看護用語辞典 ナースpedia キーワード:エボラ出血熱

エボラ出血熱とは・・・

最終更新日 2019/08/20

エボラ出血熱(えぼらしゅっけつねつ、Ebola hemorrhagic fever)とは、エボラウイルスによる感染症である。感染症法で一類感染症に定められている。すべての患者が出血症状を示すわけではないため、現在では「エボラウイルス病(Ebola virus disease;EVD)」と呼ばれている。

■病原体
フィロウイルス科に分類されるRNAウイルスが病原体である。ザイール、スーダン,ブンディブギョ、タイフォレスト、レストンの5つの株があるが、とくにザイール株は病原性が強く、2014-16年の西アフリカでの大流行の原因となった。
■流行地
アフリカが流行地である。2014-16年の過去最大の流行は西アフリカ(ギニア、リベリア、シエラレオネ)で起こったが、それまではコンゴ共和国、コンゴ民主共和国、ガボン、ウガンダ、スーダンなど、より東側のアフリカで流行が確認されていた。

【感染経路】
動物からヒトへの感染は、狩りや火の通っていない肉の摂取などによって起こる。ヒトからヒトへの感染は、防護のない状態で感染者の体液(血液、分泌物、吐物、排泄物など)に接触することで生じる。

■潜伏期
2~21日(通常6~12日)

【症状】
発熱や倦怠感、頭痛筋肉痛などの一般的なウイルス感染症と初発症状に差がない。結膜充血はやや特徴的といわれる。進行すると嘔吐下痢を起こし、さらに重症化するとショック、多臓器不全、ときに出血症状を起こす。
■疑うポイント
潜伏期間内にエボラウイルスの流行地に滞在していたか、エボラウイルス感染症の可能性がある人や血液、体液と接触したかどうか。

【診断】
患者の血液や体液(咽頭ぬぐい液、尿)からRT-PCR検査やウイルス抗原検出ELISA法によってウイルスの存在を確認する。抗体を測定する方法もある。

【感染拡大予防策】
エボラウイルス感染症に対しては、かなり厳重な感染予防策をとる必要がある。すべての患者、疑い患者に対し、個人用防護具(personal protective equipment:PPE)に加え、フェイスカバー、防護効果のあるフットウェア、ガウンあるいはカバーオール、ヘッドカバーの装着が必要である。また、患者と接触した人は、注意深く経過を見守る必要がある。

【治療】
2019年の時点で承認されている治療薬やワクチンはない。対症療法を行う。

【予後】
過去の流行では致死率が90%に達することもあった。2014-16年の西アフリカの大流行全体での致命率は40%であった。ただし、致死率はウイルス株やその国の医療レベルによって大きく異なる。


引用参考文献
1)国立感染症研究所ウイルス第一部/感染症疫学センター.エボラ出血熱とは.国立感染症研究所.
2)厚生労働省検疫所FORTH.エボラウイルス病流行に対応した個人防護具(PPE)についての緊急推奨ガイドライン.
 

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1174
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1158
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1048
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
914
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
566
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1412

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!