1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効?

2017年03月13日

硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「硬膜外投与と静脈投与」に関するQ&Aです。

森 至弘
医療法人医誠会医誠会病院消化器外科医長
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効?

硬膜外投与です。

〈目次〉

 

硬膜外投与ってなに?

硬膜外投与とは、脊髄神経が存在するクモ膜下腔の、1つ外側の硬膜外腔という空間に麻酔薬を注入することで、神経をブロックして痛みを抑える鎮痛法で、広い意味での局所麻酔の一種です(図1)。

図1局所麻酔と全身麻酔による侵害刺激の差異(2,3)

局所麻酔と全身麻酔による侵害刺激の差異

 

術後の鎮痛に用いる場合には通常、硬膜外腔に細いカテーテルを入れ、そこから持続的に薬剤を投与する持続硬膜外麻酔を行います(図23)。また、局所麻酔薬以外に、モルヒネ等のオピオイド(医療用麻薬)を投与することもできます。

図2腰部の硬膜外腔

腰部の硬膜外腔

図3硬膜外カテーテルの挿入

硬膜外カテーテルの挿入

 

静脈投与ってなに?

経静脈的にモルヒネ等のオピオイドを全身に投与することで疼痛を管理する鎮痛法です。中枢神経と末梢神経の両方に作用して鎮痛効果を発揮します。

 

硬膜外投与と静脈投与ではどう違うの?

静脈投与は点滴があればそこから薬剤を投与できますが、オピオイドを全身に投与するため、呼吸抑制や、腸管蠕動の抑制による便秘や吐き気などの副作用が出現する可能性があります。体動時の鎮痛効果は硬膜外麻酔に比べて劣るとされており、また、オピオイドの全身投与の際の鎮痛効果が得られる投与量は個人差が大きいため、患者ごとに投与量の調節が必要となります。

硬膜外投与は静脈投与より鎮痛効果(特に体動時)にすぐれ、術後の呼吸器合併症が少なく、消化管運動も早期に回復するとされています。しかし、穿刺に技術を要し、また患者の脊椎の形状や体型、手術部位によってはできない場合もあります。穿刺中に安静を保てない患者や出血傾向のある患者にも行うことはできません。また、硬膜外腔の血腫や膿瘍、硬膜穿刺による頭痛や神経障害などの特有の合併症もあります。

 

表1静脈投与と硬膜外投与の利点と欠点

  IV-PCA(静脈投与) 硬膜外PCA(硬膜外投与)
利点
  • 投与経路の確立が容易
  • 適応症例が多い(硬膜外穿刺禁忌症例に も使用できる)
  • 効果発現が速い
  • 体動時の鎮痛効果が高い
  • 術後呼吸器合併症が比較的少ない
  • 消化管運動の早期回復
  • 大手術後、血管手術後の循環器合併症の減少
欠点
  • 体動時の鎮痛効果が劣る
  • 術後呼吸器合併症が比較的多い
  • 消化管機能回復の遅延
  • 悪心・嘔吐
  • 瘙痒感
  • 過度鎮静作用による離床の遅れ
  • 呼吸抑制
  • 部位・併存疾患により対象が限定
  • 穿刺に特別な技術が必要
  • 血圧低下
  • 悪心・嘔吐
  • 瘙痒感
  • 神経障害
  • 脊髄硬膜外血腫
  • 遅発性呼吸抑制(モルヒネ)

IV-PCA:intravenous patient-controlled analgesia PCA:patient-controlled analgesia 井上莊一郎, 平幸輝, 瀬尾憲正:IV-PCA と硬膜外PCA(PCEA)の選択と適応 - IV-PCA の適応- . 日臨麻会誌 2010;30:676-682. より一部改変して引用

 

硬膜外投与と静脈投与では、どちらが疼痛緩和に有効?

前述のとおり、単純に鎮痛効果を比べると硬膜外投与のほうが効果が高いとされています。

しかし、静脈投与も個々の患者に合わせて投与量を調節すれば十分効果を発揮するので、患者の背景疾患や手術部位によってはむしろ静脈投与のほうが有利な場合もあります。

それぞれの患者に合わせて最適な鎮痛法を行うことが重要です。

 

⇒〔術前・術後ケア〕記事一覧を見る


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 麻酔が切れなくても、 鎮痛薬を投与していいの? [03/27up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「鎮痛薬の投与間隔」に関するQ&Aです。 嵐大輔 大阪市立総合医療センター麻酔科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • PCAポンプを用いたほうが痛みの緩和に有効って本当? [03/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「PCAポンプを用いた痛みの緩和」に関するQ&Aです。 笠置益弘 三田市民病院麻酔科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 硬膜外投与と静脈投与ではどちらが疼痛緩和に有効? [03/13up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「硬膜外投与と静脈投与」に関するQ&Aです。 森 至弘 医療法人医誠会医誠会病院消化器外科医長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長  ...

  • 硬膜外カテーテルが留置されていたら痛みは感じない? [03/06up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「硬膜外カテーテル」に関するQ&Aです。 辛木吏恵 大阪市立総合医療センター看護部(中央手術部) 奥谷 龍 大阪市立総合医療センター麻酔科 編著 ... [ 記事を読む ]

  • 腹腔鏡手術って本当に痛くないの? [02/27up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腹腔鏡手術」に関するQ&Aです。 後藤航 大阪市立総合医療センター消化器外科 井上透 大阪市立総合医療センター消化器外科 編著 西口幸雄 大阪... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 「神酒クリニックで乾杯を」で腹部血管解剖を学ぶ|けいゆう先生の医療ドラマ解説【9】 [02/13up]

    執筆:山本健人 (ペンネーム:外科医けいゆう)   医療ドラマを題材に、看護師向けに医学的知識を紹介するこのコーナー。 今回は、現在BSテレ東で放送中の「神酒クリニックで乾杯を」を取り上げます。 ... [ 記事を読む ]

  • 体温のモニタリング|術中モニタリング [09/08up]

    『オペナース』2014年創刊号<術前・術後看護の視点>より抜粋。 体温のモニタリングについて解説します。   Point 体温は手術室の環境や,麻酔や手術という侵襲によって影響を受けます。 術式・体... [ 記事を読む ]

  • くも膜下出血の手術 [11/17up]

    『BRAIN』2013年第1号<脳神経外科手術の合併症と術後ケア>より抜粋。 くも膜下出血の手術について解説します。 Point 術前は再出血予防,術後は脳血管攣縮対策が治療の要です。 脳血管攣縮が起きる... [ 記事を読む ]

  • コッヘル鉗子|鉗子(1) [10/28up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『コッヘル鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説し... [ 記事を読む ]

  • 手術部位感染(SSI) [01/08up]

    『WOC Nursing』2015年9月号<創傷と細菌感染を考える~細菌感染を考慮した創傷管理~>より抜粋。 手術部位感染(SSI)について解説します。 Point 手術部位感染(surgical site ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1312
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1329
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1205
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1075
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
959
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
683
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7519

◆消化器の問題◆ドレーン挿入中の観察とアセスメントとして適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.ドレーン挿入部の皮膚周囲に発赤や熱感を認めたら、感染ではなく縫合不全を疑う。
  • 2.直腸切除後のダグラス窩ドレーンから膿汁の排液を認めたら、腹腔内感染を疑う。
  • 3.術直後の観察でドレーンから100mL/時以上の血性排液を認めたら、術後出血を疑う。
  • 4.胸腔ドレナージ中に水封室の呼吸性移動が見られない場合は、ドレーンの閉塞を疑う。
今日のクイズに挑戦!