1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子>
  4. 「音楽」という治療がある―ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子

2015年10月21日

「音楽」という治療がある―ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子

ホスピス緩和ケアを専門とする音楽療法士・佐藤由美子さんのコラム第一回。「治療としての音楽」と日本の現状、音楽があるホスピスの日常を届けていただきます。

 

音楽のあるホスピスから

Vol.1 「音楽」という治療がある

皆さんは「音楽療法」と聞いて、何を想像しますか? 病院内でのコンサートや、お年寄りがみんなで楽しく歌っている姿などが思い浮かぶかもしれません。

しかし、音楽療法とは本来もっと専門的なことです。音楽療法は、トレーニングを受け資格を持った音楽療法士によって行われる臨床診療です。

 

音楽のあるホスピスから―音楽療法士・佐藤由美子

 

音楽療法のルーツは「戦争のトラウマ」

私はアメリカの大学で音楽療法を勉強し、その後10年間オハイオ州のホスピスで音楽療法士として働きました。

 

なぜ、アメリカで?と思う方もいるかもしれません。

 

音楽が癒しにつながるという考えは大昔からありましたが、今日の音楽療法がはじまったのは第2次世界大戦中の欧米です。その当時、戦争によってトラウマに苦しんでいた軍人のため、音楽家が軍人病院で演奏することがありました。

 

医療現場で働いていた人々や音楽家は、患者が力を取り戻すのを見て音楽の力に気づいたと同時に、音楽療法を行うにはトレーニングが必要だと実感したのです。それが、大学での音楽療法学科設立のきっかけとなりました。

 

アメリカの医療現場で活躍する音楽療法士

現在アメリカには6000人以上の米国認定音楽療法士(MT-BC)がいて、その内の800人以上が医療現場で働いています。音楽療法の効果がさまざまな研究結果からわかってきたことで、医療現場で活躍する音楽療法士が増えているのです。

 

主な効果としては、モルヒネを主とする薬物の投与量の減少、不安やストレスからくるうつ病の軽快、吐き気・嘔吐の緩和、QOLの向上などが挙げられます。

 

終末期看護や家族ケアに音楽を

日本国内にも「日本音楽療法学会」があり、認定音楽療法士も2000人以上います。しかし、日本では音楽療法士が専門職として確立されておらず、音楽療法も普及していないのが現状です。その反面、音楽療法のニーズは増えてきています。

 

終末期医療に関して言えば、患者さんやご家族に対する精神的サポートの必要性が見直されています。心と体はつながっていますので、体だけ治療しても心の痛みやスピリチュアルペインは残ります。そのような苦痛は、薬で解決することはできません。

 

また、介護をしているご家族の心のケアも大切です。医療現場で働く音楽療法士は、患者さんだけではなくご家族にも精神的サポートを提供し、心身の健康の回復や向上を促します。

 

患者との関係性のなかで行う音楽療法

では実際、音楽療法士は何をするのでしょうか?

 

活字ではイメージがわきにくいと思いますし、説明も難しいです。

なぜなら、音楽療法とは、音楽療法士(セラピスト)と患者さんやご家族(クライアント)の治療関係の中で行うセラピーだからです。その関係性がセラピーにおいて一番大切なのです。

 

数年前、シンシナティ市内の老人ホームで、ホスピスケアを受けていた日本人の患者さんに出会いました。

心臓病を患っていた彼女は、会話をすることも食べることにも興味を失い、うつ病と診断されていました。私は彼女のうつ病を和らげるため、担当の看護師から音楽療法を委託され、月に数回彼女のもとに通うことになりました。

 

患者さんは沖縄戦を経験し、戦後アメリカ人と結婚してアメリカに移住した人でした。これまで彼女は戦争の経験を人に語ることはなく、息子さんにさえ過去を明かすことはなかったそうです。でも、人生の最後、彼女は過去にとらわれていました。

 

音楽療法のセッション中、懐かしい日本の歌を使って少しずつ彼女と信頼関係を築いていきました。すると、彼女は少しずつ過去を語り始めたのです。

 

楽しかった子ども時代の思い出、沖縄戦で死んだ弟や名古屋空襲で死んだお姉さんの話。沖縄で戦死したお父さんのこと。

そして、自分の人生をひと通り話し終わったとき、彼女の容態はよくなっていました。ご飯を食べるようになり、私以外の人とも話をするようになりました。

その後、彼女は一年間生きました。

 

音楽療法士ができるのは「回復する環境をつくる」こと

音楽療法は、音楽が直接患者さんを「癒す」のではありません。音楽を使って、患者さんが回復したり成長できたりする環境をつくることによって、その人がもともと持っている力を引き出すのです。それが、本来の意味でのセラピーだと思います。

 

この連載では、患者さんや看護師さんとのエピソードを踏まえながら、音楽療法を紹介していきたいと思います。多くの方に音楽療法の魅力を知っていただくきっかけになれば幸いです。

 

 

【佐藤由美子】

ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州シンシナティのホスピスで10年間音楽療法を実践。2013年に帰国。帰国後は青森県在住。15年からは青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。著書に『ラスト・ソング』(ポプラ社)がある。ハフィントンポスト(日本版)でBlog「佐藤由美子の音楽療法日記」を掲載中。

 

この連載

  • Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 [04/27up]

    音楽のあるホスピスから Vol.4 「ケア」の意味を考える 私は2002年からアメリカのホスピスで音楽療法士として活動し、2013年に帰国して以来、国内の緩和ケア病棟や在宅で患者さんを看ています。   講演な... [ 記事を読む ]

  • Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる [02/16up]

    音楽のあるホスピスから Vol.3 音楽療法は記憶の扉を開けるカギ 有名な神経学者、オリバーサックス博士は認知症と音楽の関係についてこう語っています。 「彼らにとって音楽は贅沢ではなく、必要不可欠なものだ。音楽は他... [ 記事を読む ]

  • Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 [12/09up]

    音楽のあるホスピスから Vol.2 音楽療法が「心を癒やす」ほんとうの意味 音楽療法というと、音楽で患者さんを元気づけるとか、一緒に歌って楽しむというイメージがあるかもしれません。 確かに音楽には人々に喜びを与え、... [ 記事を読む ]

  • Vol.1 「音楽」という治療がある [10/21up]

    ホスピス緩和ケアを専門とする音楽療法士・佐藤由美子さんのコラム第一回。「治療としての音楽」と日本の現状、音楽があるホスピスの日常を届けていただきます。   音楽のあるホスピスから Vol.1 「音楽」という治療があ...

  • ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子【全記事まとめ】 [12/16up]

    Vol.1 「音楽」という治療がある Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 Vol.5 音楽療法は誰をサポート... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1ゆりね2015年10月24日 11時49分

由美子先生の終末期医療のご本を読みましたが、今高齢者の認知症予防としての音楽療法が必要とされています。私は高齢者の方達とコーラスを楽しんでいますがもっと療養の要素も取り入れたいと思っておます。

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
193
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者266

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!