最終更新日 2018/07/12

スクリーニング検査

スクリーニング検査とは・・・

スクリーニング検査(すくりーにんぐけんさ)とは、選別試験、ふるい分け試験のことで、症状のない者やある特定疾患が懸念される集団を対象に検査を行い、目標とする疾患の罹患者や発症が予測される患者を検出するための検査である。

具体的には、新生児全員を対象として血液で内分泌疾患・代謝異常疾患を検索する新生児マススクリーニング検査、便潜血検査を用いた大腸癌スクリーニング検査、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の抗原や抗体が体内にあるかを調べる血液検査、ある悪性腫瘍に対し特異的に上昇する腫瘍マーカーを調べる血液検査、など多岐多様なスクリーニング検査が実施されている。

執筆: 栗林真悠

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ