナ・アミーチェ代表。

1979年宮崎県生まれ。

千葉県の看護学校を卒業後、NICUに入職し6年間勤務。アパレル会社のプレスに転身後、ベビーマッサージに出会う。

2011年 スキンシップコミュニケーション協会/ベビーマッサージ資格・アプリケアカレッジ協会/ベビーヨガインストラクター資格取得。

2012年 社団法人 国際ホリスティックセラピー協会チャイルドボディセラピスト インストラクター資格取得。

著書に『蛯原英里のベビーマッサージ』(主婦と生活社)がある。


 

<サイン本プレゼントのお知らせ>※終了しました

蛯原英里さんの著書『蛯原英里のベビーマッサージ』(主婦と生活社)に直筆サインを入れて、抽選で1名様にプレゼント致します!

『蛯原英里のベビーマッサージ』(主婦と生活社)

【応募方法】

こちらのフォームに「サイン本プレゼント希望」と明記の上
・氏名・年齢・送付先住所・看護師資格の有無
を記入し、送信してください。

【応募期限】
2013年5月31日(金)


【抽選・当選発表】
編集部にて厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。
当選者の発表は、賞品の配送をもってかえさせていただきます。

【発送予定】
2013年6月上旬

【賞品の発送】
賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。
住所不備・不明などにより賞品をお届けできない場合は、当選を無効といたします。

 

※ご送付いただいた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき厳重に管理し、プレゼントの発送にのみ使用いたします。

 


【取材協力】

蛯原さんのベビーマッサージレッスンを主催するスタジオ。ベビーマッサージ以外にも、子どもたちに必要なチカラを養うことを目的に、ペアレンティング・サロン、ベビーシッター、教育シッター、アフタースクール等のサービスを提供しています。Facebookはこちら

 

【撮影協力】 

cafe calva 東京都港区南麻布5-16-4 村松ビル2F

 

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆以下の中で、自殺企図患者への対応の原則とされる「TALK」に含まれないものはどれでしょうか?

  1. 自殺についてはっきりと尋ねる
  2. 「自殺はいけないこと」であることを説明する
  3. 相手の訴えを傾聴する
  4. 誠実な態度で話しかける

7902人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8498人の年収・手当公開中!

給料明細を検索