看護用語辞典 ナースpedia キーワード:胆石

胆石とは・・・

最終更新日 2018/02/28

胆石(たんせき/GB Stone/gallbaladder stone)は、肝臓から分泌される、胆汁の成分が固まって胆道系に形成された結石である。胆石に関連する症状を有するものを胆石症というが、無症状のものもあわせて胆石症とすることも多い。中年以降、加齢とともに胆石の保有率は高くなり、日本の保有率は約5~10%である。

胆石は組成により分類され、コレステロール結石(約60%)と色素結石(約40%)に大別される。
コレステロール結石の危険因子としては以下の「5F」が挙げられる。
・Forty(40歳代)
・Female(女性)
・Fatty(肥満)
・Fair(白人)
・Fecund(多産)
他にも経口避妊薬やホルモン補充療法、脂質異常症、非アルコール性肝疾患(NAFLD)なども危険因子として挙げられている。

また、胆石は部位により胆嚢結石(約70%)、総胆管結石(約14%)、肝内結石(約3.5%)に分類される。
・胆嚢結石
無症状である場合は、基本的に有症状化や胆嚢癌発生の可能性を考慮した検査を行いながら経過観察とし、有症状例では胆嚢摘出術を行う。
・総胆管結石
症状の有無に関わらず、胆管炎の発症を前提とした内視鏡的総胆管結石摘出術を行う。
・肝内結石
経皮的内視鏡または経口的内視鏡を、肝萎縮が認められる場合、肝内胆管癌合併が疑われる場合、内視鏡的結石摘出術が困難な場合などは肝切除を行う。無症状の場合は経過観察を行うことが多い。

胆石発作とは、食後に胆嚢が収縮し、胆石が胆嚢頸部や胆嚢管に嵌頓することで胆嚢内圧が上昇し、疼痛を来すものである。疼痛は数十分〜4時間程持続し、時に悪心、嘔吐を伴うが、胆嚢炎を伴わなければ発熱や血液検査での炎症反応の上昇はみられない。
胆石が総胆管内に落石すると、胆管炎を来たし、発熱、腹痛、黄疸のcharcot3徴といわれる症状を来す。上記3徴と、ショック、意識障害をreynoldsの5徴という。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 黄疸・胆石[10/09up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脂質の消化吸収|消化吸収 今回は、黄疸について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1372
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1195
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1210
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
968
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
759
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1181

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!