1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 排便後、血圧低下により気分不快が生じることがあるのはなぜ?

2016年10月01日

排便後、血圧低下により気分不快が生じることがあるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は排便に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

排便後、血圧低下により気分不快が生じることがあるのはなぜ?

排便後の迷走神経活動の亢進と交感神経活動の低下によって、血圧低下や徐脈などが起こるからです。

 

状況失神とは

排便や排尿、嚥下、嘔吐咳嗽などの日常的な動作で誘発される失神状況失神とよび、血管迷走神経性失神、頚動脈洞失神を含め神経調節性失神症候群と総称されます。

排便を含め上記の日常動作によって誘発される状況失神では、急激な迷走神経活動の亢進と交感神経活動の低下によって、徐脈や血圧低下をきたし、失神に至る機序が考えられています。

排便失神は中・高年齢の女性に多く発症し、排便時の“いきみ”に伴った静脈還流の減少と腸管の運動に伴った迷走神経反射が主な原因となります。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ? [10/08up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   浣腸は無菌操作でなくてもよいのはなぜ? 健康人の大腸内には、腸内細菌叢により細菌が... [ 記事を読む ]

  • ストレスがかかると排便状態に影響が出るのはなぜ? [10/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はストレスによる排便状態に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   ストレスがかかると排便状態に影響が出るのはなぜ? ストレスによっ... [ 記事を読む ]

  • 排便後、血圧低下により気分不快が生じることがあるのはなぜ? [10/01up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は排便に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   排便後、血圧低下により気分不快が生じることがあるのはなぜ? 排便後の迷走神経活動の...

  • 便秘時、果物、野菜、水分などを多くとるとよいといわれるのはなぜ? [09/27up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は便秘の原因に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   便秘時、果物、野菜、水分などを多くとるとよいといわれるのはなぜ? 腸の蠕動運... [ 記事を読む ]

  • 便にいろいろな性状があるのはなぜ? [09/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は便の性状に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   便にいろいろな性状があるのはなぜ? 便は、食物が口から摂取されて排泄されるまで... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1749
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1312
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1205
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1063
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
937
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
452
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者949

クローン病患者さんへの食事指導の内容として、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.乳製品は避けましょう。
  • 2.山菜やきのこなどの食物繊維を摂りましょう。
  • 3.白身魚や青魚、豆腐などでタンパク質を摂りましょう。
  • 4.豚バラ肉などの脂身の多い肉を食べましょう。
今日のクイズに挑戦!