看護用語辞典 ナースpedia キーワード:胆嚢

胆嚢とは・・・

最終更新日 2018/02/28

胆嚢(たんのう/GB/gallbladder)は、肝臓で生成される胆汁を貯留・濃縮し、放出する器官である。胆道を介して、肝臓と十二指腸(乳頭部)につながっている。

胆嚢は、組織的には粘膜層、固有筋層、漿膜下層、漿膜からなる。他の消化管と異なり、粘膜筋板や粘膜下層を持たないため、癌が漿膜側に進展しやすく、直接浸潤や転移が起こりやすい。粘膜上皮が粘膜固有層や筋層内部まで陥入してできるくぼみをRokitansky-Aschoff洞(ロキタンスキーアショッフどう)といい、それ自体に機能はないが、しばしば細菌の繁殖の場となる。

胆嚢は、一般的に西洋梨のような形をしている。収縮自在であり、長さは10㎝、幅は4㎝程度で、50〜60mlの胆汁を貯えることができる。また、胆汁を通常5〜10倍(最大20倍)に濃縮される。

十二指腸下行部に食物が入ると、コレシストキニンが分泌され、胆嚢が収縮し、同時にOddi括約筋が弛緩することで胆汁が十二指腸に排出される。胆汁は小腸での脂肪の消化、吸収を促進する。

急性胆嚢炎などで胆嚢を摘出すると、胆嚢の貯留、濃縮機能が失われ、一度に多くの脂質を摂取すると消化不良を起こす。ただし、摘出後1ヶ月程で身体が順応するため、臨床的に問題となることはない。

図1胆嚢

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み|食べる(3)[08/13up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 消化酵素による分解の仕組み|食べる(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒... [ 記事を読む ]

  • 胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン[09/14up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン」につ... [ 記事を読む ]

  • 胆嚢壁が肥厚しているエコー像[09/21up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 胆嚢壁肥厚は胆嚢... [ 記事を読む ]

  • 肝臓、胆嚢、膵臓の構造[07/27up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「肝臓、胆嚢、膵臓の構造」について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.肝臓 2.胆嚢 3.... [ 記事を読む ]

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1455
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1338
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1266
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1193
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1157
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
629
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
459
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者866

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!