看護用語辞典 ナースpedia キーワード:B型肝炎

B型肝炎とは・・・

最終更新日 2018/04/26

B型肝炎(びーがたかんえん、hepatitis B)はB型肝炎ウイルス(HBV)が血液・体液などを介して肝臓に感染し、炎症を引き起こす疾患の総称である。

【疫学】
B型肝炎は急性肝炎と慢性肝炎に分けられ、急性肝炎の頻度が高い。通常、成人の血液・体液感染による初感染では急性肝炎を発症することが多く、一方、乳幼児期に母子感染で初感染が起きた場合には、免疫反応が不十分なことからウイルスが排除されにくく、慢性肝炎に至る可能性が高くなる。

【症状】
急性B型肝炎は1~6カ月の潜伏期間を経て、全身倦怠感、食思不振、悪心・嘔吐、発熱、黄疸、肝腫大などの症状が見られる。血液検査ではAST、ALT、ビリルビン上昇やプロトロンビン時間(PT)延長などを認める。
慢性B型肝炎は無症状で数年~数十年経過して検診などで偶発的に見つかることが多い。肝硬変に進行してくる過程で全身倦怠感などの症状や血液検査での異常が指摘されることがある。

【診断】
B型肝炎の診断はウイルスマーカーが有効であり、まずHBs抗原でスクリーニング検査がされる。HBs抗原陽性かつIgM-HBc抗体陽性が確認されれば急性肝炎と診断できる。HBe抗原陽性は肝炎の活動性が高いことを意味する。経過でHBe抗原が陽性から陰性化すれば回復期になったことを確認でき、さらにHBs抗原陰性、HBs抗体の陽性を確認することで寛解と判断する。慢性B型肝炎の場合は、HBs抗原やHBe抗原が陰転化せず持続的に陽性を示す。その後はHBe抗体が陽性となり比較的おとなしいウイルスに変化する。このウイルスが再度活動性を示すことで慢性肝炎を引き起こす。

【治療】
急性B型肝炎は自然に治癒することが多く、保存的治療の適応になる。ただしその中で劇症肝炎に移行する場合には抗ウイルス薬や血漿交換、肝移植などの適応になる場合がある。
慢性B型肝炎に対しては核酸アナログ製剤やインターフェロンが適応になるが、根本的にB型肝炎ウイルスを取り除くことはできない。

執筆

大久保祐希

兵庫県立尼崎総合医療センター ER総合診療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1368
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1266
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1114
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1089
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
956
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
777
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7595

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!