1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 発熱時のルーチンなクーリングは必要?

2017年01月09日

発熱時のルーチンなクーリングは必要?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「発熱時のクーリング」に関するQ&Aです。

発熱時のルーチンなクーリングは必要?

現在は推奨されていません。特にシバリングを起こしているときにはクーリングは禁忌です。

〈目次〉

 

クーリングを正しく理解している?

発熱時のクーリングは看護師が最も頻繁に行う看護ケアの1つですが、その適応に関して正しく理解されないまま慣習的に行われていることが多いようです(1)。発熱しているからとりあえずクーリングしておこうという人は多いかもしれません。

そもそもクーリングは何のために行うのでしょうか。

不快感の軽減のためでしょうか。解熱のためでしょうか。一般病棟でよく行われている氷枕などによる頭部のクーリングには解熱効果はなく(2)、表在性に大きな動脈がある部位を複数箇所冷やす3点クーリングや5点クーリングなどもその効果は不明瞭です(3)。

また、たとえクーリングに解熱効果があったとしても、感染症などの体温調節中枢の設定温度(セットポイント)が上昇する病態ではシバリングを惹起して病態を悪化してしまう(4)という意見もあります。

解熱のためのルーチンなクーリングは考えなおしたほうがよさそうです。

 

クーリングの適応とは?

クーリングの適応を理解するには、まずは高体温について理解しなければいけません。

高体温は、発症メカニズムの違いによって「発熱」と「うつ熱」に分けられます。

体温は通常、視床下部の体温調節中枢によって一定の温度にコントロールされていますが、さまざまな要因(感染症や手術など)によって設定温度(セットポイント)が上昇することで起こる高体温が発熱です。

うつ熱は熱中症に代表されるように、外部環境の異常によって起こる高体温で、セットポイントは上昇しません。うつ熱の場合はクーリングのよい適応となります。

しかし、前述したように発熱の場合はシバリングを惹起して病態を悪化させてしまう可能性があります。

なぜ発熱でのみシバリングを惹起してしまうのでしょうか。

発熱時に起こるシバリングは、セットポイントが上がることで相対的に低体温の状態となり、骨格筋を収縮させる(震える)ことで効率よく体温を上げるための現象です。シバリングによる弊害(表1)を避けるためにも、シバリング時は体温をなるべく早く上げてセットポイントに到達させることが肝要です。

つまり、やるべきことはクーリングではなく保温です。

表1シバリングの弊害(7)

  • 酸素消費量を2倍に増加
  • 眼圧や脳圧の上昇
  • 創痛の増加
  • 不快感

シバリング中にクーリングをすることは言語道断ですが、シバリングをしていなくてもセットポイントが上がったままの状態でクーリングを開始した場合、一時的に体温が下がって再度シバリングを惹起する可能性があります。解熱薬を使用したり病態が改善することでセットポイントが下がり、解熱期に入ります。

解熱期になると身体表面が熱くなり発汗が見られますが、このときにクーリングを併用すると効果的な場合があります。

 

深い沈静下でのクーリングは有効

敗血症の患者に対してクーリングの効果を検討した論文があります(5)。それによると積極的にクーリングをした群はクーリング開始2時間後の体温が有意に低下し、短期死亡率も低下させたと報告されています。ただし、この研究は鎮静下の人工呼吸患者を対象としており、深い鎮静下ではシバリングが抑制されるため効果的に解熱効果が得られるようです。

また、具体的なクーリング方法は記されていませんが、解熱目的のクーリング方法には冷却ブランケットや蒸散冷却法(ぬるま湯タオルで体を拭き気化熱を利用して体温を低下させる方法)、冷却輸液などもあり、それらが行われた可能性もあります。

いずれにせよ敗血症では解熱薬の投与が死亡率を悪化させる可能性がある(6)ことを考えると、クーリングによる解熱は比較的安全で効果的であるといえます。

 

3点クーリングをよく行いますが、 本当に効果がないのでしょうか。

 

効果があると報告している文献もあるし、効果が ないと報告している文献もあります。つまり明確な根拠はないということです。
シバリングを惹起したり、それに伴う病態の悪化 などの弊害を考えると、高熱だからといって安易 に3点クーリングすることは控えるべきです。

⇒〔術前・術後ケア〕記事一覧を見る


[文献]


[Profile]
久保健太郎
大阪市立総合医療センター看護部


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

  • 周術期の血糖コントロールはどう行う? [01/23up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「周術期の血糖コントロール」に関するQ&Aです。 周術期の血糖コントロールはどう行う? 周術期の血糖コントロールには強化インスリン療法が... [ 記事を読む ]

  • 術後の低体温予防は必要ないの? [01/16up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の低体温予防」に関するQ&Aです。 術後の低体温予防は必要ないの? 低体温予防は必要ですが、特別な器具を用いる必要はありません。 ... [ 記事を読む ]

  • 発熱時のルーチンなクーリングは必要? [01/09up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「発熱時のクーリング」に関するQ&Aです。 発熱時のルーチンなクーリングは必要? 現在は推奨されていません。特にシバリングを起こしている...

  • 術後の発熱には解熱薬を投与したほうがいい? [01/02up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後発熱に対する解熱薬の投与」に関するQ&Aです。 術後の発熱には解熱薬を投与したほうがいい? ルーチンに解熱薬を投与することは推奨さ... [ 記事を読む ]

  • 全身麻酔後、覚醒状態でも枕は入れてはいけない? [12/26up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「全身麻酔後の覚醒状態」に関するQ&Aです。 全身麻酔後、覚醒状態でも枕は入れてはいけない? 舌根沈下を予防するため、枕の使用は避けまし... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 経皮的心肺補助装置:PCPS [10/22up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は経皮的心肺補助装置(PCPS)について説明します。   《経皮的心肺補助装置(PCPS)について》 主な適応 ... [ 記事を読む ]

  • メイヨー剪刀|剪刀(2) [03/31up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、前回の『クーパー剪刀』に続き、『メイヨー剪刀』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆... [ 記事を読む ]

  • 腹壁鈎(鞍状鈎)|鈎(6) [07/27up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『腹壁鈎(鞍状鈎)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づいて... [ 記事を読む ]

  • ペアン鉗子|鉗子(2) [11/18up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ペアン鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • 肝臓鈎|鈎(4) [03/14up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『肝臓鈎』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づいて解説しています... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1487
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
528
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
268
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者590

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!