1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 意識障害のアセスメント、JCSとGCS、どちらが何に向くの?

2018年09月05日

意識障害のアセスメント、JCSとGCS、どちらが何に向くの?

『エキスパートナース』2017年3月号<バッチリ回答!頻出疑問Q&A」>より抜粋。
JCSとGCSについて解説します。

意識障害アセスメント、JCSとGCS、どちらが何に向くの?

どちらを使用してもよいのですが、JCS(ジャパン・コーマ・スケール)は緊急時に適しており、GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)は亜急性~慢性期の意識障害患者の身体残存機能や、予後の評価に適すると思われます。

〈目次〉

意識障害とは

意識障害は、患者さんの命が危機的状況であることを示すサインの1つです。その原因はとても広範囲にわたり、脳の障害のほかにも、ショックや中毒など全身におよぶ疾患から、意識障害に陥ることも少なくありません。

当然、患者さん自身から、現在の症状や苦しさを聞くことはできません。そのため、外部から刺激や反射によって客観的に評価をすることが、救命の第1歩になります。その際、意識障害を適切に把握するためのツールが「意識障害判定スケール」です。

 

JCSとGCSのそれぞれの特徴

意識障害判定スケールの代表的なものに以下があります。なおコーマ(coma)とは、「昏睡」のことです。

  1. JCS(Japan Coma scale/ジャパンコーマスケール表1
  2. GCS(Glasgow Coma scale/グラスゴーコーマスケール表2

表1JCS(3-3-9度方式

JCS(3-3-9度方式)

*JCS:Japan Coma scale(ジャパン・コーマ・スケール)

不穏失禁など、意識状態の他の要素がある場合は、以下のように表記する(例:30-R、100-Ⅰなど)。
①R:restless(不穏)
②Ⅰ:incontinence(便・尿失禁
③A:akinetic mutism( 無動性無言症)、apallic state(失外套状態)
●点数が大きければ大きいほど、重症度が高いことを示す。

 

表2GCS

GCS

*GCS:Glasgow Coma scale(グラスゴー・コーマ・スケール)

●E、V、Mの評価点の総和をもって、意識障害の重症度とする。点数が小さければ小さいほど、重症度が高いことを示す。記録には、E4、V3のように記載する。
● 評価は、繰り返し検査したあとの最良の反応とする。

皆さんの施設ではいずれかを決めて用いていることが多いと思われますが、ときおり聞かれるのが「使い分けは必要?」「どちらがよいの?」という質問です。基本的にはどちらでもよいのですが、より適切な使用ができるように、それぞれ特徴を示します。

 

①JCSは短期間で簡便:急性期に向く

JCS(3-3-9度方式とも呼ばれる)は、呼びかけや痛みなどの、刺激に対する覚醒の程度によって評価するスケールです。

JCSは、短時間で簡便に意識レベルの評価を行えるのが大きな特徴で、緊急時に用いるのに適しています。急変対応時のスケールとしても、第一選択となるケースが多いと思います。また、間脳・中脳・延髄への侵襲の程度判定もしやすく、よいめやすになります。

 

②GCSはやや複雑:亜急性~慢性に向く

GCSは、世界的に通用する意識レベル評価法ということが最大の特徴です。「開眼」「発語」「運動機能」の3側面から評価を行いますが、この3側面の総和で評価するためやや複雑になり、そのうち1項目でも判定が困難な場合は意味をなさない、という問題があります。

JCSと比べ、GCSは亜急性~慢性期の意識障害患者の身体残存機能や、予後の評価に有用です。

copyNone

 

JCSとGCSをどう使い分ける?

使い分けを考えるなら、例えば一般病棟ではJCSを用い、救命救急センター、ICUなどでは時期に応じてJCSとGCSを併用する、などの方法があるでしょう。

なおこの2つのスケールは、器質的脳障害の存在を念頭に作られています。そのため、代謝性脳障害や精神的疾患には用いることはできないでしょう。

 


[Profile]
菅原美樹
札幌市立大学 看護学部 成人看護学領域 准教授

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2017照林社

P.49~50「意識障害のアセスメント、JCSとGCS、どちらが何に向くの?」

[出典] 『エキスパートナース』 2017年3月号/ 照林社

著作権について

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1294
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1200
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1097
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1004
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
931
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
669
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者333

近年注目されている精神療法で、入院や薬物治療ではなく、対話を重視した治療方法をなんというでしょうか?

  • 1.家族療法
  • 2.リフレクティング
  • 3.オープンダイアローグ
  • 4.バイオフィードバック
今日のクイズに挑戦!