看護用語辞典 ナースpedia キーワード:基礎体温

基礎体温とは・・・

最終更新日 2018/05/28

基礎体温(きそたいおん)とは、一定時間(4~5時間)以上の睡眠後の起床時の安静な状態で測定した体温と定義される。女性の場合、卵胞ホルモンエストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類のホルモンの影響を大きく受けており基礎体温を測定することによりこれらのホルモン分泌が正常に行われているかを予測することが可能である。

通常、月経が始まると卵胞期と呼ばれるエストロゲン分泌が多い時期となる。このホルモンは子宮内膜を厚くし、基礎体温を下げる働きがある。次に排卵が起こると黄体ホルモンが分泌される黄体期と呼ばれる時期となる。黄体ホルモンは受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整え、妊娠後は妊娠を継続させる働きがある。黄体ホルモンには体温を上げる作用があるため基礎体温のグラフに変化がでる。低温期と高温期の平均の差は0.3~0.6℃とされ、このような変化がない場合には、月経があっても排卵がない場合が多い。無排卵の原因はさまざまであり、多くは体重の変化やストレスによるホルモン分泌の異常であるため、早期に婦人科を受診する必要がある。排卵日以降、17日以上高温期が持続する場合には、妊娠の可能性がある。

執筆

畑菜摘

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 医員

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1253
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1244
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1176
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1044
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
858
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
680
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者383

自己注射で強化インスリン療法を行っている1型糖尿病患者さんに、インスリンポンプのメリットを説明することになりました。以下のうち、正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.ペン型注入器もインスリンポンプも操作は簡便であり、どちらも習熟に時間はかからない。
  • 2.インスリンポンプはポンプの操作でインスリンが投与できるため、外出中や人前でも投与しやすい。
  • 3.インスリンポンプもペン型注入器も、調整できる投与量の設定は同じである。
  • 4.インスリンポンプもペン型注入器も、保険適応のため、費用は同じである。
今日のクイズに挑戦!