1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護に生かす検査マニュアル>
  4. 排泄性尿路造影(IVP・DIP)|腎・泌尿器系の検査

2015年11月04日

排泄性尿路造影(IVP・DIP)|腎・泌尿器系の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、排泄性尿路造影(IVP・DIP)について解説します。

高木 康
昭和大学医学部教授

 

〈目次〉

排泄性尿路造影(IVP・DIP)とはどんな検査か

排泄性尿路造影は静脈に造影剤(ヨード系)を投与し、その後、経時的にX線撮影を行い、その造影剤が腎から尿路へ排泄されることで腎杯、腎盂、尿管、膀胱を撮影する検査である。この検査は形態や機能を推測する上で重要で、尿路系の大部分の疾患に必要な検査である。

造影剤を急速に注入し、その後、5分、15分臥位および15分立位を撮影する経静脈性腎盂造影(IVP)、10~15分かけて点滴静注し、造影剤注入後10分、20分、30分の臥位および30分立位を撮影する点滴静注腎盂造影(DIP)がある。

また排尿後撮影や60分後撮影など追跡検査をすることもある。

排泄性尿路造影(IVP・DIP)検査の目的

  • 腎排泄機能を知る。
  • 石の有無、狭窄、拡張、屈曲、尿流など)を知る。腎、腎杯、腎盂、尿管、膀胱の機能及び形態(結
  • 左右腎機能を別々に知る(分腎機能検査法)。

 

排泄性尿路造影(IVP・DIP)検査の実際

  1. 医師から患者家族へ検査の必要性、方法、合併症の可能性について説明し同意を得る。
  2. 排尿を済ませ、貴重品を除去し、検査着に着替える。
  3. 造影剤をインジェクター(造影剤自動注入器)に準備をする。
  4. 撮影台に立ち、撮影台のグリップをしっかり握ってもらい、横にする。
  5. 静脈ラインの確保をする。
  6. 単純撮影後、造影剤を静脈内注射する。
     ※ 造影剤を50~100 mL使用するが、はじめに1 mL注入し、患者のアレルギーなどの反応を観察後、残りを1~ 2分かけて注入する)
  7. 造影剤注入5分後、臥位で撮影を行い注射針を抜く。
  8. 造影剤注入15分後、臥位と立位でそれぞれ撮影を行う。
  9. 排尿後撮影や60分後撮影が追加される場合、そのタイミングで撮影する。
     ※ 腎機能障害や尿路閉塞などの排泄遅延のある患者の場合、30 分、60 分、120分後の撮影や体位を変えた撮影を追加する場合がある。
  10. 終了後、更衣し身支度をする。

 

排泄性尿路造影(IVP・DIP)検査前後の看護の手順

患者への説明

  • 腎臓、尿管、膀胱の形と働きを調べる検査である。
  • 造影剤(ヨード系)を注射し、その造影剤が腎臓から膀胱へ流れる状態を、時間を追ってX線撮影する。
  • 造影剤の副作用についての説明を医師より行い同意を得る。
  • 検査や造影剤の副作用などの疑問や不安に対応する。
  • 検査時間は30~60分を程度である。
  • 検査4時間前から画像を鮮明にするため絶食となる。飲水は可である。

 

準備するもの

・アルコール綿 ・駆血帯 ・肘枕 ・延長チューブ ・注射器 ・インジェクター ・22Gサーフロ針 ・絆創膏 ・ 造影剤(非イオン系:イオヘキソール(ヨード含有量15 g:300 mg/mL)など) ・血圧計 ステート ・救急カート(急変時の準備)

 

検査前の処置

  • 検査前1食を食止め(4時間あける)とし、水分摂取は可能である。
    ※ 消化管内にガスが貯留していると、尿路の影像と重なるため、読影の妨げとなる。
    ※ 造影剤の副作用として嘔気・嘔吐がある。
  • 薬の内服は、医師の指示を確認する。
  • 検査前に排泄を済ませ、検査室へ行く。
  • 尿カテーテルを留置している患者は、ペアンやカテーテルプラグでクランプする。
  • 腎瘻が造設されている場合も同様に、カテーテルをクランプする。

 

検査後の管理

  • 造影剤の副作用が特にみられなければ、飲食可能となる。
  • 水分制限がない場合、造影剤の排泄を促すため、水分を十分に摂取する。

 

排泄性尿路造影(IVP・DIP)検査において注意すべきこと

検査前

  • 前日にバリウム造影などの検査を受けていると、バリウムが腸に残っており、検査できない場合があるため医師に確認する。
  • アレルギーの体質、また既往症はないか、以前の造影剤の使用歴、その副作用の有無を確認する。
  • 禁忌:ヨード過敏症、血性クレアチニン2mg/dL以上(原則禁忌)、喘息発作などのアレルギー性反応の強い場合(原則禁忌)。

 

検査中

  • 造影剤注入中は、患者の側を離れず、副作用の有無を観察する(注入中から注入後5分後に起こりやすい、図1図2)。
  • 灼熱感、嘔気程度の症状は、正常でも起こるため、患者に深呼吸を数回行わせリラックスした状態とする。
  • 撮影ごとにをかけ、副作用の観察、不安の除去に努める。
  • 検査は長時間に及ぶため、患者の保温に努める。

図1IVP検査(造影剤注入中)

IVP検査(造影剤注入中)

 

図2副作用

副作用

 

検査後

  • 患者への指導として、気分不快や皮膚発疹などが出現した際には連絡するよう説明する。
  • 検査終了後、飲食可であることの説明と水分制限がない場合、造影剤の排泄を促すため水分を十分に取るよう説明する。

 

排泄性尿路造影(IVP・DIP)検査に関する患者との問答例

排尿を済ませて検査着に着替え、時計、眼鏡など貴重品をはずして検査室にお入りください。

どれくらい時間は、かかりますか。

造影剤を注射して、5分後、15分後、排尿した後にレントゲンを撮り、終了になりますので30分くらいです。

わかりました。

寒くないですか?

わかりました。

では、撮影台の横に立って両脇のグリップを握っていてください。ゆっくり台を横にします。

はい。

これから造影剤を注射します。少しほてるようなことがありますが心配いりません。気分が悪くなったり、呼吸が苦しいかな・・・と思うようなことがあったらすぐにおっしゃってください。

少し熱くなってきました。

造影剤の影響なので心配ないですよ。吐き気はないですか? 少し深呼吸をしていてください。気分はどうですか?

大丈夫です。

これから撮影をします。この部屋にはマイクがついていますので、撮影中気分が悪くなったら声をかけてください。

わかりました。よろしくおねがいします。

略語

  • IVP:Intravenous Pyelography(静脈性腎盂造影)
  • DIP:Drip Infusion Pyelography(点滴静注腎盂造影検査)

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』 (編著)高木康/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • フィッシュバーグ尿濃縮試験|腎・泌尿器系の検査 [11/09up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、フィッシュバーグ尿濃縮試験について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 フィッシュバーグ尿濃縮試験とはどんな検査... [ 記事を読む ]

  • PSP排泄試験|腎・泌尿器系の検査 [11/06up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、PSP排泄試験について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 PSP排泄試験とはどんな検査か PSP排泄試験の... [ 記事を読む ]

  • 排泄性尿路造影(IVP・DIP)|腎・泌尿器系の検査 [11/04up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、排泄性尿路造影(IVP・DIP)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 排泄性尿路造影(IVP・DIP)とはどんな検査か ...

  • クレアチニン・クリアランス(Ccr)|腎・泌尿器系の検査 [11/02up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、クレアチニン・クリアランス(Ccr)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 クレアチニン・クリアランスとはどんな検査か ... [ 記事を読む ]

  • ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)|消化器系の検査 [10/30up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、ERCP検査(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 ERCP検査とはどんな検査か ERC... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 肝臓と胆囊のエコー像 [07/27up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)検査とCT検査の違い [08/24up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、臨床現場におけるエコー検査の位置づ... [ 記事を読む ]

  • 脂肪肝を判断する肝腎コントラスト [12/07up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「脂肪肝を判断する肝腎コントラスト... [ 記事を読む ]

  • 腎盂が拡張しているエコー像 [10/05up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 尿路結石は腎盂拡... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)の性質と特徴 [07/20up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)... [ 記事を読む ]

いちおし記事

シバリングの対応、大丈夫?

見過ごすと低酸素血症や眼圧・脳圧の上昇につながることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1407
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1201
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1194
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1076
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1007
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
872
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者824

以下の中で、下肢の運動失調の有無を確認するために行う検査はどれでしょうか?

  • 1.鼻指鼻試験
  • 2.指鼻試験
  • 3.膝打ち試験
  • 4.踵膝試験
今日のクイズに挑戦!