1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 副腎髄質ホルモン|内分泌

2017年02月17日

副腎髄質ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、副腎髄質ホルモンについて解説します。

〈目次〉

 

Summary

  • 副腎髄質ホルモンには、アドレナリン、ノルアドレナリンおよびドーパミンがある。
  • アドレナリン(ノルアドレナリン)の受容体は、β、α1およびα2受容体に分類される。
  • アドレナリンの主要な作用は心収縮力の増大、ノルアドレナリンの主要な作用は細動脈の収縮である。

 

副腎髄質ホルモンはカテコールアミン 〔 catecholamine 〕

副腎髄質ホルモンには、アドレナリン adrenaline、ノルアドレナリン noradrenaline、ドーパミン dopamine があり、これらを総称してカテコールアミンという(『ホルモンの化学構造』参照)。

副腎髄質から分泌されるホルモンの約80%はアドレナリンで、残りの大部分がノルアドレナリンである。ノルアドレナリンをアドレナリンに変換する酵素 phenylethanolamine Nmethyltransferase は副腎髄質に含まれ、副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)によって活性化される。

アドレナリンとノルアドレナリンの作用は似ているが違いもある。アドレナリンは、主に心臓に作用し心収縮力を増大させる。ノルアドレナリンは、主に血管平滑筋に作用し細動脈を収縮させる。いずれも血圧を上昇させる(表1)。

表1アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

 

血中のドーパミンの作用は明確でない。副腎皮質ホルモンは生命必須ホルモンとよばれ、生命維持に不可欠であるが、副腎髄質ホルモンは仮に分泌が止まったとしても交感神経末端からノルアドレナリンが分泌される(アドレナリンは分泌されない)ので死に至ることはない。

アドレナリン受容体は、連携するGタンパク質により、β受容体、α1受容体およびα2受容体に分類される(表2)。

表2アドレナリン受容体のサブタイプ

アドレナリン受容体のサブタイプ

 

カテコールアミンの生合成(図1

図1カテコールアミンの生合成

カテコールアミンの生合成

 

アミノ酸のチロシン tyrosine が tyrosine 3-monooxygenase で酸化されるとL-ドーパL-dopa(3,4-dihydroxyphenylalanine)になる。

L-ドーパが aromatic-L-amino-acid decarboxylase で脱炭酸化されるとドーパミン(3-hydroxytyramine)になる。

さらにドーパミンが dopamine β-monooxygenase で酸化されるとノルアドレナリンになる。

phenylethanolamine Nmethyltransferaseでノルアドレナリンにメチル基が導入されるとアドレナリンになる。

 

アドレナリンとエピネフリンは同じもの

ラテン語でadは副、 ren は腎臓を意味するので、 adrenaline は副腎のホルモンの意味になる。

同様にギリシャ語で epi は副、 nephr は腎臓を意味するので、エピネフリン epinephrine はアドレナリンの別名である。

アドレナリンの命名は高峰譲吉、エピネフリンの命名は米国のエーベル(J.J.Abel)で、アメリカではエピネフリンが使われている(「ホルモンの発見」参照)。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

著作権について / 引用・参考文献

関連記事

  • 代謝、内分泌の構造 [08/24up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「代謝、内分泌の構造」についてです。 〈目次〉 1.代謝、内分泌の構造 2.下垂体 3.甲状腺 4.副甲状腺(上皮小体) 5.膵臓 ... [ 記事を読む ]

  • 肝臓はどのような構造になっているの? [12/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の構造に関するQ&Aです。 肝臓はどのような構造になっているの? 肝臓は三角錐を横にしたような形をしています。成人では体重の1/50くらいの重量があり(1.2... [ 記事を読む ]

  • ホルモンってどんなもの? [06/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はホルモンに関するQ&Aです。 ホルモンってどんなもの? ホルモンは、ギリシャ語の刺激する、目を覚まさせて活動させるという語に由来しています。 1949年にカナダ... [ 記事を読む ]

  • 異化作用って具体的にはどういうこと? [01/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「異化作用」に関するQ&Aです。 異化作用って具体的にはどういうこと? 同化作用とは同化作用とは逆に、自分の体の成分を分解して異なる物質に変える過程を異化作用といいま... [ 記事を読む ]

  • 黄疸はどのようにして起きるの? [01/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は黄疸に関するQ&Aです。 黄疸(おうだん)はどのようにして起きるの? 寿命がきた赤血球や不要になった赤血球は脾臓で壊され、中のヘモグロビンはヘムとグロビンに分解さ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護師のストレス原因、1位は…

「何に一番ストレスを感じるか」アンケート1位はやっぱりアレでした。 [ 記事を読む ]

溺水のケア、ポイントは?

来院前の受け入れ準備と来院後の迅速な対応が重要! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

どの職種の制服が好き?

投票数:
773
実施期間:
2017年07月07日 2017年07月28日

髪の長さを変えるとしたらどのくらい?

投票数:
645
実施期間:
2017年07月11日 2017年08月01日

夜勤明け、まず何をする?

投票数:
636
実施期間:
2017年07月14日 2017年08月04日

かかりつけ医はいる?

投票数:
499
実施期間:
2017年07月18日 2017年08月08日

一週間休みがあれば何する?

投票数:
524
実施期間:
2017年07月21日 2017年08月11日

今年の夏休みは何日とれそう?

投票数:
272
実施期間:
2017年07月25日 2017年08月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1870

看護部門のそれぞれの職位での役割や必要とされる能力についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.看護師長はトップマネジメントの役割がある。
  • 2.看護部長として必要な能力として最も重要なものは看護師としての専門的能力である。
  • 3.主任・副師長、係長などの役職はスタッフと同様の能力でよい。
  • 4.職位が上がるにつれ、概念化能力が必要である。
今日のクイズに挑戦!