1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 第107回(2018年)看護師国家試験出題基準変更点>
  4. 「フレイル」ってわかる?老年看護学の新出用語を解説|107回看護師国家試験出題基準

2017年10月17日

「フレイル」ってわかる?老年看護学の新出用語を解説|107回看護師国家試験出題基準

今年、看護師国家試験の出題基準改定が4年ぶりに行われました。この基準は第107回(2018年)の看護師国家試験から適用されます。

成人看護学に引き続き、今回は「老年看護学」の項目についてお伝えします。

 

変更点まとめ

一般・状況設定問題編(6)

 

老年看護学では、「フレイル」「エンパワメント」など新出のカタカナ語が数多く見受けられました。これらは、次にねらわれるキーワードのため要チェックです。

ひとつずつ、一緒に確認していきましょう(詳細は原典〈PDF〉をご覧ください)。

 

 

 

〈1〉高齢者の理解の基本となる概念

看護師国家試験 老年看護学〈1〉高齢者の理解の基本となる概念 出題基準変更点の図表

「サクセスフルエイジング」というキーワードが新しく登場しました。老いに適応して幸せに生活することを意味します。高齢者を理解する上で、基本となる概念です。

 

 

〈2〉高齢者の生活

看護師国家試験 老年看護学〈2〉高齢者の生活 出題基準変更点の図表

転勤や転居を意味する「リロケーション」は、老年看護学の場合、在宅から医療施設、医療施設から介護保険施設などへの移動をさします。高齢者にとっては、健康状態に影響を与えたり、疾患を誘発させたりする原因ともなるため注意が必要です。

 

「日常生活動作<ADL>」「手段的日常生活動作<IADL>」は、国試でも頻出のキーワードです。どの動作がADLで、どの動作がIADLか、区別できるようにしておくとよいでしょう。

 

 

〈3〉高齢者の健康

看護師国家試験 老年看護学〈3〉高齢者の健康 出題基準変更点の図表

「加齢に伴う変化」が、「身体機能の変化」「認知機能の変化」「心理・社会的変化」と細分化・具体化されました(「心理・社会的変化」は平成26年版「生活の変化」からの移動)。

 

 

〈4〉老年看護の基本

看護師国家試験 老年看護学〈4〉老年看護の基本 出題基準変更点の図表

ここでも新しいカタカナ語が出てきました。これらも今後、国試で出題される可能性が大きいと考えられます。

・エンパワメント(自らの力で健康を増進してコントロールする能力)

・ストレングスモデル(その人の強みにアプローチする援助モデル)

・ライフレビュー(歴史や思い出を共感的な態度で聴く回想法)

・コンフォート理論(身体的、霊的、社会的、環境的に満たされた快適さに関するニードを援助する理論)

 

また「地域包括ケアシステム」は、健康支援と社会保障制度、在宅看護論でも出題基準として明記されています。得点アップにつながりますので、確実に覚えていきましょう。

 

 

〈5〉高齢者の生活を支える看護

看護師国家試験 老年看護学〈5〉高齢者の生活を支える看護 出題基準変更点の図表

「寛ぎ、安心、安全」の項目が追加されました。

また、「歩行・移動」が「歩行、移動、姿勢保持」に変更されています。

 

 

〈6〉さまざまな健康状態や受療状況に応じた高齢者の看護

看護師国家試験 老年看護学〈6〉さまざまな健康状態や受療状況に応じた高齢者の看護 出題基準変更点の図表

「フレイル」に注目です。加齢により心身の脆弱性が出現した状態を指し、介護予防との関連性が高いキーワードです。[体重減少、疲労感、歩行速度の低下、握力の低下、身体活動量の低下]のうち3項目が該当するとフレイルと判断されます。

 

「グリーフケア」は、第106回の国試で「入院中の妻を亡くした直後の夫へのグリーフケアで最も適切なのはどれか」という出題がありました。

 

 

〈7〉高齢者に特有な症候・疾患・障害と看護

看護師国家試験 老年看護学〈7〉高齢者に特有な症候・疾患・障害と看護 出題基準変更点の図表

「皮膚の障害」が追加されました。

認知症については、「急性期一般病棟での援助」が追加されています。

 

また、「L~Q以外の高齢者に特有の疾患」の項目が設けられたため、L~Q=[せん妄、うつ病、Parkinson<パーキンソン>症候群、骨粗鬆症、骨折、感染症]以外にも、循環器系や呼吸器系など高齢者特有の疾患について出題されることが予想されます。

 

 

〈8〉治療・介護を必要とする高齢者の家族の看護

看護師国家試験 老年看護学〈8〉治療・介護を必要とする高齢者の家族の看護 出題基準変更点の図表

「治療」を受ける高齢者と家族に加えて、「介護」を必要とする高齢者と家族も対象とされています。

また、家族一人ひとりへの影響、そして家族システムのアセスメントについても大切になってくるでしょう。

 

 

〈9〉多様な生活の場で展開する高齢者への看護

看護師国家試験 老年看護学〈9〉多様な生活の場で展開する高齢者への看護 出題基準変更点の図表

老年看護学において、いちばん内容が変化したのがこの項目です。

まず、「医療施設」「介護保険施設等」「地域密着型サービス、居宅サービス」と、多様化する場所別に分類がされました。それぞれの場の特徴を理解した看護が求められます。

 

また、多職種連携のなかでも、老年看護学では「介護との協働」がクローズアップされ別項目となっています。

 

 

***

次回は「小児看護学」についてお伝えします。

【看護roo!編集部】

 

 

(参考)

「保健師助産師看護師国家試験出題基準平成 30 年版」の改定概要について(厚生労働省)

看護師国家試験出題基準(平成26年版、厚生労働省)

看護師国家試験出題基準(平成30年版、厚生労働省)

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
194
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者275

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!