看護用語辞典 ナースpedia キーワード:基礎体温

基礎体温とは・・・

最終更新日 2018/05/28

基礎体温(きそたいおん)とは、一定時間(4~5時間)以上の睡眠後の起床時の安静な状態で測定した体温と定義される。女性の場合、卵胞ホルモンエストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類のホルモンの影響を大きく受けており基礎体温を測定することによりこれらのホルモン分泌が正常に行われているかを予測することが可能である。

通常、月経が始まると卵胞期と呼ばれるエストロゲン分泌が多い時期となる。このホルモンは子宮内膜を厚くし、基礎体温を下げる働きがある。次に排卵が起こると黄体ホルモンが分泌される黄体期と呼ばれる時期となる。黄体ホルモンは受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整え、妊娠後は妊娠を継続させる働きがある。黄体ホルモンには体温を上げる作用があるため基礎体温のグラフに変化がでる。低温期と高温期の平均の差は0.3~0.6℃とされ、このような変化がない場合には、月経があっても排卵がない場合が多い。無排卵の原因はさまざまであり、多くは体重の変化やストレスによるホルモン分泌の異常であるため、早期に婦人科を受診する必要がある。排卵日以降、17日以上高温期が持続する場合には、妊娠の可能性がある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1301
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1134
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1108
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1045
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
944
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3324
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者198

高血圧の患者さんの食事療法として、低脂肪・低コレステロールで、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル類が多い食品を複合的に摂取し、血圧を抑える食事療法をなんというでしょうか?

  • 1.ARASHI食
  • 2.VS食
  • 3.DASH食
  • 4.TOKIO食
今日のクイズに挑戦!