1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 発熱時のルーチンなクーリングは必要?

2017年01月09日

発熱時のルーチンなクーリングは必要?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「発熱時のクーリング」に関するQ&Aです。

発熱時のルーチンなクーリングは必要?

現在は推奨されていません。特にシバリングを起こしているときにはクーリングは禁忌です。

〈目次〉

 

クーリングを正しく理解している?

発熱時のクーリングは看護師が最も頻繁に行う看護ケアの1つですが、その適応に関して正しく理解されないまま慣習的に行われていることが多いようです(1)。発熱しているからとりあえずクーリングしておこうという人は多いかもしれません。

そもそもクーリングは何のために行うのでしょうか。

不快感の軽減のためでしょうか。解熱のためでしょうか。一般病棟でよく行われている氷枕などによる頭部のクーリングには解熱効果はなく(2)、表在性に大きな動脈がある部位を複数箇所冷やす3点クーリングや5点クーリングなどもその効果は不明瞭です(3)。

また、たとえクーリングに解熱効果があったとしても、感染症などの体温調節中枢の設定温度(セットポイント)が上昇する病態ではシバリングを惹起して病態を悪化してしまう(4)という意見もあります。

解熱のためのルーチンなクーリングは考えなおしたほうがよさそうです。

 

クーリングの適応とは?

クーリングの適応を理解するには、まずは高体温について理解しなければいけません。

高体温は、発症メカニズムの違いによって「発熱」と「うつ熱」に分けられます。

体温は通常、視床下部の体温調節中枢によって一定の温度にコントロールされていますが、さまざまな要因(感染症や手術など)によって設定温度(セットポイント)が上昇することで起こる高体温が発熱です。

うつ熱は熱中症に代表されるように、外部環境の異常によって起こる高体温で、セットポイントは上昇しません。うつ熱の場合はクーリングのよい適応となります。

しかし、前述したように発熱の場合はシバリングを惹起して病態を悪化させてしまう可能性があります。

なぜ発熱でのみシバリングを惹起してしまうのでしょうか。

発熱時に起こるシバリングは、セットポイントが上がることで相対的に低体温の状態となり、骨格筋を収縮させる(震える)ことで効率よく体温を上げるための現象です。シバリングによる弊害(表1)を避けるためにも、シバリング時は体温をなるべく早く上げてセットポイントに到達させることが肝要です。

つまり、やるべきことはクーリングではなく保温です。

表1シバリングの弊害(7)

  • 酸素消費量を2倍に増加
  • 眼圧や脳圧の上昇
  • 創痛の増加
  • 不快感

シバリング中にクーリングをすることは言語道断ですが、シバリングをしていなくてもセットポイントが上がったままの状態でクーリングを開始した場合、一時的に体温が下がって再度シバリングを惹起する可能性があります。解熱薬を使用したり病態が改善することでセットポイントが下がり、解熱期に入ります。

解熱期になると身体表面が熱くなり発汗が見られますが、このときにクーリングを併用すると効果的な場合があります。

 

深い沈静下でのクーリングは有効

敗血症の患者に対してクーリングの効果を検討した論文があります(5)。それによると積極的にクーリングをした群はクーリング開始2時間後の体温が有意に低下し、短期死亡率も低下させたと報告されています。ただし、この研究は鎮静下の人工呼吸患者を対象としており、深い鎮静下ではシバリングが抑制されるため効果的に解熱効果が得られるようです。

また、具体的なクーリング方法は記されていませんが、解熱目的のクーリング方法には冷却ブランケットや蒸散冷却法(ぬるま湯タオルで体を拭き気化熱を利用して体温を低下させる方法)、冷却輸液などもあり、それらが行われた可能性もあります。

いずれにせよ敗血症では解熱薬の投与が死亡率を悪化させる可能性がある(6)ことを考えると、クーリングによる解熱は比較的安全で効果的であるといえます。

 

3点クーリングをよく行いますが、 本当に効果がないのでしょうか。

 

効果があると報告している文献もあるし、効果が ないと報告している文献もあります。つまり明確な根拠はないということです。
シバリングを惹起したり、それに伴う病態の悪化 などの弊害を考えると、高熱だからといって安易 に3点クーリングすることは控えるべきです。

⇒〔術前・術後ケア〕記事一覧を見る


[文献]


[Profile]
久保健太郎
大阪市立総合医療センター看護部


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

  • 周術期の血糖コントロールはどう行う? [01/23up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「周術期の血糖コントロール」に関するQ&Aです。 周術期の血糖コントロールはどう行う? 周術期の血糖コントロールには強化インスリン療法が... [ 記事を読む ]

  • 術後の低体温予防は必要ないの? [01/16up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の低体温予防」に関するQ&Aです。 術後の低体温予防は必要ないの? 低体温予防は必要ですが、特別な器具を用いる必要はありません。 ... [ 記事を読む ]

  • 発熱時のルーチンなクーリングは必要? [01/09up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「発熱時のクーリング」に関するQ&Aです。 発熱時のルーチンなクーリングは必要? 現在は推奨されていません。特にシバリングを起こしている...

  • 術後の発熱には解熱薬を投与したほうがいい? [01/02up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後発熱に対する解熱薬の投与」に関するQ&Aです。 術後の発熱には解熱薬を投与したほうがいい? ルーチンに解熱薬を投与することは推奨さ... [ 記事を読む ]

  • 全身麻酔後、覚醒状態でも枕は入れてはいけない? [12/26up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「全身麻酔後の覚醒状態」に関するQ&Aです。 全身麻酔後、覚醒状態でも枕は入れてはいけない? 舌根沈下を予防するため、枕の使用は避けまし... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • ドレナージの目的と適応 [01/08up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回はドレナージの目的と適応について説明します。   Point ドレナージの分類には、「治療的ドレナージ」「予防的ドレナージ」「情報(イ... [ 記事を読む ]

  • ケント鈎|鈎(7) [09/07up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ケント鈎』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • アドソン鑷子|鑷子(2) [06/22up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『アドソン鑷子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説し... [ 記事を読む ]

  • 内視鏡手術時のドレーンの処置 [03/05up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は内視鏡手術時のドレーンの処置について説明します。   Point 腹部における代表的な内視鏡手術である「腹腔鏡手術」は、傷が小さく目... [ 記事を読む ]

  • ウィスカー鈎(肺圧排鈎)|鈎(5) [03/22up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ウィスカー鈎』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づいて解説... [ 記事を読む ]

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
806
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
891
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
693
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
661
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
461
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
327
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
481
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者525

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!