1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 副腎髄質ホルモン|内分泌

2017年02月17日

副腎髄質ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、副腎髄質ホルモンについて解説します。

〈目次〉

 

Summary

  • 副腎髄質ホルモンには、アドレナリン、ノルアドレナリンおよびドーパミンがある。
  • アドレナリン(ノルアドレナリン)の受容体は、β、α1およびα2受容体に分類される。
  • アドレナリンの主要な作用は心収縮力の増大、ノルアドレナリンの主要な作用は細動脈の収縮である。

 

副腎髄質ホルモンはカテコールアミン 〔 catecholamine 〕

副腎髄質ホルモンには、アドレナリン adrenaline、ノルアドレナリン noradrenaline、ドーパミン dopamine があり、これらを総称してカテコールアミンという(『ホルモンの化学構造』参照)。

副腎髄質から分泌されるホルモンの約80%はアドレナリンで、残りの大部分がノルアドレナリンである。ノルアドレナリンをアドレナリンに変換する酵素 phenylethanolamine Nmethyltransferase は副腎髄質に含まれ、副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)によって活性化される。

アドレナリンとノルアドレナリンの作用は似ているが違いもある。アドレナリンは、主に心臓に作用し心収縮力を増大させる。ノルアドレナリンは、主に血管平滑筋に作用し細動脈を収縮させる。いずれも血圧を上昇させる(表1)。

表1アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

アドレナリンとノルアドレナリンの循環調節反応の比較

 

血中のドーパミンの作用は明確でない。副腎皮質ホルモンは生命必須ホルモンとよばれ、生命維持に不可欠であるが、副腎髄質ホルモンは仮に分泌が止まったとしても交感神経末端からノルアドレナリンが分泌される(アドレナリンは分泌されない)ので死に至ることはない。

アドレナリン受容体は、連携するGタンパク質により、β受容体、α1受容体およびα2受容体に分類される(表2)。

表2アドレナリン受容体のサブタイプ

アドレナリン受容体のサブタイプ

 

カテコールアミンの生合成(図1

図1カテコールアミンの生合成

カテコールアミンの生合成

 

アミノ酸のチロシン tyrosine が tyrosine 3-monooxygenase で酸化されるとL-ドーパL-dopa(3,4-dihydroxyphenylalanine)になる。

L-ドーパが aromatic-L-amino-acid decarboxylase で脱炭酸化されるとドーパミン(3-hydroxytyramine)になる。

さらにドーパミンが dopamine β-monooxygenase で酸化されるとノルアドレナリンになる。

phenylethanolamine Nmethyltransferaseでノルアドレナリンにメチル基が導入されるとアドレナリンになる。

 

アドレナリンとエピネフリンは同じもの

ラテン語でadは副、 ren は腎臓を意味するので、 adrenaline は副腎のホルモンの意味になる。

同様にギリシャ語で epi は副、 nephr は腎臓を意味するので、エピネフリン epinephrine はアドレナリンの別名である。

アドレナリンの命名は高峰譲吉、エピネフリンの命名は米国のエーベル(J.J.Abel)で、アメリカではエピネフリンが使われている(「ホルモンの発見」参照)。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

関連記事

  • ホルモンはどこから分泌されるの? [06/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの作用」に関するQ&Aです。 ホルモンはどこから分泌されるの? ホルモンを分泌する器官を内分泌腺といいます。それぞれの内分泌腺により、分泌されるホルモンの性... [ 記事を読む ]

  • 異化作用って具体的にはどういうこと? [01/19up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「異化作用」に関するQ&Aです。 異化作用って具体的にはどういうこと? 同化作用とは同化作用とは逆に、自分の体の成分を分解して異なる物質に変える過程を異化作用といいま... [ 記事を読む ]

  • ホルモンってどんなもの? [06/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回はホルモンに関するQ&Aです。 ホルモンってどんなもの? ホルモンは、ギリシャ語の刺激する、目を覚まさせて活動させるという語に由来しています。 1949年にカナダ... [ 記事を読む ]

  • 糖質はどのような形で吸収されるの? [02/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は糖質の吸収に関するQ&Aです。 糖質はどのような形で吸収されるの? 糖質は炭水化物とも呼ばれ、単糖(たんとう)、少糖(しょとう)、多糖(たとう)に分けられます。 ... [ 記事を読む ]

  • 内分泌系の中枢はどこにあるの? [09/11up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官の中枢」に関するQ&Aです。 内分泌系の中枢はどこにあるの? ホルモンシステム(系)全体をコントロールしているのは、間脳(第三脳室底部)にある視床下部です。... [ 記事を読む ]

いちおし記事

癒し系ドクターの裏の顔

優しく仕事のできる癒し系ドクター。見た目のキャラとは裏腹に…! [ 記事を読む ]

モニター心電図の装着法

どこに、どんなふうに貼るでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

リフレッシュ休暇!もし10日もらえたらどこへ行く?

投票数:
1160
実施期間:
2018年05月01日 2018年05月22日

「辞めたい」のは看護師?職場?

投票数:
864
実施期間:
2018年05月04日 2018年05月25日

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
799
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
700
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
631
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
539
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2901

80歳女性Aさんは、入院前は一人暮らしをしており、活動的な性格でした。身体疾患の治療が終わり、退院の調整に入ったころから「何もしたくない」と言い始め、一日を通して臥床している時間が長く、食事と排泄以外は自発的な行動が見られない状況でした。次の選択肢のうち、Aさんへの対応として適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.身体的苦痛がないか、全身状態を観察する。
  • 2.退院後の生活について話を聞いてみる。
  • 3.うつ病を疑い、GDSにて評価する。
  • 4.「気分転換に散歩しましょう」と離床を促す。
今日のクイズに挑戦!