1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 副腎髄質ホルモン|内分泌

2017年02月17日

副腎髄質ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、副腎髄質ホルモンについて解説します。

〈目次〉

 

Summary

  • 副腎髄質ホルモンには、アドレナリンノルアドレナリンおよびドーパミンがある。
  • アドレナリン(ノルアドレナリン)の受容体は、β、α1およびα2受容体に分類される。
  • アドレナリンの主要な作用は心収縮力の増大、ノルアドレナリンの主要な作用は細動脈の収縮である。

 

副腎髄質ホルモンはカテコールアミン 〔 catecholamine 〕

副腎髄質ホルモンには、アドレナリン adrenaline、ノルアドレナリン noradrenaline、ドーパミン dopamine があり、これらを総称してカテコールアミンという(『ホルモンの化学構造』参照)。

副腎髄質から分泌されるホルモンの約80%はアドレナリンで、残りの大部分がノルアドレナリンである。ノルアドレナリンをアドレナリンに変換する酵素 phenylethanolamine Nmethyltransferase は副腎髄質に含まれ、副腎皮質ホルモン糖質コルチコイド)によって活性化される。

アドレナリンとノルアドレナリンの作用は似ているが違いもある。アドレナリンは、主に心臓に作用し心収縮力を増大させる。ノルアドレナリンは、主に血管平滑筋に作用し細動脈を収縮させる。いずれも血圧を上昇させる(表1)。

表1アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

 

血中のドーパミンの作用は明確でない。副腎皮質ホルモンは生命必須ホルモンとよばれ、生命維持に不可欠であるが、副腎髄質ホルモンは仮に分泌が止まったとしても交感神経末端からノルアドレナリンが分泌される(アドレナリンは分泌されない)ので死に至ることはない。

アドレナリン受容体は、連携するGタンパク質により、β受容体、α1受容体およびα2受容体に分類される(表2)。

表2アドレナリン受容体のサブタイプ

アドレナリン受容体のサブタイプ

 

カテコールアミンの生合成(図1

図1カテコールアミンの生合成

カテコールアミンの生合成

 

アミノ酸のチロシン tyrosine が tyrosine 3-monooxygenase で酸化されるとL-ドーパL-dopa(3,4-dihydroxyphenylalanine)になる。

L-ドーパが aromatic-L-amino-acid decarboxylase で脱炭酸化されるとドーパミン(3-hydroxytyramine)になる。

さらにドーパミンが dopamine β-monooxygenase で酸化されるとノルアドレナリンになる。

phenylethanolamine Nmethyltransferaseでノルアドレナリンにメチル基が導入されるとアドレナリンになる。

 

アドレナリンとエピネフリンは同じもの

ラテン語でadは副、 ren は腎臓を意味するので、 adrenaline は副腎のホルモンの意味になる。

同様にギリシャ語で epi は副、 nephr は腎臓を意味するので、エピネフリン epinephrine はアドレナリンの別名である。

アドレナリンの命名は高峰譲吉、エピネフリンの命名は米国のエーベル(J.J.Abel)で、アメリカではエピネフリンが使われている(「ホルモンの発見」参照)。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

関連記事

  • タンパク質はどのように代謝されるの? [03/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「タンパク質代謝」に関するQ&Aです。 タンパク質はどのように代謝されるの? 食物中のタンパク質はアミノ酸まで分解されて吸収され、門脈を通じて肝臓に運ばれます。そして... [ 記事を読む ]

  • 細胞はどのように栄養を取り込むの? [01/26up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は細胞と栄養に関するQ&Aです。 細胞はどのように栄養を取り込むの? 細胞は細胞膜、核、細胞質から成り立っています(図1)。 図1細胞の構造  ... [ 記事を読む ]

  • 糖質はどのような形で吸収されるの? [02/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は糖質の吸収に関するQ&Aです。 糖質はどのような形で吸収されるの? 糖質は炭水化物とも呼ばれ、単糖(たんとう)、少糖(しょとう)、多糖(たとう)に分けられます。 ... [ 記事を読む ]

  • コレステロールはなぜ必要なの? [03/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「コレステロールの必要性」に関するQ&Aです。 コレステロールはなぜ必要なの? コレステロールが多いと動脈硬化や脂質異常症(ししついじょうしょう)の原因になりますが、... [ 記事を読む ]

  • グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの? [02/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はグルコースの吸収に関するQ&Aです。 グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの? グルコース(ブドウ糖)が細胞に取り込まれないと、細胞はエネルギー源を失い... [ 記事を読む ]

いちおし記事

成人肺炎診療ガイドライン2017発表

繰り返す誤嚥性肺炎・終末期肺炎に「治療しない」選択肢が提示されました。 [ 記事を読む ]

経口レスキュー薬の上手な使い方

「痛い? じゃあ飲んでおきましょう」に、もうひと工夫 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分の子どもが「看護師になりたい」と言ったら賛成?

投票数:
603
実施期間:
2017年05月05日 2017年05月26日

配属先、希望は叶った?

投票数:
501
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
454
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
761
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
403
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
303
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者156

心係数2.3/min/m2、肺動脈楔入圧22mmHgの患者さんのフォレスター分類はⅡですが、どのような治療が有効でしょうか?

  • 1.輸液負荷、カテコラミンの投与
  • 2.カテコラミンの投与、IABP、PCPS
  • 3.利尿薬、血管拡張薬
  • 4.安静
今日のクイズに挑戦!