最終更新日 2018/05/22

筋肉痛

筋肉痛とは・・・

筋肉痛(きんにくつう、muscular pain)とは、筋肉に痛みが生じることを指す。こむら返り肉離れといった筋肉の炎症や損傷など、痛みを引き起こす原因はさまざまあるが、筋肉に痛みが存在すれば筋肉痛である。なお、一般にいわれる「筋肉痛」というのは、激しい運動後数時間~数日後に生じる筋肉の痛みである「遅発性筋肉痛」のことを指す。

【遅発性筋肉痛】

運動後数時間~数日に生じる筋肉の疼痛で、1週間程度で症状は改善していくことが多い。

なお、筋肉が伸展する方向(引き伸ばされる方向)へ負荷が加わるような運動で生じやすい。例えばダンベルをゆっくり持ち上げる動作や、階段を下りるときや重い荷物を下ろすときに生じやすいとされている。

■発生メカニズム

上記のような運動をすることで、乳酸プロスタグランジンなどの炎症性物質がたまることで痛みが誘発されるといわれているが、はっきりしていない。

■運動後のケア

軽い運動やストレッチなどで患部の血流を促進させることで回復が早まるとされている。ただし、症状が強い時や患部が熱を持っている場合には、冷却することで症状が改善することがある。

執筆: 野浪 豪

神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ