1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳幹はどんな働きをしているの?

2017年11月17日

脳幹はどんな働きをしているの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「脳幹」に関するQ&Aです。

脳幹はどんな働きをしているの?

大脳を支える幹のような形をした部分が脳幹です。成人の脳幹は長さ約7.5cm、太さは親指程度と小さな部分ですが、生命維持に関与する意識・呼吸・循環を調節するなど、脳幹の果たす役割はきわめて重要です。脳幹に回復不可能な障害が生じると、脳死を引き起こします。

 

脳幹は、上から間脳、中脳、橋、延髄の部分に分けられます。

中脳には、視覚や聴覚、眼球運動などの中枢があり、音の刺激で眼球を動かしたり体を動かす反応を担当しています。中脳に含まれる黒質(こくしつ)という部分が変性した状態がパーキンソン病です。 

橋(きょう)は、上部の中脳や大脳と下部の延髄以下の部分の連絡路で、三叉神経、顔面神経核、蝸牛神経核などがここを通っています。また、呼吸調節にも関係しています。

一番下にある延髄には多数の神経核があり、また脊髄につながる神経線維の束もあります。ここには生命維持に欠かせない呼吸中枢、心臓中枢があります。また、、くしゃみ、発声、吸綴(吸引)反射、嚥下、唾液分泌、涙液分泌、発汗などの中枢の神経核もここにあります。

 

MEMO脳死と植物状態

脳幹の機能が停止した状態を脳死といいます。厳密には大脳、小脳、脳幹、脊髄のすべての中枢神経系の細胞が死滅した状態(全脳死)が脳死です。大脳の機能が失われて脳幹だけが生きている状態は植物状態です。

 

MEMOパーキンソン病

神経と神経の間の情報伝達物質であるドーパミンを作る黒質が変性・消失する疾患。運動の調節ができなくなり、ふるえ(振戦)や運動時の筋の抵抗(筋きんの固縮)、小刻み歩行などの症状が現れます。

 

MEMO吸綴(きゅうてつ)反射

生後4か月ごろまでの乳児の口唇、口腔粘膜に触れると、乳児は反射的に吸引運動を行います。吸引反射ともいいます。口腔に指を挿入するとか、舌に触わると最も強く現れます。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? [11/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? 脳は覚醒時でも睡眠時でも、常に一定の代謝活動を行っているので、血液を大量に必要とする臓... [ 記事を読む ]

  • 脳はどうやって守られているの? [11/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。 脳はどうやって守られているの? 脳の実質はとても柔らかい組織です。脳には重要な中枢や神経がぎっしりと詰まっていますが、破壊さ... [ 記事を読む ]

  • 脳幹はどんな働きをしているの? [11/17up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳幹」に関するQ&Aです。 脳幹はどんな働きをしているの? 大脳を支える幹のような形をした部分が脳幹です。成人の脳幹は長さ約7.5cm、太さは親指程度と小さな部分で...

  • 間脳はどんな役割を果たしているの? [11/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「間脳」に関するQ&Aです。 間脳(かんのう)はどんな役割を果たしているの? 大脳の深部に位置しているのが間脳です。間脳は、視床、視床下部などから成り立っています。左... [ 記事を読む ]

  • 脳波って何? [11/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳波」に関するQ&Aです。 脳波って何? 大脳皮質からは常に微弱な電気信号が出されており、大脳の働きや精神状態によってその周波数が微妙に変化しています。この電気信号... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

過去のいじめで

浜田師長のいじめの後遺症で今も苦しむ看護師と面会するもも子。そこで語られたこととは… [ 記事を読む ]

神経所見のとり方

感覚障害を診察する場合、①左右差、②上肢と下肢の差、③近位部と遠位部の差に注意し、評価します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
914
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
770
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
777
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
700
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

ドラマ『ブラック・ペアン』どの医師が好き?

投票数:
302
実施期間:
2018年04月24日 2018年05月15日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
661
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者318

65歳男性のAさんは、1年前より徐々に排尿困難を自覚するようになり、来院しました。検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)8.3ng/mLで前立腺右葉にガンを認めたため、手術目的で入院となりました。入院3日後、根治的前立腺全摘除術が行われ、膀胱尿道吻合部にドレーンを1本、膀胱内留置カテーテル(固定水10mL)が留置されています。術後2日目にAさんから「手術してからずっと尿意が続いている。管を抜いてほしい」と訴えがありました。受け持ちであるあなたの対応として最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.本人の希望を尊重し、膀胱留置カテーテルを抜去した。
  • 2.管が太いために違和感が強いのだろうと判断し、細い膀胱留置カテーテルに入れ替えた。
  • 3.尿意の原因は尿管カテーテルの閉塞であると判断し、まず下腹部を押して尿の排泄を促した。
  • 4.抜去できない理由を説明し、Aさんに協力を依頼した。
今日のクイズに挑戦!