看護用語辞典 ナースpedia キーワード:嗜眠

嗜眠とは・・・

嗜眠(しみん)とは、意識障害意識混濁)の程度のひとつである。昏眠ともいう。
放っておくと眠ってしまい、強い刺激を与えないと覚醒し反応しない状態。
嗜眠は以下のような原因で引き起こされる。

・睡眠時間が極端に短い場合
・薬剤(精神安定剤・睡眠剤・抗ヒスタミン剤)などを服用している場合
・睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群・発作性睡眠)
・外傷、中毒、脳血管障害、脳炎、代謝障害、脳腫瘍などの疾患

なお、嗜眠より軽度な症状には、昏蒙傾眠がある。また、症状が悪化すると、昏眠、昏睡となる。
意識障害の定義はあいまいなものが多いため、現在ではジャパンコーマスケール3-3-9度方式)やグラスゴーコーマスケールといった評価方法が導入されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
291
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
262
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
230
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
132
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る