1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 副腎髄質ホルモン|内分泌

2017年02月17日

副腎髄質ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、副腎髄質ホルモンについて解説します。

〈目次〉

 

Summary

  • 副腎髄質ホルモンには、アドレナリン、ノルアドレナリンおよびドーパミンがある。
  • アドレナリン(ノルアドレナリン)の受容体は、β、α1およびα2受容体に分類される。
  • アドレナリンの主要な作用は心収縮力の増大、ノルアドレナリンの主要な作用は細動脈の収縮である。

 

副腎髄質ホルモンはカテコールアミン 〔 catecholamine 〕

副腎髄質ホルモンには、アドレナリン adrenaline、ノルアドレナリン noradrenaline、ドーパミン dopamine があり、これらを総称してカテコールアミンという(『ホルモンの化学構造』参照)。

副腎髄質から分泌されるホルモンの約80%はアドレナリンで、残りの大部分がノルアドレナリンである。ノルアドレナリンをアドレナリンに変換する酵素 phenylethanolamine Nmethyltransferase は副腎髄質に含まれ、副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)によって活性化される。

アドレナリンとノルアドレナリンの作用は似ているが違いもある。アドレナリンは、主に心臓に作用し心収縮力を増大させる。ノルアドレナリンは、主に血管平滑筋に作用し細動脈を収縮させる。いずれも血圧を上昇させる(表1)。

表1アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

 

血中のドーパミンの作用は明確でない。副腎皮質ホルモンは生命必須ホルモンとよばれ、生命維持に不可欠であるが、副腎髄質ホルモンは仮に分泌が止まったとしても交感神経末端からノルアドレナリンが分泌される(アドレナリンは分泌されない)ので死に至ることはない。

アドレナリン受容体は、連携するGタンパク質により、β受容体、α1受容体およびα2受容体に分類される(表2)。

表2アドレナリン受容体のサブタイプ

アドレナリン受容体のサブタイプ

 

カテコールアミンの生合成(図1

図1カテコールアミンの生合成

カテコールアミンの生合成

 

アミノ酸のチロシン tyrosine が tyrosine 3-monooxygenase で酸化されるとL-ドーパL-dopa(3,4-dihydroxyphenylalanine)になる。

L-ドーパが aromatic-L-amino-acid decarboxylase で脱炭酸化されるとドーパミン(3-hydroxytyramine)になる。

さらにドーパミンが dopamine β-monooxygenase で酸化されるとノルアドレナリンになる。

phenylethanolamine Nmethyltransferaseでノルアドレナリンにメチル基が導入されるとアドレナリンになる。

 

アドレナリンとエピネフリンは同じもの

ラテン語でadは副、 ren は腎臓を意味するので、 adrenaline は副腎のホルモンの意味になる。

同様にギリシャ語で epi は副、 nephr は腎臓を意味するので、エピネフリン epinephrine はアドレナリンの別名である。

アドレナリンの命名は高峰譲吉、エピネフリンの命名は米国のエーベル(J.J.Abel)で、アメリカではエピネフリンが使われている(「ホルモンの発見」参照)。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

関連記事

  • 男性ホルモンと女性ホルモンはどう違うの? [10/20up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「男性ホルモンと女性ホルモン」に関するQ&Aです。 男性ホルモンと女性ホルモンはどう違うの? 男性ホルモンと女性ホルモンを合わせて性ホルモンといいます。 どちら... [ 記事を読む ]

  • FT3(遊離トリヨードサイロニン)・FT4(遊離サイロキシン)|ホルモン [10/28up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、FT3(遊離トリヨードサイロニン)FT4(遊離サイロキシン)について解説します。   FT3(遊離トリヨードサイロニン)FT4(遊離サイロキシ... [ 記事を読む ]

  • タンパク質はどのように代謝されるの? [03/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「タンパク質代謝」に関するQ&Aです。 タンパク質はどのように代謝されるの? 食物中のタンパク質はアミノ酸まで分解されて吸収され、門脈を通じて肝臓に運ばれます。そして... [ 記事を読む ]

  • 内分泌系の副司令塔はどこにあるの? [09/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌系の副司令塔」に関するQ&Aです。 内分泌系の副司令塔はどこにあるの? 視床下部からのホルモンを受け取り、その情報を下位に伝えるホルモンを分泌するのが下垂体前... [ 記事を読む ]

  • 副甲状腺は甲状腺と関連があるの? [09/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官とホルモン」に関するQ&Aです。 副甲状腺は甲状腺と関連があるの? 副甲状腺(上皮小体)は、甲状腺の後側面に位置することからその名があるのですが、機能的には... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「夜勤で体を壊さないために」ナースが知るべき3つのエビデンス

ナースの健康を守れ!効果的な夜勤中/夜勤前後の睡眠方法をお教えします。 [ 記事を読む ]

「痛がり」の患者さん、どう対応すればいい?

痛み止めを頻繁にほしがる患者さん。「予防鎮痛」が対応のポイントになるかも? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今年(2017年)一番、がんばったことは何?

投票数:
907
実施期間:
2017年12月29日 2018年01月19日

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
782
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
868
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
671
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
637
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
419
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者67

次の選択肢の中で、以下のバイオハザードマークのある容器に捨てる医療用廃棄物はどれでしょうか?

  • 1.使用済み注射針
  • 2.血液が付着したガーゼ
  • 3.手術で摘出した組織
  • 4.検査で使用したシャーレ
今日のクイズに挑戦!