看護用語辞典 ナースpedia キーワード:帯状疱疹

帯状疱疹とは・・・

最終更新日 2018/05/11

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、水痘帯状疱疹ウイルスに感染歴のある者に起こる、神経節に潜伏していた水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することで発症する疾患である。症状は大きく皮膚症状と神経症状に分けられる。そのほか、汎発性帯状疱疹、Ramsay-Hunt(ラムゼイ・ハント)症候群と特殊な病型が存在する。

【皮膚症状】
一定の神経支配領域に一致した皮膚に多数の小水疱が帯状に集簇(しゅうぞく)を形成し、神経に沿った疼痛を伴う。皮膚症状は2~3週間で治癒する。

【神経症状】
神経痛は神経節に沿った部位に一致して出現する。発疹に先行して数日前から現れることが多い。疼痛のピークは発疹が出現してから7~10日後で、痛みの程度は、軽いピリピリとした知覚刺激程度から不眠や運動神経麻痺を来すほどの激しいものまでさまざまである。また、皮疹の消失後も神経痛が持続する場合もある(帯状疱疹後神経痛/post-herpetic neuralgia/PHN)。

【その他】
眼合併症:三叉神経第一枝での帯状疱疹では、結膜炎や角膜炎などの眼合併症を認めることがある。
汎発性帯状疱疹:神経領域と関係なく水疱が汎発化することがあり、この場合は空気感染予防策が必要である。
Ramsay-Hunt(ラムゼイ・ハント)症候群:周囲が罹患した場合は、難聴や末梢性顔面神経麻痺を来すことがある。

治療は、急性期の疼痛の緩和、帯状疱疹後神経痛や運動障害などの後遺症を残さないようにすることが目標である。早期に抗ウイルス薬、鎮痛薬を投与する。予後はほとんどの場合良好である。

執筆

上村恵理

長崎大学病院 高度救命救急センター助教

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1275
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1160
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1079
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1042
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
923
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
706
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4002

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!